この記事の所要時間: 235

 

松木です。

 

新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。
(画像クリックで拡大します)

新型105、R7000系が発表されました。

 

R9100やR8000の素材のグレードを落としているだけで、
「性能はほぼアルテ、価格はお手頃、重量は重め」という毎度のパターン。

 

DURA-ACE 9000:2012年10月末(6月頭発表)
DURA-ACE 9070:2013年3月末
ULTEGRA 6800:2013年6月末(5月頭発表)
ULTEGRA 6870:2013年11月末
105 5800:2014年5月末(4月頭発表)
DURA-ACE R9100:2016年10月末(7月頭発表)
DURA-ACE R9150:2016年2月頭
ULTEGRA R8000:2017年6月末(6月頭発表)
ULTEGRA R8050:2017年10月末
新型105 R7000:2018年6月下旬(4月頭発表)

 

では、新型105 R7000の特徴、重量、価格を見ていきましょう。

 

【関連記事】

シマノ105 R7000 忌憚無いインプレッション!実測重量/使用感まとめ。
 松木です。 シマノ105『R7000』を購入して使っています。(クランク、ブレーキ以外) R7000に関する情報はそれなりに出回っていますが、自分なりのイン...

 

スポンサーリンク

R7000系の相関図

以下のマークが付いているのが、今回発表された新作です。

「チェーン」「BB」は現行モデルの使い回しですね。

 

『ST-R7020』『ST-R7025』は油圧ディスク用レバー

『ST-R7025』のほうは手の小さい人、
とりわけ女性向けのコンパクト設計です。

 

新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

各パーツの外観、主な特徴

『ST-R7000』

ST-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

重量500g

『FC-R7000』

FC-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

【歯数】50-34T(713.4g)/52-36T(742.6g)/53-39T(757.8g)
【クランク長】160mm/165mm/170mm/172.5mm/175mm

 

FC-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

裏面が『FC-5800』と同じでないことに期待(洗浄が…)。

『FD-R7000』

FD-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

R9100やR8000、それから『FD-5801』と同じ形状。

(個人的に)メンテナンス性はあまり良くない反面、
引きが異常に軽いフロントディレイラー。

重量は95g

『RD-R7000』

RD-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

R9100やR8000と同じく「シングルテンション構造」のリアディレイラー。

重量225g

『BR-R7000』

BR-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

どのパーツもR9100、R8000と全く同じ構造・形ですね。

もはやR7000で全然問題ない気がするのですが(^^;

重量は379g

『CS-R7000』

CS-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

12-25T(269g)/11-28T(284g)/11-30T(304g)/11-32T(320g)。

5800系に「11-30T」というラインナップはありませんでした。

 

ちなみに『CS-HG700-11』も発売されますが、歯数は11-34T。

これだったら「フロントシングル」というカスタムも出来そうです。

『PD-R7000』

PD-R7000 新型105「R7000」の価格、重量。R9100、6800とも比較してみる。

重量は265g

 

PD-5800

『PD-5800』と比べると、
金属プレートはごっそり取り除かれており、
-20gの軽量化を果たしています。

 

スポンサーリンク

R7000、5800、R8000、R9100の重量比較

R7000 5800 R8000 R9100
ST 500 486 419 365
FC(50-34T) 713.4 725 685 609
FD(直付) 95 98 89 69
RD(SS)  225 234 198 158
BR 379 388 363 326
CS(11-28T)  284 284 246 193
CN(114L) 257 257 257 247
BB 77 77 77 65
PD  265 285 248 224
合計(PD抜き) 2530.4  2549 2332 2032

R7000、5800、R8000、R9100の価格比較

※2018年7月の価格改定後

  R7000 5800 R8000 R9100
ST 23,450 23,491 34,638 54,226
FC(50-34T) 15,563 15,659 27,253 58,779
FD(直付) 3,942 FD-5801
3,855
5,147 11,787
RD(SS) 5,222 4,927 9,048 22,652
BR 9,074 9,258 14,505 37,677
CS(11-28T) 4,847 5,143 8,123 26,504
CN(116L) CN-HG601
3,641
CN-HG601
3,641
CN-HG701
4,644
CN-HG901
 5,223
BB SM-BBR60
2,111
SM-BBR60
2,111
SM-BBR60
2,111
BB-R9100
 3,927
PD 11,613 12,001 15,312 24,520
合計(PD抜き) 67,850 68,085 105,469 220,775
税込(PD抜き) 73,278 73,531 113,906 238,437

 

新旧105を比べると-253円で、新型のほうが安い!

 

そして、R7000とR8000を比べると40,628円差

重量差は219g。やはりR7000で良いような……

コスパ重視の新型ホイール『WH-RS300』

コスパ重視の新型ホイール『WH-RS300』

【公表重量】1,827g (F:770g/R:1057g)
リム仕様】クリンチャー
リム高】F:24mm/R:24mm
リム幅】23.2mm
【スポーク形状】ストレート、エアロ
【スポーク本数】F:16本/R:20本

税込価格】23,481円

 

シマノ WH-RS21 ホイール

かつて”コスパが高い”と人気があったホイール
『WH-RS21』の後継モデルに当たるかと思いますね。

両者のスペックは、ほとんど同じですが、

 

フロントリム高:21mm→24mm
リム幅:20.8mm→23.2mm

 

今の旬をきっちり押さえた変化を遂げています。

 

DURAリムの『RS700-30』がWiggleで47%オフ!!(画像クリック)

スポンサーリンク