この記事の所要時間: 422

 

松木です。

 

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。 tacx neo smart t2800

Tacx「Neo Smart T2800」を使用中。

 

室内トレーニング用のローラー台は、
”ダイレクトドライブ式”の一択だと思ってます。
(ただ、持ち運びにくく、アップ用には向かないモデルも多い)

 

  • タイヤとローラーの摩擦音が出ないため、最も静寂性に優れる方式
  • ローラー用のタイヤやホイールを別途用意する必要が無い

 

そこで、ダイレクトドライブ式ローラー、
最新の7メーカー16種類を比較してみましょう。

 

スポンサーリンク

ダイレクトドライブ式ローラーの変遷

ELITE TURBO MUIN(ターボムイン) ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。

ダイレクト・ドライブ(orトランスミッション)式ローラーは、
2014年前半のELITE「TURBO MUIN(ターボムイン)」から始まりました。

 

  • タイヤが摩耗しない
  • タイヤとローラーの接触振動が無く、静寂性に優れている

 

こういったメリットで、当時注目を集めたのを覚えています。

 

 

その後、別のメーカーも続くように
ダイレクトドライブ式を発表していきますが、

2015年10月「ZWIFT(ズイフト)」の登場により、大きな変貌を遂げます。

 

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。ZWIFT ズイフト

ZWIFTのバーチャル世界をより楽しめるように

 

  1. ローラー本体でパワー、スピードなどを計測でき、
    ANT+、Bluetooth規格でZWIFTに送信できる
  2. バーチャル世界の勾配変化に合わせて、自動で負荷が変わる

 

こういった付加機能が重視されるようになりました。

 

 

1の機能が付いたローラー台を「スマートトレーナー」と呼びますが、

1+2の両方の機能が付いたローラー台を
特別に「インタラクティブ(=双方向通信)トレーナー」と呼んだりもします。

ダイレクトドライブ式ローラー7社16種のスペック比較

16モデルの特徴を表にまとめてみました。

 

「百聞は一見に如かず」ということで、
YouTubeの騒音・レビュー動画のリンクも貼っていますので、
参考にしてください(^^)

 

名称、発売月、
重量、税込定価
ZWIFTとの連携 静寂性
(Youtube)
主なスペック
特徴 オススメ度&
安く買う方法
TACX
[NEO SMART
T2800]
TACX NEO SMART T2800TACX NEO SMART T2800
2016前半、21kg
¥205,200
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★★★
(クリック1)
(クリック2)
(クリック3)
・パワー精度±1%
・再現斜度25%
・最大2200w
・わずかに左右に揺れる遊びがあって乗りやすい
・路面シミュレート機能
★★★★★
Wiggleなどの海外通販のセール時なら11万台
TACX
[FLUX(フラックス) 2

SMART T2980]
2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? Tacx Flux 2 T2980
2018末、23.6kg
¥116,640
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★★
( クリック)
・パワー精度±2.5%
・再現斜度16%
・最大2000w
折り畳めない  ★★★
スペックは申し分無いが、NOZAのほうが安い
TACX
[FLUX(フラックス) S
SMART T2900S]
2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? Tacx Flux S T2900S
2018末、22.8kg
¥89,640
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★★
( クリック1)
( クリック2)
( クリック3)
・パワー精度±3%
・再現斜度10%
・最大1500w
・折り畳めない
・再現斜度10%だと足りない

NOZAのほうが良い
Xplova
[NOZA(ノザ)]
2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? xploza noza ノザ
2018/11、16.5kg
¥95,040
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★★
(クリック)
・パワー精度±2.5%
・再現斜度18%
・最大2500w
 コスパは高い  ★★★★
2018/11/1~31の先行予約で15%オフの¥80.784
取り扱いサイクルショップ一覧
海外通販は無し。
WAHOO
[KICKR(キッカー)2018
]

WAHOO KICKR SMART TURBO TRAINER WAHOO KICKR SMART TURBO TRAINER
2018/7、21.3kg
¥152,550
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★★★
(クリック1)

(クリック2)
(クリック3)
・パワー精度±2%
・再現斜度20%
・最大2200w
・自動斜度再現装置KICKR CLIMBに対応する
¥74,790
kickr climb ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。
11速スプロケ(11-28T)、ケイデンスセンサー付属
・Team Skyがアップで使用している
★★★★★
海外通販が特に安い訳でもないので、Wahoo公式サイトから購入するのがオススメ
WAHOO
[KICKR(キッカー)Core]
2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? wahoo Kickr core
2018/7、18.1kg
¥113,000
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★
~★★★★★
(クリック1)
(クリック2)
(クリック3)
・パワー精度±2%
・再現斜度16%
・最大1800w
・KICKR CLIMBに対応する
・折り畳めない
★★★
4万追加してKickr 2018、もしくはお手頃なNOZAの方が良い
CYCLEOPS
[H2]
2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? サイクルオプス H22019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? サイクルオプス H2
2018/10、21.3kg
18万前後
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★
(クリック)
・パワー精度±2%
・再現斜度20%
・最大2000w
・独特の高音を発する
・前作HAMMERとの性能面の違いは無し
・別府選手が使用しているモデル

これを選ぶ理由が見当たらない
ELITE
[DRIVO(ドライヴォ)Ⅱ]
2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? elite drivo Ⅱ2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? elite drivo Ⅱ
2018/10、重量不明
20万弱
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★
(クリック1)
(クリック2)
(クリック3)
・パワー精度±0.5%
・再現斜度24%
・最大2300w
 前作DRIVOとの違いは「パワー精度」。そして「パワー変化の反映速度」「勾配による負荷調整」がより速く。
これを選ぶ理由が見当たらない。精度0.5%もどこまで本当なのか不明
ELITE
[DIRETO(デイレート)]
ELITE DIRETO (ディレート)ELITE DIRETO (ディレート)
2017/10、15kg
¥119,750
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★
( クリック)
・パワー精度±2.5%
・再現斜度14%
・最大2200w
・DRIVO Ⅱの廉価モデル
・折り畳める
・再現斜度14%だとやや足りない

