この記事の所要時間: 255

 

松木です。

 

タイヤの空気圧って気にしたことありますか?

 

ほとんどの人が、「標準は7気圧」って認識だと思うんですが、
もうちょっと深く考えてみたほうが良いです。

 

空気圧を最適化することで数ワットの出力削減、
時速にして約0.3km/hほど速く走れるようになるかもしれません。

 

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。

ただ、やみくもに高くすればいいってものでもありません。

 

空気を入れすぎたタイヤは、
「乗り心地」と「グリップ力」、さらには「路面伝達性」が下がり、
路面抵抗は減っても、逆に遅くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

転がり抵抗の正体

  • ゴムが変形し、戻る際に、熱としてエネルギーが一部失われる(低圧時に大きい内部損失)
  • インピーダンスによる抵抗(高圧時に大きいインピーダンス損失)

 

少し読みづらいですが、下の記事が参考になります。

転がり抵抗の正体
(ロードバイクの細いタイヤは軽量と、そして高圧を目指したかたちです) なぜ高圧タイヤは転がりが軽いのでしょうか…
高圧のタイヤはかえって転がりにくくなることもある
路面がガタガタになるととたんに漕ぎが重くなりスピードがおちますよね。「インピーダンス」と「ブレークポイント内圧…

7気圧という数字はどこから来ているのか?

ミシュランが発表している推奨空気圧です。

 

これのグラフを見ると、
65kgの人が、23cのタイヤを履いた場合、
推奨空気圧は7気圧ほどです。

 

7気圧という数字は、
標準体型の人が、一般的な太さのタイヤを
使った場合に限る適正空気圧です。

 

つまり、当然ながら誰にでも当てはまるものじゃありませんし、
それに加えて外的環境も考慮すべきです。

空気圧を決める4つの決定要因

  1. 体重
  2. タイヤの太さ
  3. タイヤの前後
  4. 走るコースの種類
  5. 路面状況
  6. その他の要因

 

これらの要因によって、適正空気圧は変わってきます。

1.体重

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 体重

体重は空気圧に最も関わる要素で、
+10~15kgにつき、1気圧上げないといけません。

2.タイヤの太さ

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 タイヤの太さ

主流になりつつある25cの太めのタイヤを使うなら、
タイヤの中の空気の量が増えますから、
空気圧を下げることができます。

ママチャリが3気圧ぐらいのいいのと同じ理屈です。

 

23cに比べて0.5気圧ほど下げることができ、
「乗り心地」と「グリップ力」、さらには「路面伝達性」が上がって、
快適、かつ無駄の少ない乗車フィーリングになります。

3.タイヤの前後

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 アタック&フォース 前後

前輪と後輪では、後輪のほうが多く荷重がかかっています。

 

体重で適正空気圧を調整するのと同じように、
前後のタイヤで空気圧を変えるべきです。

 

具体的には、後輪を前輪よりも0.5気圧ほど高くします。

4.コースの種類

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 危険なコーナー

危険なコーナーの多いコースを走るなら、
グリップ力を重視して空気圧を0.5気圧ほど下げます。

 

それからヒルクライムの場合。

「低速かつ、グリップ力が要らない」という考えから、
空気圧を高めに設定する人が多いですが、
色んな要素を考えると、これはなかなか難しいところ。

僕としては、ヒルクライムの空気圧設定を考える上で、
一番重要な部分は「通常よりかなり後輪荷重になること」だと思っていて、
前輪は特に変えず、後輪を+1.0~1.5気圧高めにします。

ただし、路面状況の凹凸が酷かったり、
斜度が緩かったりすると、そんなに高い空気圧設定にはしません。

 

たまに、1000m以上標高が上がるヒルクライムレースの場合に、
空気圧上昇を気にする人がいますが、

1000mアップにつき0.1気圧強しか空気圧は上がりませんから、
全く気にしなくて大丈夫です。
(ただし、下山時には忘れず空気圧を下げておきましょう)

5.路面状況

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 路面状況 ぬれた路面

荒れた路面を走る場合は「乗り心地」と「路面伝達性」、
濡れた路面を走る場合は「グリップ力」を高める必要があります。

 

つまり、空気圧を下げます。

 

どれだけ下げるべきかは路面状況によりますが、
だいたいの目安は-0.5~1気圧。

 

ロンド・ファン・フラーンデレン2017 タイヤ 空気圧

これは昨日行われた「ロンド・ファン・フラーンデレン」を走った
選手達の車体の空気圧メモですが、たった5.5~6.3気圧です。

 

コース上に石畳の箇所があるからですが、
通常よりも2気圧ほど下げて走っているんです。

6.その他の要因

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 「乗り手の好み」、「タイヤの種類」、「他のパーツとの相性」

「乗り手の好み」、「タイヤの種類」、「他のパーツとの相性」、「ラテックスチューブ」など。

 

「乗り手の好み」
⇒コロコロ感が好きな人は、通常よりも高めの空気圧にしたりします。

 

「タイヤの種類」、「他のパーツとの相性」
⇒また、ゴムの硬いタイヤの場合や、
乗り心地のイマイチなホイールやフレームに乗っている場合などは
普通よりも空気圧を下げることもあります。

 

「ラテックスチューブ」
⇒ラテックスチューブは、1日で1.5気圧、SOYOだと2.5気圧ほど抜けます。

ロングライドなどで12時間乗るとすると、
出発時と帰宅時では、1気圧前後変化することになりますから、

ラテックスチューブを使用しているなら、
走行時間を考慮して、空気圧を少し高くしておきます。

 

スポンサーリンク

タイヤ空気圧の例

これまで話した空気圧調整を
具体例を挙げて考えてみましょう。

 

体重78kgの人が、25cのタイヤ、ラテックスチューブを履いたロードバイクで、
路面の荒れ、カーブも多いコースを、6時間ほど走るとします。

 

「体重65kg、23cタイヤで7気圧」を基準に考えると、
体重が重いので+1気圧、
25cタイヤなので-0.5気圧、
ラテックスチューブなので+0.3気圧、
路面やコースが危険なので-0.5気圧。

 

さらに、後輪を前輪よりも+0.5気圧高めにすると考えれば、
前輪は、7+1-0.5+0.3-0.5=7.3気圧、
後輪が、前輪の+0.5気圧の7.8気圧入れればいいことになります。

 

かなり大雑把ですが、こんな風に考えるといいです。

普段からタイヤ空気圧には気にしておくべき

0.3km/h速く走るためのタイヤ空気圧設定。 ゲージ 空気圧管理

サドル高と同じで、
タイヤの空気圧にも絶対的な正解はありません。

 

「だいたいこのぐらいの空気圧が良いように感じる」
という曖昧なものしかありません。

 

それでも、
「何気なく決まった空気圧を入れている人」と
「考えながら空気圧を入れて日々試そうとしてる人」では、
少なからず差が生まれます。

 

ぜひ今回の記事で話したことを参考にして、
速く、そして気持ち良く走れる空気圧を見つけてみてください。

 

「高い気圧ほど速い」は迷信みたいなもので、
気持ち良く、速く走れるのは、意外と少し低めの気圧だったりします。

 

最後に、下の図は
プロチーム宇都宮ブリッツェンメンバーの空気圧です。

宇都宮ブリッツェン タイヤ 空気圧

 

スポンサーリンク