この記事の所要時間: 759

Mt.富士ヒルのために高地トレーニング本をかき集めた【高地順応】

Mt.富士ヒルクライムのゴール地点の標高は2,305m。

標高0mと比べて酸素濃度は76%

国内舗装道路最高点2,716mである乗鞍ヒルクライム山頂に至っては73%しかありません。

 

こんな非日常の過酷な環境下で、
さらに心肺機能、筋肉を限界まで追い込むのだから、
まともなパフォーマンスを発揮できる方が難しいでしょう……

 

スポンサーリンク

Mt.富士ヒルのために高地トレーニング本をかき集めた【高地順応】

以前、ジム併設の「高地トレーニングスタジオ」を利用したことがあります。

初めてそこでトレッドミルを走った時、
たった30分間、ジョグより少し速い強度だったにも関わらず、
いつも以上に息が上がりやすく、また終了後には身体がフワフワした変な感覚に襲われました。

低酸素の影響が出ていることをヒシヒシと痛感。。。

 

Mt.富士ヒルや乗鞍の2000m越えのヒルクライムレースにおいても同様です。

普段のトレーニングならまだまだ余裕が持てるような時間・強度においてさえ
心拍数が上がり、思うようにパワーが持続できなくなる症状を経験しています。

 

 

その結果、ヒルクライムという競技において
高地トレーニング(スタジオ)は必要不可欠であると確信しました。

 

 

なので、近々「高地トレーニングスタジオ」に入会するつもりなのですが、
ここで一つ問題が……

 

「大会に向けて、いつ、どういった高地トレーニングをすれば効果的なのだろう?」

 

以前利用していた「高地トレーニングスタジオ」では、
2回目時点で既にいくぶんか楽に感じ始めていたものの、

  • 何回まで続ければいいの?
  • 頻度は?
  • やめたらどれくらい順応期間が持続するのか?

などの知識は全く持ち合わせていませんでした。

 

ヒルクライムという競技を続けていく上で、高地トレーニングは必要。

だけども高地トレーニングに関してあまりにも無知……

だから「高地順応について一から学びたい!」と突然思い立ったんですよ(^^)

 

Mt.富士ヒルのために高地トレーニング本をかき集めた【高地順応】

国内で手に入る高地トレーニング本を全て調達。


 

どれも俗っぽさは皆無。

専門色・学術色が強く、中身は文字列とデータがびっしりで
さながら論文のよう……

一般的な本とは異なるがために
新書で手に入れづらく、しかも定価よりも高値で販売していたりして、
5冊全部購入すると20,000円近くしそうでした。

それなのに、もし購入してハズレ本だった場合が痛すぎる。。。

 

ですから近場の図書館で借りました。

古いものは2000年、最も新しいものでも2016年と、出版から年月が経っていたこと、
そして学術的ゆえに「図書館に置く価値のある本」と判断されたことで、蔵書していたのかも?

 

ちなみに5冊合わせて約1600ページもありますwww

こんなのまともに読んでたらMt.富士ヒル終わってるんで、
糧となりそうな部分を”つまみ読み”しながら
2週間ほどで一気に読んでしまいたいと思います(`・ω・´)フンス!

 

読み終えましたら、また後日感想を書きますねー





スポンサーリンク