この記事の所要時間: 415

 

松木です。

 

2019年モデルGIANT、MERIDAよりコスパ高いGUSTO

前回に引き続き「コスパ」の高すぎるロードバイクを紹介。

 

2019年ぶっちぎりのコスパ!パワメ付きGIANT『TCR Advanced 1 SE』に迫る。
 松木です。 「フルカーボン+アルテR8000+パワーメーター」で30万。 単体価格を合計した場合よりも15万以上安いという他メーカーの立つ瀬をなくす、史上...

 

「GIANT『TCR Advanced 1 SE』がNo.1」という意見は変わらないんですが、
メーカー全体として見れば、GUSTO(グスト)が最強だと思ってます。

 

 

GUSTOには、いくつか特徴があります。

 

2019年モデルGIANT、MERIDAよりコスパ高いGUSTO

 

  • 全モデルに渡って、コスパが異常に高い(例えば『RCR Team TL』は「カーボンフレーム+R8000+45mmチューブラーホイール」7.3kgで29万)
  • カラーリングが左右非対称
  • フレームは、ハイエンド~エントリーまで全て東レT1000+T800を使用した同一製品
  • 同様に、ハンドル、ステム、シートポスト、サドルは、全モデルで同じ物が装着されている
  • 故に、ハイエンド~エントリーの違いは、コンポとホイールだけ
  • フレームは2種類、”反応性”『RCR Team』”振動吸収性”『RCR Team Duro』

 

ちなみに運動性能も抜群

 

半年ほど前に「名古屋サイクルトレンド」で試乗した際には、
次のようなインプレをしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GUSTO(グスト)『RCR TL』 インプレッション

【加速性】9点
【剛性】8.5点
【振動吸収性】8.5点
【巡航性】8.5点
【お気に入り度】8.5点
(※8点で「なかなか良い」)

 

『RCR TL』を『ターマック』と比較した場合、

さすがに”洗練されたバランスの良さ”には劣るものの、

各性能に個別に点数を付けていくと
『ターマック』に匹敵するぐらいになります。

 

特に「加速性」は印象的で、
『ターマック』以上とさえ感じるほど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回は、そんなGUSTOをピックアップしていきましょう。

 

スポンサーリンク

GUSTOというメーカーの生い立ち

以下、主にHPより転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

GUSTOアタッキ社が作るカーボンロードバイクです。

 

  • Game-ジョイフルライフ
  • Urban-都市/レジャー
  • Style-独特の特徴
  • Technology-精密な技術
  • Original-オリジナルデザイン

 

アタッキ社は元々カーボン製のパソコンや携帯電話などの
ボディーやパーツを生産する会社が、
2006年に立ち上げたカーボンメーカー。

 

そして、その技術力と生産力を活用して、
多くのバイクブランドに自転車フレームを
OEM供給(相手先ブランド名製造)してきました。

有名ブランドの多くは、自らの工場を持たずにOEM生産を依頼し、
そのほとんどは台湾系企業の中国工場で生産されています。

 

そのため、カーボンフレームを自家生産しているのは、ほんの僅かなブランドだけ。

アタッキ社は、GUSTOというカーボンバイクブランドを通じて、
「優れた商品を手頃な価格でユーザーに供給する」という使命でスタートしました。

LGX(Ljubljana Gusto Xaurum(サウラム))

自らコンチネンタルチーム
「Ljubljana Gusto Xaurum(リュブリャナ・グズト・サウラム)」を持ち、
レースで培った経験がフィードバックされ、製品に生かされております。

 

2017年に開催された「ツールド・とちぎ」では、
総合優勝・スプリント賞・山岳賞の3タイトルを獲得。

 

LGX(Ljubljana Gusto Xaurum(サウラム))

直近では、2018年9月のツール・ド・ラブニールで総合優勝。

 

アタ吉

GUSTOのマスコットキャラ「アタ吉くん」(笑)

2019年モデルGUSTOの全7種類ラインナップ

フレーム コンポ ホイール 税込定価
RCR Team TL
(ゴールド)
R8000 アタッキ社オリジナル
45mmチューブラー
289,440円
RCR Team Legend
(マットチタン)
R8000 カンパ『シャマルウルトラC17』 321,840円
RCR Team Pro
(レッド/ホワイト)
R8000 カンパ『カムシン』 246,240円
RCR Team Elite
(ホワイト)
R7000 カンパ『カムシン』 203,040円
RCR Team Duro TL
(ゴールド)
R8000 アタッキ社オリジナル
45mmチューブラー
289,440円
RCR Team Duro Sports Ultra
(マグマレッド/マットチタン)
R7000 アタッキ社オリジナル
45mmチューブラー
246,240円
RCR Team Duro Sports
(マグマレッド/マットチタン)
R7000 カンパ『Calima(カリマ)』 203,040円

 

上4モデルのフレームが、”反応性”重視の『RCR Team』

そして、下3モデルのフレームが、
2019年より新たに追加された”振動吸収性”重視『RCR Team Duro』

 

