この記事の所要時間: 214

 

「死ねる‥‥」

 

全身から「もう動くなっ!」という信号が送られながら、
それでも5km先のチェックポイントを目指して、

僕は前に脚を運び続けた。

 

生駒チャレンジ登山 上位者成績

松木です。

 

今日は「生駒チャレンジ登山大会」に出場してきました。

 

水曜の試走では散々でしたけど、
そのおかげで、レース運びのイメージはできていました。

 

スポンサーリンク

スタート前

p_20161016_0715591
(スタート地点 水辺のプラザ)

朝6時起床。
朝食を食べずに家を出て、現地には7時10分頃に着きました。
受付を済ませ、7時30分のスタートにしてもらいます。

 

最大の懸念は、足裏の怪我。

 

水曜の練習で右足裏の皮がめくれ、
真っ赤に炎症して、少しでも触ると痛みが走ります。

 

それが全然治ってません。

 

痛みを和らげるために、
薄めのマラソン用のソックスをチョイスしましたが、

 

やっぱり歩くと激痛で、電車に乗る前に
「帰ってしまおうか‥」と思うほど。

 

このままではさすがに我慢できそうもなく、
苦肉の策で、右の靴敷を取り去りました。

 

少しでも足裏への圧迫を減らそうとしたんです。

 

「うん、これなら何とか我慢できそうだ。」

 

目標タイムは2時間45分ぐらい。
大した目標じゃないですけど、現実的なギリギリの設定。

スタート~第1チェックポイント12km地点

集中してひたすらマイペースを維持。
飛ばしているつもりはありませんが、抑えてもいません。

 

結果的には、これがオーバーペース気味でした‥

 

第1チェックポイントまでの12kmが63分。
2年前よりも10分落ち。

 

「おっそ!!抑えてないのに3時間ペースやん!!」

第2チェックポイント23km地点まで

その後、水曜に離脱した「くさか園地」を無事通過。

 

「結構‥‥いや、かなりキツいぞ・・・」

 

嫌な予感がして、
ペースを一気に落としますが、
どんどん力が失われていきます。

 

かなりまずい感覚です。

 

そして17km地点ぐらいで、
ついに走れなくなりました。

 

腕を上げるのもズシッと重い。

 

「やっちまった‥、ハンガーノックだ・・・」

 

身体の力がうまく入れられません。

 

こうなると、もう走るのはほぼ不可能。

 

脳からは「活動を止めろ!」と
全身へと信号を送られ続けられ、
歩くことさえ苦痛で仕方ありません。

 

何も補給食を持っていなくて、
第2チェックポイントまで、まだ5kmもあります。

 

「朝早いし、昨日の晩にちゃんと食べたから大丈夫だろう。」
との浅知恵が災いしました。

 

ハンガーノックは、止まったからといって回復しません。

 

むしろエネルギーはどんどんなくなる一方なので、
体力を極力使わず、何とかたどり着くしかありません。

 

ちょっと前に自転車で同じようなことをして死にかけたのに‥

 

その後、長い長い5kmを歩いて、
第2チェックポイントにギリギリたどり着きました。

 

ここの平坦基調の11kmに101分(2年前57分)。
相当ヤバいですね(^^;

 

薄いスポドリと飴しかありませんでしたが、
飴を10個以上バリボリ噛み砕き、何とか低血糖状態を逃れました。

 

「ちょっと力が入るようになってきた感じがするぞ。」

 

10分ほど休んでから、ゴールを目指しました。

 

スポンサーリンク

ゴール32kmまで

2016 生駒チャレンジ登山 ②
(ゴールから800mぐらい 近鉄大阪線 高安山駅)

最後の9kmはずっとアップダウンで、
コースとしては一番ハードな区間。

 

無理をすると一気にペースダウンする恐れがあります。

 

飴10個程度で完全回復するわけもなく、
少ない体力に気を遣いながら、進んでいきます。

 

登りは抑えて、平地と下りはなるべく歩かず。

 

飴のおかげで、何とか走り続けられますが、
脚のダメージもかなり溜まってきています。

 

耐える!ひたすらに耐える!

 

残り3km地点で、しゃがみ込んでいる人がいました。
どうやら、僕と同じハンガーノックになってしまったようです。

 

最後の最後で、これはきつい!!
気持ちは痛いほどよぉーーーく分かります。

 

飴を1つだけ持っていましたが、さすがにこれを渡してしまうと
自分が危険なのであげられず。
まぁ、登山客に何かもらってたから、何とか大丈夫でしょう。

 

そして、ゴールまで残り2kmの看板を発見。

 

「よし、ここまでくれば、もうハンガーノックの心配はないぞ!」

 

最後の飴を口に入れ、
ラスト300mにある地獄坂を全力ダッシュで駆け上がって
無事ゴールできました。

 

2016 生駒チャレンジ登山 ③

「きつかったぁ・・・」

 

それしか感想が出てきませんね。

 

最後の区間が68分(2年前40分)。
全体で4時間3分。

 

自己ワーストを大幅に更新しました(笑)

 

途中リタイアも考えましたから、
完走できただけで御の字です。

 

スポンサーリンク