NOZAのほうが良い
ELITE
[KURA(クラ)]
elite KURA (クラ)elite KURA (クラ)
2016/11、重量不明
¥108,172
トレーナー
⇒ZWIFT一方向
★★★★
(クリック)
・パワー精度±1%
・負荷:40km/hで約1000w
・最大1800w
パワー精度±1%が売り
ZWIFTには必須と言える自動負荷調整が無いし、価格も比較的高い
ELITE
[TURNO(トウルノ)]
ELITE TURNO (トゥルノ)
2017/10、重量不明
¥82,490
トレーナー
⇒ZWIFT一方向
★★★★★
(クリック)
・パワー精度は「KURA」以下
・負荷:40km/hで780w
KURAよりもパワー精度は劣るものの、価格、静寂性に優れる
ZWIFTには必須と言える自動負荷調整が無い。NOZAのほうが良い
ELITE
[VOLANO(ヴォラーノ)]
ELITE VOLANO (ヴォラーノ)ELITE VOLANO (ヴォラーノ)
2016/2、11kg
¥59,076
トレーナー
⇒ZWIFT一方向
(MISURO(ミズロ) B+が必要)
★★★★★
(クリック)
・パワー計測にはMISURO B+が必要
・負荷:40km/hで約580w
・最大800w
・あまり小さくならない
★★
自動負荷機能無し、最大800wの2点許せるなら、静かな上に安いのでアリ
JET BLACK
[WHISPER(ウィスパー) DRIVE SMART]
JET BLACK [WHISPER(ウィスパー) DRIVE SMART] どれが一番静か?厳選ダイレクトドライブ式ローラー8種類を徹底比較してみた。
2017/8、17kg
¥151,200程度
トレーナー
⇔ZWIFT双方向
(=自動負荷機能)
★★★★
(クリック)
・パワー精度不明
・再現斜度16%
・最大2500w
・「WHISPER DRIVE」をZWIFTに完全対応させたモデル
・マグネット式で、引き脚が重く感じるのがやや不自然

これを選ぶ理由が見当たらない
JET BLACK
[WHISPER(ウィスパー) DRIVE PLUS]
JET BLACK [WHISPER(ウィスパー) DRIVE PLUS] どれが一番静か?厳選ダイレクトドライブ式ローラー8種類を徹底比較してみた。
2015後半、16kg
¥105,840程度
トレーナー
⇒ZWIFT一方向
★★★★
(クリック)
・スピード〇、パワーとケイデンス×
・手元のダイアルで7段階負荷調整

・最大1200w
「WHISPER DRIVE」にスピードセンサーを内蔵  ★
JET BLACK
[WHISPER(ウィスパー) DRIVE]
JET BLACK [WHISPER(ウィスパー) DRIVE] どれが一番静か?厳選ダイレクトドライブ式ローラー8種類を徹底比較してみた。JET BLACK [WHISPER(ウィスパー) DRIVE] どれが一番静か?厳選ダイレクトドライブ式ローラー8種類を徹底比較してみた。
2015前半、16kg
¥91,800程度
× ★★★★
(クリック)
・何も測定できない
・手元のダイアルで7段階負荷調整
・最大1200w
特に無し
D2R
[SHADOW +APP]
D2R [SHADOW +APP] ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。 D2R [SHADOW +APP] ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。
2014/8、26kg
¥75,060程度
×
専用アプリ「Run on Earth」と連携可
★★★
(クリック)
・パワー計測×
・負荷調整×
・最大800w
・サイズが大きく、26kgと重い
・左右に動き、実走に近づけたのが特徴
D2R [SHADOW +APP] ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。

 

スポンサーリンク

結局、どのモデルがベストな選択なのか?

2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。7社16種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は?

  • TACX『Neo Smart』
  • Wahoo『Kickr 2018』
  • Xplova『NOZA』

 

これまではTACX『Neo Smart』一択という印象でしたが、
そこに改良型『Kickr』、そして振興の『NOZA』が強力に乱入。

 

2019年は、この3強で決まりでしょう(^^)

 

2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? wahoo kickr 2018

『Kickr 2018』は、つんざくような高音を完全解消。

 

フロント昇降「Kickr Climb」に対応するのは魅力ですし、
折り畳みができて取っ手もあるため、遠征時にも持ち運びやすいです。

 

2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は? xploza noza ノザ

そして『NOZA』は、

  • 自動負荷調整
  • パワー精度±2.5%
  • 再現斜度18%
  • 最大2500w

この高スペックにして10万切りを実現。

11/31までに先行予約すれば、15%オフでなんと8万!

 

2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。7社16種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は?

ちなみに、『NOZA』はXplovaの商品という事になってますが、
元の製品は中国メーカーXCADEYの『X-TRAINER』です。

 

xcadey x-power

XCADEY(エックスケイディ)と言えば、
中国系の激安海外通販AliExpressから
3万台で手に入る片側パワメーター『X-POWER』が有名。

 

YouTubeのパワー比較計測の結果は良好ですし、
購入者は口を揃えて「コスパは良い」とレビューしていますから、
同メーカーの『X-TRAINER』つまり『NOZA』も、物としては悪くないはず。

 

Wiggleで「Neo Smart T2800」を安く入手(画像クリック)

スポンサーリンク