この記事の所要時間: 433

 

【関連記事】

『パリ・ルーベ優勝者は、どんな機材で戦っていたのか?』

 

スポンサーリンク

最終順位

 

  1. ヴァンアーベルマート(BMCレーシング)(5時間41分7秒、平均45.21km/h)
  2. ゼネク・スティバル(クイックステップ・フロアーズ)+0
  3. セバスティアン・ランへフェルト(キャノンデール・ドラパック)+0
  4. ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)+0
  5. ジャンニ・モスコン(チームスカイ)+0
  6. アルノー・デマール(FJD(エフデジ))+12
  7. アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)+12
  8. エドワード・トインズ(トレック・セガフレード)+12
  9. アンドリアン・プティ(ディレクトエネルジー)+12
  10. ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード)+12

 

ヴァンアーベルマートは、昨年のリオオリンピックリードレース優勝に始まり、2017年、「オムロープ・ヘット・ニウスブラット優勝」「ストラーデ・ビアンケ2位」「E3・ハレンベーク優勝」「ヘント~ウェヴェルヘム優勝」「ロンド・ファン・フラーンデレン2位」と絶好調。特に「石畳(北)のクラシック」と呼ばれる3連戦の成績が凄まじい。

上位・有力選手のレース後コメント

GVA「この勝利が次の勝利につながる」ボーネン「残り5kmで引退を感じ始めた」 - パリ〜ルーベ2017選手コメント | cyclowired
第115回パリ〜ルーベでバトルを繰り広げたグレッグ・ヴァンアーヴェルマートやゼネク・スティバル、セバスティアン・ラングフェルド、そして引退レースを13位で終えたト...

 

スポンサーリンク

テキストライブ

00:08 サガンは先頭から5分以上遅れ、流すようにゴール。勝負所での2度ものパンクで脚を使ってしまった。

00:04 ゴール。ヴァンアーベルマート⇒ゼネク・スティバル⇒セバスティアン・ランへフェルト。ゼネク・スティバルが勢いよく飛び出すも、スプリント力で勝るヴァンアーベルマートが差した。少しスプリントのタイミングが早かったか。後から追いついたトレックセガフレードとスカイの二人は、追走で脚が売り切れていたようでスプリントには絡めず。12秒後にメイン集団がなだれ込むようにゴールした。

残り約70m↓

00:03 残り250m 牽制し合う3名に、トレックセガフレードとスカイの選手が追いつく。

00:02 残り1km ベロドロームヘ。

23:58 残り4km クイックステップのゼネク・スティバルがアタック。どうみても様子見。ヴァンアーベルマートは素早く反応したが、キャノンデールのセバスティアン・ランへフェルトは少し遅れた。これで3名の脚力はおおよそ判明。

23:55 残り6km もう★のパヴェ区間しか無い。スプリント勝負になるのは確実。クイックステップのゼネク・スティバルが一番脚を残しているように見える。

23:52 残り8km ヴァンアーベルマートは途中落車があったのにさすが。セバスティアン・ランへフェルトも常に先頭付近で調子良さそうな走りを見せていた。ゼネク・スティバールは元シクロクロス世界王者で、ツールでもステージ優勝している強者。

23:49 残り11km パヴェをクリアして3名に絞られた。BMCレーシングのヴァンアーベルマート、キャノンデールのセバスティアン・ランへフェルト、クイックステップのゼネク・スティバル。後ろにボーネンのいるゼネク・スティバルはあまり引こうとしない様子。第二集団は45秒差で逃げ切りは、ほぼ間違いない。

23:42 残り16km ヴァンアーベルマートが千切ろうとする本気の走り。クイックステップとキャノンデールの選手が追いすがる。

23:40 残り17km カルフール・ド・ラルブル突入。先頭では役目を終えたオスが脱落。第二集団ではボーネンがスピードアップを図る。サガンは遅れ気味。

23:37 残り19km 最後の難所。セクター⑤と④、★★★★と★★★★★(カルフール・ド・ラルブル)の二連続パヴェ。

23:35 残り20km 先頭では、ヴァンアーベルマートのためにオスが引く。ほぼ先頭固定。第二集団と差が縮まらない。

23:32 残り22km オス吸収で先頭7名。BMCレーシング二人(オスとヴァンアーベルマート)、スカイ、クイックステップ、トレック・セガフレード、ロット・ソウダル、キャノンデール・ドラパック。30秒差でサガン、ボーネンのいる第2集団。まだ追いつく可能性がある。

