神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

実測重量測定リム・ハブ・スポーク解剖を終え、
今回からいよいよ乗車インプレッションです。

 

ご厚意でお借りしているものとは言え、
ネガティブな感想を控えたりはせずに
私が感じたことをストレートに話していく所存です。

 

スポンサーリンク

装着時の見た目

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

前作38㎜。

Lun『HYPER』自体は、その特徴的な模様のために派手め。

なので、38㎜ぐらいが
車体全体に対するホイールの主張のバランスが整っている印象。

 

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

新型R45。

38㎜に比べて明らかにインパクトが増してます。

エアロフレームに合うのはやはりR45のほうか?

う~~む、甲乙つけがたし……

乗車インプレッション♯1

基本的なフィーリング

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

 

「HYPERらしい味わいは健在だ!!!」

 

 

全速度域での「軽快さ」「抜群のかかり」
硬すぎず柔らかすぎずの「絶妙な縦横の剛性感」
カーボンスポーク特有の「ソフトな脚当たり、乗り心地」

それら全てを内包する『妙技』と言える高次元バランス。

 

 

リムの「幅+2㎜」と「若干の肉薄化」の影響によって
乗り味がヘンに変わってたり、バランスが崩れたりしてないかと心配してましたが、
まったくの杞憂でしたよーε-(´∇`)ヨカッタ~

HYPERの美点はなに一つ損なわれることなく、
新型になっても変わらず受け継がれております(^^)b

 

「剛性感」も特に変わってない印象。

 

 

前作で剛性レベルに不満はありませんでしたから、個人的には◎

 

その一方で、

 

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

新型の謳い文句の一つである
ねじれ(駆動)剛性15.7%UPも体感できず。

 

「……まぁ、そらそうかもしれんよなぁ……」

 

冷静になってみれば、
フリー側スポーク角度38°⇒48.5°と10°変わっただけ。

これで如実にパフォーマンスが上がるとは思えませんよね(^^;

 

ただ、そう決めつけるには まだ時期尚早な気もしますから、
次回のライドで、もう少しじっくりと確認したい部分ではありますが。

高速巡航性

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

 

「その”伸び”や格別なり!」

 

先に前作38㎜で走って感覚をインプットしておいたのですが、
やはりと言うべきか…………伸びが違いました。

 

”スーッ”と速度は上がり、その後の減速感が少ない。

端的には「高速巡航性に優れる」

 

そして、それは私の記憶の中にある前作50㎜のものと同等かやや上。

「前輪ハイト₋4㎜の空力低下は リム幅+2㎜の整流効果で概ね相殺、
後輪で差が付いている」といったイメージでしょうか?

 

空力の序列を付けるならば、

新型R45≧前作50㎜>前作38㎜

 

 

ちなみに、Lun『HYPER』の巡航性の”質”なのですが、
「リムの回転慣性でブンブン回っている」という力強さはあまり感じず、
どちらかと言えば「風を切り裂いている」というスマートな感覚のもの
(力強い巡航性を望むならば『R67』を選択すべきでしょう)

乗り心地

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

 

「あれっ?なんか乗り心地も良いぞ…」

 

同じタイヤ&チューブ、そして空気圧にもかかわらず
身体に伝わってくる振動が前作38㎜よりもマイルド。

 

クリンチャーながらチューブレスに一歩近づいた感触で、
はっきり体感レベルでの違いが感じ取れました。

 

「同じ条件のはずなのに一体何故だろう?」

 

その不思議な謎の糸口を見つけるべく、
7barが入るまでに必要な「ポンピング回数」と
その時の「タイヤ実測幅」を測定してみることに・・・

 

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】
(タイヤは走行距離1000km以下のGP5000 25c)

前作38㎜(リム内幅19.1㎜):31.5ポンピング、タイヤ幅27.2㎜
R45前輪(リム内幅20.5㎜):33.5ポンピング、タイヤ幅27.9㎜
R45後輪(リム内幅20.8㎜):34.5ポンピング、タイヤ幅28.2㎜

 

【結果】エアボリューム+6.3~9.5%、タイヤ幅+0.7~1㎜

 

「結構違うな!?」

 

きっとこのタイヤに含まれる空気量の増加が、
振動減衰性UPに貢献しているのでしょう。

リム幅拡大の副産物が、思わぬところに隠れておりました。

登坂力

神か悪魔か…Lun HYPER R45インプレッション♯1【ぶどう坂編】

 

「かなり登れる粋なやつ。

 

後輪56㎜ハイトにして引きずるような嫌味は0。

踏んだ分だけキッチリ登ってくれますし、
ダンシングした際の”シャキシャキ感”もディープリムらしからぬ域。

 

ある程度スピードの出せる緩斜面なら前作38㎜より速い。

斜度が上がって空力アドバンテージを失ってもなお
リム400g、全体1200g台という軽さが活き続けます。

 

 

”新型R45はヒルクライムさえも守備範囲内”

 

 

「こやつ、どこまで性能に貪欲なんだ…(;゚д゚)ゴクリ…」

 

登坂力は私が最重視するポイントでもあるんで、
もっとしっかり確かめたいですし、
35㎜ハイトの新型R33との差にも注目したいですねぇ~(^^)

 

次回#2北摂編に続く)

 

スポンサーリンク