この記事の所要時間: 323

 

松木です。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

第三者機関Virginia Tech(バージニアテック)が、
「自転車用ヘルメットの安全性」に特化したテストを実施しました。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法 ヘッドフォーム バージニア工科大学

Virginia Techは、バージニア工科大学の正式な略称で、

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

バージニア工科大学構内に「ヘルメットラボ」が存在します。

 

このラボにおいて、2011年より
アメフト、ホッケー、サッカー(練習用)の
ヘルメットの安全テストが行われてきたのです。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

ですが、先日

「安全性の高いヘルメット選びに役立つデータを、サイクリストに提供すること。
メーカーのほうも、怪我のリスクを減らすヘルメットづくりに取り組んで欲しい。」

その目的で、30種類もの自転車ヘルメットを対象とした落下テストを実施。

 

この規模のものはおそらく世界初で、
海外ではニュースに取り上げられるほど注目を集めたようです。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

ちなみに、30種類の中には、
ボントレガー『Ballista MIPS』
スペシャライズド『S-Works Evade Ⅱ』など、

気になるモデルもいくつか含まれています。

 

 

「機材」「速さ」とは関係ないテストですが、

”実験物”としてはとても面白いですし、
ヘルメットの「安全」に関する見解は深まると思いますよ(^^)

 

※ある方が高速ダウンヒル中に落車して頚髄損傷された事故の話↓

自転車の交通事故について    ~あなたは他人事だと思っていませんか?~ - S玉ナダルのブログ:楽天ブログ
自転車事故。 あなたは他人事だと思っていませんか?ヘルメットは被っていますか?交通ルールは守っていますか?自分がしっかりしていも不幸は突如として訪れます。そ...

 

この記事を作成中、お問い合わせフォームより
「上の記事を紹介してもらいたい」とのご相談メールをいただきました。

 

友人が頚髄損傷という大事故に遭い、
「自転車を趣味にしている方の一人一人に、交通事故に対する危機感を持ってもらいたい」
との想いから、この記事を書かれたそうです。

 

この記事を読まれる方の
「安全なヘルメットの必要性再認識してもらうきっかけ」
になればいいなと思います。

 

スポンサーリンク

テスト方法

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

ただ闇雲にヘルメットに衝撃を与えるのではなく、

実際に多い事故状況を調査し、
なるべくそれを模した実験装置を組み立てています。

 

そして、金属の斜面にヘルメットを落下させるのですが、
動画で見てもらうと、イメージしやすいでしょう。

 

GIF by Virginia Tech - Find & Share on GIPHY

 

以下、具体的な実験方法の説明です。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

最初に、現実の落車データを元にして
上の①~⑥のヘルメットポジションが選ばれました。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

①~⑥それぞれのヒットポイントは、
結果に支障をきたさないよう「重複ダメージ」を避けるために
120mm以上離れるように配慮されています。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

まずは、1つ目のヘルメットを
①⇒②⇒③⇒④⇒⑤⇒⑥の順番で落下させます。

 

その後、ヘルメットにはダメージが蓄積されていますから、
2つ目の新品へと入れ替え、同様の手順で再び6回落下。

 

これを4つ目まで行うため、一種類のヘルメットにつき
6ポジション×4つ=計24回もの落下を繰り返すことになります。

 

ちなみに、Ⓗ、Ⓛというのは、

Ⓗ=速い衝突速度(7.3m/s)
Ⓛ=遅い衝突速度(4.8m/s)

 

この2種類の衝撃速度も、現実の落車データを元に決められました。

 

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法 ヘッドフォーム 加速計センサー

ヘッドフォームには、
3つの「直線加速度計センサー」、1つの「3軸角速度センサー」が搭載されており、
加速度の”ピーク”や”変化”を測定できるようになっています。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法
Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

その測定した値を、複雑な計算式に代入することで、脳震盪のリスクを数値化。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法 評価

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

その数字に応じて★を付けて評価する、といった流れになります。

 

