日本一周の準備が98%整いました。

そこで今回は長旅を共にする相棒のフルスペック&こだわりを紹介します。

 

スポンサーリンク

日本一周号の詳細スペック

ボトルケージ込みの車体重量が8kg切りの7.99kg、そして荷物込々だと20.7kg

 

【フレーム】TNI『7005MK Ⅱ』アスリートカンパニーオリジナルカラー
【Fホイール】Bontrager『Race Lite TLR』公表670g(クイックリリース純正品)
【Rホイール】Lun『Hyper』実測713g(クイックリリース純正品)
【前後タイヤ】Continental『Grand Prix 4 Season』25c 実測227g
【前後チューブ】Challenge『Seamless Latex』19~28c対応 実測57.1g
【STIレバー】シマノ『ST-R7000』実測480.5g
【クランク】シマノ『FC-6800』(170㎜/50-34T)
【チェーン】シマノ『CN-HG901』
(106リンク、シマノSM-CN900-11ミッシングリンクで接合、BOOST OILを塗布)
【スプロケット】シマノ『CS-9000』11-25T
【Fディレイラー】シマノ『FD-R7000-F』実測94.6g(ワイヤー類 純正品、Φ31.8㎝アダプター使用)
【Rディレイラー】シマノ『RD-R7000』実測219.5g(ワイヤー類 純正品)
【Fブレーキ】BR-9000(ワイヤー類DURA9000、シューSwiss Stop『Frash PRO BXP』実測15g)
【Rブレーキ】BR-7900(ワイヤー類DURA9000、シュー純正品)
【BB】シマノ『BB-RS500』実測91.4g
【ペダル】LOOK『Keo Blade Carbon Ti』(12Nmテンションプレート、左右4㎜ずつスペーサー
【ハンドル】シマノPRO『LTコンパクト』400㎜
【バーテープ】YONEXグリップテープを4種類使用(詳細はこちらの記事で)
【ステム】Kalloy『UNO 7』100㎜実測108g(ネジはβチタニウムに改良)
【ヘッド小物】トップキャップX-ON 実測9g、スペーサーKCNC、トップカバーCaneCreek VP-A46ACK、ヘッドベアリング品番MH-P08(1-1/8、内径30.15x外径41.8x高さ6.5mm、45 °/45 °)
【サドル】Specialized『Toupe』143㎜
【シートポスト】TNI『LW168』Φ27.2実測172g→カット後151g
(やぐらのネジはβチタニウムに改良、シートクランプはフレーム純正品)
【ダウンチューブボトルケージ】Enve『Lightweight Carbon Cage』公表21g64チタンボルト12㎜で取付)
【ダウンチューブボトル】ELITE『FLYボトル』750ml 実測58.0g
【シートチューブボトルケージ】Elite『Rocko』実測26.1g
【シートチューブボトル】Topeak『CagePack XL』中の仕切り抜きの実測94.6g
【フレームバッグ】R250『フレームインナーバッグ R25-L-FRAMEINNBAG 』
【ラック(リアキャリア)】Topeak『MTX BeamRack V-Type』(MTXデュアルサイドフレーム装着)
【リアバッグ(パニアバッグ)】Topeak『MTX TrunkBag DXP』
【サイクルコンピューター①】Pioneer『SGX-CA500』実測74.1g(走行データ閲覧&保存に使用)
【サイクルコンピューター②】Bryton『Rider 750』実測94.7g(ルート案内に使用)
【パワーメーター】Pioneer『SGY PM910H』
【Fライト】CATEYE『Urban2 HL-EL160』公表83g
【Rライト】CATEYE『TL-LD180』公表49g

リアホイール『WH-RS100』⇒Lun『Hyper』で-400g

前回からの一番の変更点はこちらのリアホイール『HYPER』です。

 

例の悪魔的ホイール⇩が届きました。  早速実物を眺めたり、いじくり回したりした所、色々と面白い事が判明。全部いっぺんに話してしまうと結構な長さになるんで、少しずつ話していきますねー(^^) まず今回は「購入までの流れ」「付属品」「実測重量」あたりの事を。 【次回以降⇩】どこで購入したか?Winspace Japanのオンラインショップ「W.V.C.C.Store」より購入。名古屋サイクルスポーツデイズでのブース訪問特典により、10%オフの156,420円でした。 実は、本家Winspaceや中国オンラインショップAliexpress...

 

頑丈さを重視して『WH-RS100』で臨むつもりでしたけど、
あまたの峠をコイツ(実測1100gオーバー)で越えていくと想像すると………

 

なんだか憂鬱になってきましたぞ…(´·ω·`)ショボ~ン

 

なんで、昨年の富士HCでゴールドリング獲得に大いに貢献してくれた
ホイール『HYPER』さんに ご同行していただくことに決めました。

 

ちなみに『HYPER』の重量制限は135kg

今回の私のケースでは約90kgなので全然OKなんですよ(^^)b

 

「速さ」もさることながら「耐久性」もさすがなり!!

