この記事の所要時間: 133

自己ベスト

  • マラソン 2012年口熊野マラソン 2時間47分24秒(ハーフのタイム×2.136)
  • ヒルクライム大台ケ原 2017年 1時間12分52秒

 

スポンサーリンク

2014年 ヒルクライム能力が開花する

  • 1/13 ひらかたハーフマラソン 1時間23分26秒 58位
  • 2/16 京都マラソン 2時間52分45秒 年代別30位 総合137位
  • 6/26 みやじま国際パワートライアスロン 6時間10分30秒 280位
  • 9/14 ヒルクライム大台ケ原 1時間16分32秒 年代別6位入賞
  • 9/28 ヒルクライムinダルガ峰 39分9秒 年代別2位入賞 総合6位
  • 10/19 生駒チャレンジ登山 2時間30分36秒 総合4位
  • 11/2 大阪・淀川市民マラソン 2時間57分15秒 35位

 

3月ごろに脚を故障して3ヶ月間練習できなくなるも、
その後、年間を通してよく練習できていました。
そのため、どの大会でもコンスタントに上位でした。

2015年 過去最高のパフォーマンスからの下降

  • 2/1 京都木津川マラソン 4時間23分39秒 775位
  • 4/17 伊吹山ドライブウェイヒルクライム 35分26秒(短縮コース) 年代別34位
  • 6/28 ヒルクライムin若杉 34分0秒 総合優勝
  • 7/26 湯原温泉トライアスロン ミドル 3時間31分26秒 年代別4位 総合6位
  • 9/13 ヒルクライム大台ケ原 1時間13分18秒 年代別3位入賞 総合4位
  • 9/27 ヒルクライムinダルガ峰 37分8秒 総合優勝
  • 11/1 大阪・淀川市民マラソン 3時間28分37秒 294位
  • 12/23 宝塚ハーフマラソン 1時間29分3秒 61位

 

故障から入ったこの年、うまく調子を上げられたこともあって、かつてない実力をつけました。
8月~9月がピークでした。ただ、ここで燃え尽きてしまいました。

 

スポンサーリンク

2016年 楽しむ年

  • 2/14 淀川寛平マラソン 2時間59分29秒 14位
  • 3/27 菰野ヒルクライムチャレンジin鈴鹿スカイライン 29分2秒 年代別9位 総合26位
  • 4/10 伊吹山ドライブウェイヒルクライム 52分21秒 年代別12位
  • 4/17 晴れの国おかやま7時間エンデューロ 3人チーム17位
  • 4/30 ワールドサイクル・ベックオンフェスタ 2時間エンデューロ 4人チーム5位
  • 5/30 スズカ8時間エンデューロ チーム41位
  • 7/3 サマーエンデューロinはりちゅう 2時間個人エンデューロ 6位入賞
  • 7/24 湯原温泉トライアスロン ミドル 4時間23分04秒 年代別15位 総合24位
  • 8/21 高取城・戦国ヒルクライム 21分09秒 年代別15位 総合29位
  • 10/16 生駒チャレンジ登山 4時間3分
  • 10/31 大阪マラソン 3時間27分45秒
  • 12/11 ハルカススカイラン 一般の部33位

 

この年は、成績よりも「初めてのレースに出る」ようにして楽しんでレース参戦してます。

2017年 過去の自分を越えることを目指す年

 

スポンサーリンク