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

実験結果を見てみる前に、
「MIPS」「Certifications: CPSC」の部分について
簡単に説明しておきましょう。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法 MIPS

まず、「MIPS(ミップス)」というのは、
Multi Directional Impact Protection Systemの略で、
日本語にすると「多方向衝撃保護システム」

 

ヘルメット内側に取り付けた保護レイヤー(図の黄色のパーツ)が、
地面に頭をぶつけた際にスライドすることにより、脳へのダメージを軽減させます。

MIPSの効果を示す動画↓

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

続いて「Certification: CPSC」に関してですが、

 

  • Certification=認証
  • CPSC=Consumer Product Safety Commission=米国消費者製品安全委員会

 

つまり「米国消費者製品安全委員会が認証したヘルメット」を意味します。

 

CPSCは、アメリカでヘルメットを販売するために
必ずクリアしないといけない安全基準ですが、

認証を受けるためのハードルは、決して高くありません。

 

CPSC ヘルメット

CPSCのテストでは、本実験と似た装置を用いるのですが、
「装置」「実験手順」ともにシンプルです。

 

「ヘルメットに一定以上の強度が備わっているか調べるだけ」といった印象で、
CPSCだけでは、脳へのダメージを最小化できるかどうかまでは判断できないでしょう。

 

スポンサーリンク

テスト結果

★5つ:満点(4種類)

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

唯一の10点台で、2位と1.4点もの差を付けて
ボントレガー『Ballista MIPS』がNo.1。

 

他の3種類に目を向けてみると、
「メーカー」「価格」こそバラバラですが、
どれも「MIPS搭載」「ロード用」という共通点が見られますね(^^)

★4つ:非常に良い(12種類)

脳に深刻なダメージを与えないためには、
★4つ以上は欲しいところです。

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法 Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法 Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法

12種類中5種類がMIPS搭載モデル。

やはりMIPS強いですね!

 

それから、MIPSが付いていなくても、

スペシャ『Prevail Ⅱ』『Evade Ⅱ』など
各社ハイエンドモデルも、大体がここに含まれています。

 

これは、高級モデルのほうが、
強度はしっかりとテストされていたりするのでしょうか?

 

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 prevail Ⅱ

ちなみに、『Prevail Ⅱ』のMサイズ実測重量が210g、
『Evade Ⅱ』のS/Mサイズの実測重量は247g。

 

『Prevail Ⅱ』のほうが40g弱軽量なものの、
安全スコアは『Prevail Ⅱ』14.8、『Evade Ⅱ』18.5となっており、
『Prevail Ⅱ』のほうが3.7点良い結果が出ています。

 

このことから、
「ヘルメット重量」と「安全性」の間には、あまり相関関係が無い
と言えるかと思います。

★3つ:良い(12種類)

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 実験方法Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。 Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。

MIPS搭載モデルが一つだけあります。

ただ、それも19.0点と、限りなく★4つ(19点未満)に近い点数です。

 

また、本実験の対象となった30種類の内、
8種類が「街乗り用(Urban)」なのですが、

その内の6種類もが★3つ。

 

どうやら落車時の衝撃をやわらげるには、
”ツルッ”とした「街乗り用」ヘルメットよりも
ベンチレーションと凸凹がある「ロード用」のほうが有効な模様。

★2つ:十分(2種類)

Ballista MIPSがNo.1!30種類のヘルメットを安全テストした結果。

 

以上の結果をまとめます。

 

  • 脳へのダメージを軽減するには、MIPSが非常に効果的である
    (MIPS搭載モデルは★5つ:4種類、★4つ:5種類、★3つ:1種類)
  • 「価格」と「安全性」は比例しないが、$150以上の物は★4つ以上だった
  • 「重ければ安全、軽ければ弱い」という訳ではない
  • 「街乗り用」は8種類中7種類が★3つ以下で、「ロード用」のほうが安全な傾向にある

 

スポンサーリンク