23:26 残り26km 7名の集団がオスに迫る。サガンとボーネンの集団は相当疲弊しているのかもしれない。

23:23 残り28km オス⇒25秒差7名の選手(ヴァンアーベルマート)⇒さらに40秒差20名の集団(ボーネンとサガンがいる)。サガンは復帰に無駄脚を使った。

23:18 残り32km サガンがパンクでストップ。アタック合戦が繰り返される終盤で、これは痛い。

23:13 残り35km 「BMCレーシング」のオスが20秒のリード。

23:09 残り37km 「カチューシャ・アルペシン」のアレクサンドル・クリストフが飛び出す。メイン集団では「飛び出す→吸収」が続く。

23:07 残り39km この先残り20kmまで勝負どころとなるパヴェ区間は無い。

23:04 残り41km メイン集団が逃げていた5名を吸収。15名ほどの集団になる。各チームの有力選手は残っている模様。

23:00 残り45km メイン集団の先頭はサガンと「クリックステップ」の選手(ボーネン?)だが、決定的な差ではない。

22:56 残り48km 5名ほど動いた。サガン飛び出す。

22:52 残り50km あと1kmちょっとで、難易度⑤のパヴェ区間「モンサン・ペヴェル」へと突入する。ここで動きがあるはず。

22:46 残り54km いよいよ勝負どころに突入する。先頭2名⇒30秒差で3名の選手⇒10秒後にメイン集団。

22:43 残り56km メイン集団から「コフィディス」と「スカイ」、少し遅れて「ロット・ソウダル」の3名が飛び出す。

22:41 残り58km 各チームの有力選手が先頭付近に陣取っている模様。

22:36 残り61km 勝負所に向けて、メイン集団は補給を受け取り、臨戦態勢。そこから「ロット・ソウダル」のスプリンターのアンドレ・グライペルが飛び出す。難所を前に、リードを奪っておこうという算段か。

22:30 残り65km メイン集団からFDJの選手が飛び出す。逃げの二人は40秒先。残り54kmからの8.5kmは、セクター⑫と⑪、★★★★と★★★★★の二連続パヴェが勝負所になるはず。

22:27 残り67km すでにメイン集団は30名ほどまで絞られている。

22:24 残り69km ボーネンがアタック。サガンともう一人が付いて潰す。

22:23 残り70km 集団が分裂することが多くなってきた。各選手、かなり消耗してきている模様。

22:21 残り71km サガンがパンク。チームメートと二人、メイン集団に戻る。先頭は二人になり、「BMCレーシング」のオスと「トレックレガフレード」のジャスパー・ストゥイヴェン。

22:17 残り73km 先頭付近は活性化中。4名の先頭集団(サガン)⇒大集団。30秒差。これ以上差が広がるとボーネンはマズイ。

22:15 残り75km 15名の先頭集団(サガン)⇒15名の集団(トム・ボーネン)。10秒弱の差。

22:13 残り77km サガンが飛び出す。

22:08 残り81km 優勝候補の「BMCレーシング」のグレッグ・ヴァンアーベルマートがメイン集団復帰。大集団は「トレック・セガフレード」が牽引中。残り48.5kmに難易度⑤のパヴェ区間「モンサン・ペヴェル」がある。左右を観客用のフェンスで仕切られていて、荒れた真ん中を走らざるを得ない3km。何もアクシデントが無ければ、ここが有力選手たちの勝負どころになりそう。

22:00 残り87km 「ロット」のシルヴァン・シャヴァネルと「ディレクトエネルギー」の選手が20秒差で逃げている。

21:56 残り90km 逃げを吸収。代って集団からアタックする選手たち。

21:54 残り91km 無事難所を通過。残りの距離を考えると、まだ飛び出すというよりは、いかに疲労少なく、そしてトラブルなく通過するかがポイント。

21:50 残り93km 荒れまくっている路面。

21:48 残り95km いよいよセクター⑲、★★★★★のパヴェ区間「アランベール」。優勝候補の一人「クイックステップ・フロアーズ」のニキ・テレプストラがリタイヤした模様。