 

ハンドル周りのコンピューター類。

 

Pioneerパワーメーターと相性の良いPioneer『SGX-CA500』を
「走行データ表示」「走行後のアップロード」のために使用。

 

そしてBryton『Rider 750』には
「ルート案内」「Live Track機能」を担ってもらいます。

 

この「Live Track」という機能を使えば、、、

 

私の現在位置が筒抜けに!Σ(Д`|||)

 

こちらは日本一周開始して家から離れた後に作動させるつもりです。

 

そこで……

 

新たに このようなサイドバーを設けました。

 

現在はまだリンクを貼ってませんが、作動後に
赤枠内の画像、もしくは「Bryton Live Trackでチラ見」の文字をクリックすれば、
先ほどの私の現在位置が分かる現在位置マップに飛ぶようにします。

 

 

ここでちょっと細かい話をしておきたいのですが、
サイコンの各種データは、以下の手順で送受信させて取り扱います。
(気にならないならスルーしてもらってOK)

 

【走行データ】
クランクのペダリングモニターで取得
独自のANT規格で『SGX-CA500』へと飛ばす
走行後、有線接続(WiFi不可)でShimano Connect Lab(シクロスフィアの後釜)へアップロードする(この時点でSTRAVAに同期されるはず)
Shimano Connect LabにてFIT形式でダウンロードする
FIT形式の走行データをRide with GPSへアップロードする

STRAVAの走行データ、Ride with GPSのルートデータは、その日のブログUPに使います。

 

【走行ルート】
Ride with GPSでルート作製して保存する(サーバーにアップする)
スマホアプリBryton Active内の「マイルート」を開くと、自動的にそのルートデータがアプリ内に同期される(WiFi経由で)
そのルートデータを手動(マップ選択⇒右上「・・・」⇒「以下の形式でデバイスにダウンロード」⇒「ルート」)でBryton『Rider750』へと飛ばす(機器間のBluetooth接続で)
Bryton『Rider750』でそのルートを選択し、案内してもらう

Bryton『Rider750』は、モニター上の地図でピンポイントに行きたい所を指定したり、
音声認識(コンビニ、地名など)で場所検索したりしてルート案内させることも可能です。

 

【現在位置】
Bryton『Rider750』で走行データの記録開始ボタンを押すと、スマホアプリBryton Active内でLive Track機能が使えるようになる
スマホアプリBryton Active内の「ライブトラックを開始」を押す(この時点で現在位置マップのリンクが作成される)
Bryton『Rider750』の現在位置情報(+α走行データ)が、スマホアプリBryton Activeへ飛ばされる(機器間のBluetooth接続で)
現在位置情報(+α走行データ)が、スマホアプリBryton ActiveからBryton Sportのサーバー上へ秒間隔でアップロードされ続ける(WiFi経由で)

以上①~④が、現在位置マップのリンクを押すだけで 私の位置が一目瞭然になる仕組みです。

チェーンオイルは最高油BOOST OILで決まり!

ヨーロッパでも走られた経験のあるプロ選手
マトリックスパワータグ吉田隼人さんが、
「自らが使いたい理想のオイル」として作ってしまったBOOST OIL。

 

手前『ヴィオラ』(イタリア語で)が”スーパードライタイプ”

奥の『ヴェルデ』(イタリア語で)が”セミドライタイプ”

 

4:32~

「スーパードライ(紫)の方で600kmのブルベでも持ちます」

「スーパードライでも雨の4~5時間のレースで油膜切れを起こさなかったですね」

 

ふむふむなるほど……

 

このBOOST OILに限っては
「ドライは200~300kmしか持たない」という常識が良い意味で通用しないらしい( ˘ω ˘ *)

 

柔らかい感じがする(=しっかり油膜が張り、金属同士の緩衝材になっている)」

ベトベトにならず、摩耗・抵抗の原因にもなる砂利を拾いにくい」

「汚れはしても飛散しない。リアホイール側面に飛び散ったりしない」

「チェーンに横のしなりが出て脱チェーンしにくい。アウター×ローも気にせず使える」

「良いオイルでメンテしている満足感はあるし、実際ギア周りのパーツの寿命も延びる」

 

ベタ褒めですねぇ~(○゚◇゚○)ホエ~

 

「長距離もつ」「雨にとても強い」「抵抗が小さい」
「容器が小さく運びやすい」「塗布が面倒臭くない」

 

少しでも荷物とメンテを減らすことが、日本一周の成否に関わる超重要事項!

そんな私にとって まさに”うってつけ”のオイルと言えます。

 

どうやらドライの方でも相当持つみたいですし、
まずはそちらだけで西日本を乗り切りたいと思いますねー(^^)

 

フォトギャラリー20枚(クリック拡大)

 

 

 

今回は以上!

紹介し切れなかったパーツの「特徴」「使い勝手」なんかは、
旅の途中にでも追々話していこうかなーって思ってます(^^)

 

次回バッグ内の荷物を紹介するつもりです。

こちらは自転車機材とは比較にならんぐらい死ぬほど悩みましたね……

 

前回はロードバイク機材を紹介しましたが、機能性・軽量・コンパクトにこだわった厳選101点を紹介します。 「衣類/ロードバイクウェア」「自転車用品」「パソコン/ガジェット類」「日用品/必需品」「その他 便利アイテム/必要品」 以上の5つのカテゴリーに分けて一覧をしてみました。 ホントは1つ1つ紹介したいところなんですけど、カテゴリー別の詳細は、旅の途中にでもボチボチ作っていこうと思ってます(^^) 衣類/ロードバイクウェア24点【ロードバイク用】⑯ジャージ:ボントレガー『TREK Factory Racing RSL...


スポンサーリンク