この記事の所要時間: 250

 

松木です。

 

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション

先日、キャノンデール2018年モデルの試乗会
「BIG WEEK 2018」に行ってきました。

 

一番の目的は大幅リニューアルした新型「シナプス」ですが、
同時に、最新の「スーパーシックスエボ」にも乗りました。

 

その試乗インプレッションです。

 

スポンサーリンク

Cannondale新型『SYNAPSE』の特徴

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック 剛性

目指したのは真のエンデュランスマシーン キャノンデール新型シナプス登場 - Cannondale New SYNAPSE Vol.1
キャノンデールのエンデュランスロード「SYNAPSE(シナプス)」が大幅な進化を遂げモデルチェンジした。リファインされたSAVEシステムと、俊敏な走りを実現する新たなジ...

 

詳しくは、上のシクロワイアードの記事を読んでもらえば十分ですが、
新型「シナプス」の特徴をまとめると、次の4つです。

 

  1. 形状とカーボンレイアップの変更によってリファインされた「SAVEシステム」
  2. 形状とカーボンレイアップの変更による高剛性化強度アップ
  3. 前傾姿勢が取りやすく、かつ俊敏な走りを実現する再設計されたジオメトリー
  4. フレーム単体-220gの950g、フォーク-116gの367gの大幅な軽量化(ディスクブレーキ仕様、56サイズ)

 

試乗した『SYNAPSE』のスペック

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック

『SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE』(税込¥702,000)

コンポーネント:DURA-ACE油圧ディスクブレーキ仕様
クランク:Cannondale「ホログラムSiクランク」
ホイール:Cannondale「ホログラムカーボンクリンチャー」
タイヤ:Vittoria「CORSA 28c」

 

SAVEシステムバー 【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション

上の「SAVEシステムバー」を試してみたかったのですが、
今回試乗した車体には、残念ながら付いていませんでした。

 

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック 28C タイヤ corsa hollowgram ホロウグラム

ホイールは、キャノンデール純正「Hollow Gram」

中身は、他社のOEM製品で、10万程度のカーボンクリンチャーです。

新型『SYNAPSE』試乗インプレッション

新型シナプスで走ったロンバルディア地方 エンデュランスロードの急先鋒を実走テスト - Cannondale New SYNAPSE Vol.2
午前中のプレゼンテーションでプロダクツの全貌を理解したら、さっそくテストライドだ。世界各国の「ライド重視」のメディアやディストリビューター約40人で2グループに...

 

シクロワイアードの試乗インプレをまとめると次の通り。

 

  • 路面の細かな荒れや段差をフラットに打ち消してくれ、タイヤが跳ねずに路面追従性が高い
  • 反応性が良い
  • レーシーな前傾姿勢が取りやすい
  • 下りコーナーはスムーズで、ハンドリングもクイックでニュートラル

 

この感想に比べ、自分が感じた印象はどうだったか?

 

試乗内容は「SUPERSIX EVO」⇒新型「シナプス」の順に、
それぞれ30分程度、決められた10kmのコースを走りました。

 

試乗した「SUPERSIX EVO」と「シナプス」は、タイヤ以外完全な同スペック。

 

先に結論から言ってしまうと、
「SUPERSIX EVO」のほうが断然良かったです。

 

スポンサーリンク

①振動吸収性

パワーピラミッド 【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション

シートチューブに設けられた「パワーピラミッド」と呼ばれる穴あき構造。

 

SAVEマイクロサスペンション 【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッションSAVEシートポスト 【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック

形状とカーボンレイアップの変更によってリファインされたという「SAVEシステム」

フレームの随所は扁平、シートポストにはくびれ。

この辺りの形状が、”乗り心地の良さ”を生み出している秘密です。

 

 

先に試乗した「EVO」の振動吸収性を記憶し、
次に「シナプス」を乗った際に、振動吸収性を比較するように走りましたが、
違いが分かりませんでした。

 

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック 28C タイヤ corsa

28cタイヤによるフワフワ感はありましたが、
フレームに由来するような”乗り心地の良さ”は感じ取れませんでしたし、

あえてギャップに突っ込んで、
フレームの縦のしなりが生まれるように走っても
「EVO」に比べて特段優れているとも思えませんでした。

 

石畳レースのようなデコボコ道を走れば、
顕著な差が感じられるのかもしれませんが、

日本の舗装路程度の荒れ方ならば、
新型「シナプス」の振動吸収性の優位性はあまり無いのかもしれません。

②反応性

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック 剛性

振動吸収性と同様、
「新しいカーボンレイアップ手法」「チューブのデザイン変更」によって
旧モデルに比べて剛性をアップを果たしている新型「シナプス」。

「EVO」に迫るBB剛性を実現しているそうです。

 

 

試乗したコースの途中には、5%ある2kmの坂道があり、
そこで、ダンシング、全力走行をして、
「進み具合」「反応性の良さ」をチェック。

 

新型シナプスはエンデュランスらしからぬ「加速性」があると聞いていましたが、
「EVO」の”スッ”と滑らかに加速する感覚に比べると、やはり鈍い‥‥

30万のカーボンフレーム完成車と同程度の印象。

 

「加速性が悪い」という訳ではありませんが、
加減速が激しい走り方をするなら少し物足りないですし、
少なくとも「ヒルクライム向け」の感じはしませんでした。

③油圧ディスクブレーキ

ST-R9120 油圧ディスクブレーキ【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 油圧ディスクブレーキ

ディスクブレーキを積極的に採用するキャノンデール。

「シナプス」にアッセンブルされていたのはデュラエース「ST-R9120」

ディスクローターは140mm。

 

ツールでは、リタイアするまで勝ちまくっていた
キッテルなんかが使っていたりして、気になっていました。

 

 

実際にブレーキしてみると、制動力が強すぎてかなり怖かったです。

ブレーキする毎に、身体が前へと飛び出すような感じがします。

 

リムブレーキの場合、握る力に比例してブレーキが効いていくので、
制動力をコントロールできます。

 

ですが、このディスクブレーキの場合、
パッドがディスクを挟んだ瞬間から、一気に制動力が上がります。

 

つまり、ガツンと効くブレーキ。

 

油圧で”引き”が軽いことも合わさって、
制動力のコントロールが出来ません。

 

 

ある程度慣れる部分もあるのかもしれませんが、
突然急ブレーキせざる負えないような状況に陥った際には、
高確率で前転落車してしまうような気がします。

 

現在「ロードバイクのディスクブレーキ化」の流れがありますが、
今回の試乗で、ますますディスクブレーキのメリットが分からなくなりましたね(^^;

結論:「SUPERSIX EVO」のほうが普通にオススメできる

【2018年モデル】キャノンデール新型『シナプス』乗車インプレッション 試乗車した『SYNAPSE』のスペック SUPERSIX EVO

綺麗に舗装された平坦、坂を走るのであれば、
「シナプス」の振動吸収性はオーバースペックで、
「SUPERSIX EVO」の持つ振動吸収性+25cタイヤで十分だと思います。

 

2モデルの”振動吸収性”の違いが感じられない以上、
”軽さ”、”加速性”、”ブレーキシステム”などに優れる「EVO」のほうが良い。

 

何より「SUPERSIX EVO」に感じた
”スムーズかつシャープな加速感”は、高級な車で走るような気持ちが良さがありますし、
レースシーンの勝負所でも、明らかなメリットになります。

 

今回の試乗目的は新型「シナプス」でしたが、
「SUPERSIX EVO」の良さの印象が際立ちました。

 

スポンサーリンク