いずれも、東レT-800カーボンをベースに使用し、
BB周りの力がかかる箇所には高剛性T-1000を配置。

 

gusto controltech cls

ハンドル、ステム、シートポストは、
ControlTech『CLS』のアルミ製。

 

そして、サドルがSelle Italia『Novus(ノウス) Boost』で統一。

 

この辺りのパーツに関しては、将来的な交換が前提で、
とりあえず取り付けられているといった所でしょうか。

 

スポンサーリンク

加速反応性『RCR Team』シリーズ

RCR Team TL(7.3kg)

RCR Team TL

 

  • プレスフィットBB86
  • スローピング形状(一応「Compression Geometry Design」という名がアリ)
  • ドライブ側のチェーンステイのほうが太い左右非対称形状

 

とにかく「剛性」を高めることを至上命題としたフレームで、
最初にも話しました通り、反応性」が特に素晴らしい!

 

RCR Team TL

Sサイズの公表重量は、フレーム1050g、フォーク400g。

 

重量からも「軽さ」より「剛性」を重視していることが読み取れます。

 

gusto カーボンホイール

ホイールは、アタッキ社オリジナルの45mmカーボンチューブラー。

おそらく1400gぐらいでしょう。

 

大きな特徴の無いリム、ハブ、スポークで構成されており、
「10万前後の中華カーボン」といったイメージでいいかと。

RCR Team Legend(7.3kg)

RCR Team Legend

日本限定モデル。

 

カンパ『シャマルウルトラC17』がアッセンブルされていて、
間違いなくカーボンチューブラーより汎用性が高いです。

 

RCR Team Legend

長く愛せそうなマットチタニウムカラー

 

う~む……これは欲しくなるなぁ(^^;

RCR Team Pro(8.1kg)

RCR Team Pro RCR Team Pro

ホイールにカンパ『カムシン』を履かせてコストダウンを図ったモデル。

 

写真上では、最近ワイドリム化を発表した『カムシンC17』では無いですね。

 

RCR Team EliteRCR Team Elite

他のモデルよりもコスパは低め。

 

ただ、このカラーリングが好みだったり、
既にグレードアップ出来るホイールを持っていたりするなら、
選択肢に入ってくるかもしれません。

RCR Team Elite(8.1kg)

RCR Team elite

『RCR Team Pro』(ブラック/ホワイト)とコンポが異なるだけ。

「高性能カーボンフレーム+105『R7000』で20万」なら相当良い買い物かと。

 

『RCR Team Pro』と同じ8.1kgと、おかしな事になってますが、
どうも『RCR Team Elite』のほうが、実際はもう少し軽い様子……

振動吸収性『RCR Team Duro』シリーズ

RCR Team Duro TL(7.5kg)

RCR Team Duro TL

 

  • ネジ切りBB
  • トップチューブ~シートステイが弓なり形状「Arcus Damping Design」
  • 超軽量かつ振動減衰性を持つ素材『INNEGRA(インネグラ)』

 

必要十分な「剛性」を備えさせながらも、
高次元の「振動吸収性」も纏ったレーシングエンデュランスモデル

 


INNEGRA

「INNEGRA」というのは、
「軽量性」「剛性」「振動減衰性」を併せ持った高機能繊維。

 

通常、上の写真のように、カーボンと複合して使用されるのだそう。

 

RCR Team Duro TL

『RCR Team Duro』のフレーム、フォーク重量は不明ですが、

同仕様の『RCR Team TL』が7.3kgであることから察するに
『RCR Team』フレームよりは若干重いのかも?

RCR Team Duro Sports Ultra(7.6kg)

RCR Team Duro Sports Ultra

Ultegaraだろうと105だろうと、「変速性能」の違いは皆無。

 

この仕様で25万切りは、純粋に”ヤバイ”と思います。

 

RCR Team Duro Sports Ultra

煌びやかに輝くマグマレッド

ゴールドより格好良いよなぁ……

 

全モデル中、”形状”、”カラーリング”は圧倒的に好み。

 

RCR Team Duro Sports Ultra

マットチタニウムも良いですね~(^^♪

 

RCR Team Duro Sports Ultra

同じカラーリング名であっても、
『RCR Team』シリーズとは、
”カラーの配色”は多少違っています。

RCR Team Duro Sports(8.2kg)

RCR Team Duro Sports RCR Team Duro Sports

カラーバリエーションは『RCR Team Duro Sports Ultra』と同じ。

そして、105『R7000』+カンパ『Calima』で20万。

 

カンパ『Calima』 ホイール

カンパ『Calima』は聞き慣れないホイールですが、

 

  • 『Khamsin C17』前後1806g、リアスポーク24本、C17ワイドリム
  • 『Calima』前後1878g、リアスポーク27本、C17ワイドリム

 

スペックを比べる限りでは『Khamsin C17』の更に下位グレード。

基本的に単体販売の無い、”完成車用ホイール”のようですね。

 

スポンサーリンク