この記事の所要時間: 427

 

松木です。

 

東商会さんの粋な計らいでCervelo『S5 Disc』を暫くお借りしていました(^^)

 

Cervelo『S5』には思い入れが強いです。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

2011年、当時としては革新的にエアロであった初代『S5』を購入。

気に入って3年間乗り続けていたものの、別車に乗り換えました。

 

ですが、半年ほどで『S5』が恋しくなり……

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

2014年12月、2015年モデルCervelo『S5』に舞い戻って現在に至ります。

 

という訳で、計7年以上『S5』にお世話になっている事になり、
ある程度慣れ親しんでいるフレームではあります。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

「同じ黒だし、2015年モデルとパッと見似ているな」と思っていたのですが、
実物を目の当たりにすると、全然形が違う……

 

2015年モデルが”シャキッ”と角ばったエアロ形状なのに対して、
2019年モデルはその角が取られ、全体的に”ニュルリ”と滑らか。

 

下記Funrideのページでも外観比較されているので、ご参考に。

【CERVELO】S5DISC 徹底チェック&インプレッション【ファンライド】
ディスクブレーキ仕様へフルモデルチェンジを果たしたS5サーヴェロのロードバイクはグランツールを制したオールラウンドなRシリーズ、グラベルやエンデュランスに特化し...

 

 

さて、そろそろインプレッションを。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

頂いたホワイトペーパーの科学データなんかも掲載しつつ、
新生『S5 Disc』を乗車インプレ&解析していきます。

 

見せて貰おうか。最先端のエアロダイナミクスの性能とやらを!

 

スポンサーリンク

2019年『S5』乗車インプレッション

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

細かく話すより先に、分かりやすく点数化しておきましょう。

 

【剛性感】9.00点⇔8.50点⇔8.50点
【加速性】9.25点⇔8.75点⇔8.50点
【登坂性】8.25点⇔8.50点⇔?
【巡航性】9.50点9.50点10.0点
【快適性】8.00点⇔8.25点⇔9.00点
【お気に入り度】9.75点9.75点9.75点
(※8点で「なかなか良い」)

 

『S5 Disc』(市販完成車)、中央2015年『S5』(フルカスタマイズ)
(ついでに右がTREK『Madone SLR Disc』に以前付けた点数)

 

ちなみに、下図はCerveloが公表している『S5』の性能比較チャートです。

『S5 Disc』開発にあたって何を目指したのかが見て取れるでしょう。

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション
※2014 S5というのが2015年モデルの事

剛性感 9.00点

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション 2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

ただでさえ”ディスクブレーキ”という
フォークとチェーンステイの「剛性」が上がる構造なのに加え、

 

モデル BB剛性
(N/mm)
フレーム全体のねじれ剛性
(Nm/deg)
2011年モデル
2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション
190 76
2015年モデル
2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション
200 100
2019年モデル 251 115

ワールドツアーのプロの脚力に十分応えられるだけの硬さを実現すべく、
意図して「BB剛性」「フレーム全体のねじれ剛性」を高めてきています。

 

2015年と2019年に感じた大きな違いがこの剛性UP!

 

脚当たりが”カッチリ”と。

フレームに芯が通っているような感触とでも言いましょうか……

その感触が2015年『S5』よりも強いです。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

ここで「フレーム剛性」を「ホイール剛性」との相性で考えてみるならば、

 

「硬めのS5 Disc」+「硬めのホイール」=「車体全体として硬い」
「硬めのS5 Disc」+「柔らかめのホイール」=「全体として標準的な硬さ」

 

『S5 Disc』を購入するのは、十中八九競技志向の強い方。

どちらかと言えば「剛性不足」は嫌う傾向にあるでしょう。

 

ですから、どのようなホイールを組み合わせた場合でも
車体全体の剛性が「標準~硬い」の範囲で収められるのは有難いはず。

 

2015年モデルに「柔らかめのホイール」を組み合わせると、
車体全体として少々柔らかすぎるなと感じる時がありますので(^^;

加速性 9.25点

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

 

”スカッ”とした加速が超気持ち良いぃぃぃーーー (*´∀`*)

 

まるで軽量ロードバイクのような軽快さです(b^ー゚)Good

 

これは明らかに剛性UPによる「パワー伝達性」の向上と、

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

DT Swiss『PRC 1450 Spline 35』(35mm/公表1444g)の足回りが効いてますね。

 

『S5』となれば、見栄え的に50mm以上を履かせたくなりますけど、
トータルバランスを優先するなら35~40mmのホイールの方が正解。

登坂性 8.25点

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

坂の走りに関しては、2015年モデルと同様に
「エアロロードにしては十分登れる」です。

 

もう少し細かく説明すると、

0~4%:「エアロ効果」が発揮されてむしろ速いと感じる
4~5%:軽量ロードバイクと同等に走れる境界勾配
5%~:普通に登れるが、軽量ロードバイクの方が楽に感じる

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

「54サイズ/ULTEGRA R8000仕様/ペダル(190g)有り」で7.84kgでした。

急勾配では少しばかり重さを感じましたよね…(^^;