21:40 残り101km 大本命のサガンはしっかり集団先頭付近で走っている。レース終了予想時間は0時。

21:38 残り103km 難易度④のセクター20に突入。優勝候補の「BMCレーシング」のグレッグ・ヴァンアーベルマートが大事なところで落車。

21:31 残り108km ドム・ボーネン擁する「クイックステップ・フロアーズ」は、落車に巻き込まれないよう、常に集団前のほうで走っている。

21:29 残り110km 逃げは50秒まで拡大。残り103kmからの10kmは、パヴェ★★★★と★★★★★の二連続で最初の見所。

21:20 残り116km 逃げを容認した模様。タイム差拡大中。2016年の結果、1位 ヘイマン、2位 ボーネン、3位 スタナード

21:18 残り118km

21:14 残り121km パヴェ区間で左右の端と、真ん中の3列になる集団。激しく砂埃が舞っている。

21:07 残り127km 先頭2人にAG2R・ラモンディアルの選手が加わり、集団から10秒リード。

21:05 残り128km 狭いカーブで落車発生5名ほどが巻き込まれ、ディレクトエネルギーの選手がリタイアか。

21:02 残り130km ほぼ逃げ吸収。昨年3位のスカイのイアン・スタナードが後輪パンク。パヴェ区間を器用に走っている。横で馬が走る。

20:57 残り134km 最初に現れる★★★★★のパヴェ区間は残り95.5km、セクター19の「アランベール」。難易度は路面の荒れ・距離などから判断される。

20:52 残り136km 有力選手の確認、「クイックステップ・フロアーズ」のトム・ボーネン(何度も優勝)、ニキ・テレプストラ(パヴェ得意)、「オリカ・スコット」のマシュー・ヘイマン(昨年優勝)、ホーラ・ハンスグローエのピーター・サガン(世界王者)、「BMCレーシング」のグレッグ・ヴァンアーベルマート(強者)。

20:36 残り147km 選手たちは、左右の石畳の無い場所を器用に走る。

20:33 残り149km カーブで落車発生。数名ストップ。

20:31 残り151km セクター27★★★★に突入。集団内で大きめの落車発生。先頭からはデルコの選手が脱落。

20:20 残り160km セクター29★★★突入。

20:16 残り163km 3名の逃げは45秒リード。FDJ、デルコ、ロットの選手。集団は容認。

19:48 残り185km 5名の逃げは10弱のリード。残り160kmから合計55kmに及ぶパヴェ区間が次々と現れる。

 

スポンサーリンク

第115回パリ~ルーベ(UCIワールドツアー) 招待25チーム

UCIワールドチーム…18チーム

AG2R・ラモンディアル(フランス)
アスタナプロチーム(カザフスタン)
バーレーン・メリダ(バーレーン)
BMCレーシングチーム(米国)
ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
キャノンデール・ドラパックプロフェッショナルサイクリングチーム(米国)
FDJ(エフデジ)(フランス)
ロット・スーダル(ベルギー)
モビスターチーム(スペイン)
オリカ・スコット(オースラトリア)
クイックステップフロアーズ(ベルギー)
チームディメンションデータ(南アフリカ)
チームカチューシャ・アルペシン(スイス)
チームロトNL・ユンボ(オランダ)
チームスカイ(英国)
チームサンウェブ(ドイツ)
トレック・セガフレード(米国)
UAEアブダビ(アラブ首長国連邦)

UCIプロフェッショナルコンチネンタルチーム…7チーム

コフィディス、ソルーションクレディ(フランス)
ディレクトエネルジー(フランス)
フォルチュネオ・ビタルコンセプト(フランス)
デルコ・マルセイユプロバンス・KTM(フランス)
ワンティ・グループゴベール(ベルギー)
スポルトブラーンデレン・バロワーズ(ベルギー)
ロームポット・ネーデルラントゥセロテレイ(オランダ)