 

これを電動DURA-ACEに改装したとしても約7.5kg。

さらに自らの『S5』(7.1kg)と同じ軽量パーツを付けたとして7.3kgほど。

 

モデル 56サイズフレーム重量
2015年モデル
2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション
1065
2019年モデル
975

フレーム単体重量で言えば『S5 Disc』の方が90g軽いのですが、

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

ディスクブレーキに耐えうる強度を出すためのフォーク重量増
そして、特徴的なCS28ステム+AB08ハンドルが軽量化の足を引っ張り、
完成車としては、2015年『S5』比で約+200g重く仕上がることになります。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

ただ、先に話した剛性UPによる軽快さのメリットが+200gを上回ると感じたため、
2015年『S5』より『S5 Disc』の方が登れるという結論になります。

 

いくら”平地”を速く走れたとしても、”坂”で遅かったら何の意味も無いですから、
「上れるエアロロード」だという点は、非常~~に大事なポイントです。

巡航性 9.50点

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

”サーッ”と風を切り裂くような疾走感が最高!とにかく進む進む!

エアロの申し子である『S5』シリーズに相応しいスピード狂っぷり!

ただ、2015年『S5』との違いはあまり大きくは感じないかな。

 

 

ここで少し話は逸れて、『S5 Disc』フレーム製作秘話を一つ。。。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

『S5 Disc』の開発に着手するにあたって
まずは図のように車体を5つのゾーンに分けたのだそう。

そして、各ゾーン毎に「空力」などの各性能を突き詰めていきました。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

こちらのCADのフレームデザイン案なんか面白いですね~(^^)

シートチューブに”張り出し”が見られたり、”二又”になっていたり。

 

そして、『S5 Disc』の空力最大の肝である「ハンドル周り」も
様々な紆余曲折を得た後に”V字形状”に辿り着いたのだろうと推し量れます。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

シミュラクラ現象www

 

この部分がエアロダイナミクスにどう影響しているのでしょう?

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション 2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション
左:3T『ARX』+Cervelo『AB04』(通常ステムを取り付けられるアダプターを使用)
右:Cervelo『CS28』+Cervelo『AB08』

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

両者のCFD(数値流体力学)解析の図です。

通常ステム(左)付近で乱されていた空気が、
V字シェイプ(右)だとスムーズに流れていることが分かります。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション
ステム周辺の空気の流れは、シートポスト後方にも影響。

V字シェイプステム(右)の場合、
空気抵抗を示す青色が小さくなっています。

 

この「V字シェイプステム&エアロハンドル」が大いに貢献する結果、

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

2015年『S5』比、40km/hで-5.5wを達成。

 

-5.5wか………

車体全体の形の違いの大きさからすると、
もっと大きな効果があって良さそうな気もしますが……

まあそれだけ「2015年『S5』+AB04ハンドル」も優秀という事。

快適性 8.00点

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

海外サイトでは口を揃えて「快適性は十分」とのレビューでしたが、
自分が乗った感想では振動吸収は至って普通といったところ。

 

「ゴツゴツして乗りづらい」という事も無ければ、
逆に「快適性が高い」とも感じない通常レベル。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

「シートチューブ~シートステイ~チェーンステイ」のリア三角

この領域にも「快適性」を高めそうな、特別な工夫は見られず。。。

 

ホワイトペーパーを読んでいても、
「振動吸収性UP」は『S5 Disc』の開発目標に掲げられていませんし、
「ある程度乗り心地が良ければOK」というスタンスなのでしょうね。

 

チューブラーならVittoria『Corsa』25c、
クリンチャーならContinental『GP5000』25c+Latex Tubeなど、

タイヤ&チューブさえ良い物を付ければ問題無さそうに感じましたし、
『S5 Disc』の「快適性」に関して、個人的にも十分合格ラインです(^^)b

Cerveloエンジニア達の叡智の結晶

空力学の申し子2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

サドルに跨り、ペダルに脚を下した瞬間から官能的なまでに速い。

 

前へ前へとグイグイ押し出させるように進み、
イメージよりも速く視界から流れていく景色。

世界が少し変わったかような錯覚に陥ります。

 

そして、ただ眺めているだけでも美しい。

 

「ケーブルの完全内蔵化」

「フレーム全域に及ぶ一体感ある形状」

「水が流れているように流線的なデザイン」

「シンプルながら強烈に惹きつけられるカラーリング」

「キラキラと高級感・重厚感を漂わせるディスクブレーキ」

 

これら全ての要素が完璧に調和しており、
「カッコイイ」を通り越して「美しい」という造形美すら感じられます。

 

2019年Cervelo『S5』乗車インプレッション

エアロロードである事を忘れる「癖の無さ」をそのままに、
性能とデザインを洗練させて生み出された『S5』の究極形。

 

エアロロードCervelo『S5 Disc』

 

サーヴェロエンジニア達の技術と叡智が作り上げた
超一級の芸術品である事に疑いの余地はありません。

 

ただ「手にしたい」という狂おしさだけが募ったわ(`皿´)グヌヌヌ

 

スポンサーリンク