この記事の所要時間: 454

 

松木です。

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

現在愛飲しているRevopro(レボプロ)『エッグホワイトプロテイン』

製菓製パン・マヨネーズ等の原材料である
業務用液卵・凍結卵を製造販売しているイフジ産業株式会社が、
長年の鶏卵加工の強みを生かし、2020年3月に新開発した卵白由来のプロテイン。

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー 卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

IFBB(国際ボディビルダーズ連盟)のプロ選手
MIHARUさん、Kanekinさんとスポンサー契約を結んでいる
相当本気度の高いプロテインです。

 

 

飲み始めて現在3箱目に突入したので、そろそろ評価・インプレッションでも。

 

スポンサーリンク

REVOPROの特徴

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

ボトルの裏には目がチカチカしそうな細かい字で、
「アミノ酸組成」やら「卵白ならではの強み」が表示されてますね。

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

卵白の強み①乳糖フリー

日本人の4人に1人が乳糖不耐症。

要するに「牛乳由来のホエイプロテインだとお腹を下しやすい」

その点、卵白由来のプロテインであれば問題無し。

 

ついでに、アスパルテームなんかの人工甘味料が不使用なのもGood!
(甘味料は、植物由来のステビア)

人工甘味料に関する研究データは結構見たりしていますが、
「腸内環境を悪化させるなど、”ネガティブな結果”のものもそれなりに多く、
摂るか摂らないかで言えば、摂らないに越したことはない」というのが現状。

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

卵白の強み②たんぱく利用率が高い

この製品の100g当たりのタンパク質は76.3g。

よって体内利用量は76.3g×0.975≒74.4g

 

これに対して、100g当たりタンパク質82gという高含有ホエイプロテインがあったとして、

その体内利用量は82g×0.905≒74.2g<74.4g

 

なので、100g当たり76.3gというのは一般的な含有量ですが、
「体内利用量」を考えれば、高含有ホエイプロテインに匹敵する訳です。

 

それから、アミノ酸スコアが100であること。

BCAA比率が、
「バリン:ロイシン:イソロイシン=3810:6340:2930」
と、1:2:1の理想比に近い事も評価できるポイントです(^^)b

REVOPROのレビュー

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

味は「チョコ」のみ。

30g軽量スプーンが付属して(埋もれて)ますが、
自分は別の約10gスプーンを使って2杯をベースに飲んでます。

 

シェイカーにプロテインと水を入れ、6~7秒上下に激しくシェイク!

 

「シャカシャカシャカシャカシャカシャカ(`Д´)ドルァ~」

 

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

めっちゃ泡立つやんw

卵白プロテインが泡立ちやすいのは知ってましたが(^^;

 

そこで、シェイカーを上から持ち、底を回すように混ぜれば……

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

この通り泡立ちません。

その代わり、シェイク力不足で”ダマ”は残ってしまいますね…

 

さて、それじゃあ飲んでみましょうか!

 

「ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ…(´p◎q`)」

 

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー

そこそこ美味しいけど、ちょい癖が。。。

 

甘味料がステビアなので、甘ったるくない程度の甘さ。

プロテインとしては、人工感の少ない自然なチョコ味で悪くありません。

 

ただ、「あっ、これが卵感かw」と分かる独特の後味がするんですよ(^^;

 

我慢できないような後味ではないですし、
その内慣れてくる程度の”かすかなもの”ではあるんですけど、

この良い対策としては、

 

卵のプロが作ったプロテインREVOPRO『Egg White Protein』レビュー ココア

ティースプーン一杯のココア。

ビターな風味が”卵感”を見事に消してくれますし、
チョコに苦みが加わって上品な味にもなります(ダマは少し出来てしまいますが)

 

それに、ココア自体も、
「抗酸化」「血液サラサラ」「脳機能向上」「心疾患予防」「便秘改善」など、
かなり研究が進んでいる健康食品ですから、その点でもオススメです(^^)
(REVOPROに限らず、プロテイン飲む際はココアを混ぜてます)

 

「良い点」「良くない点」のまとめ

【良い点】

  • 100%卵白由来、人工甘味料不使用、アミノ酸スコア100など、プロテインとして優秀
  • 主に練習後の胃腸が弱っているタイミングで飲んでいるが、
    2kg以上飲んで1度もお腹を下していない(ホエイだと時々下してしまう)
  • スポンサーとは言え、ガチのIFBBプロが選んでいる”間違いない”プロテイン

 

【良くない点】

  • 上下に激しく振ると泡立ってしまい、飲みにくくなる
  • 卵由来の後味が少しする(⇒ココア、豆乳、牛乳で消せる)
  • 1kg6000円と、プロテインの中では比較的高い(が、ヘタな機材より賢い投資だと思う)
  • チョコ味しかない

 

プロテインとしての「機能面・効果面」はケチの付けようが無い一方で、
泡、後味、値段、種類なんかの「実用面」には少なからず不満が残りますね。。。

 

プロテインは練習前後に「筋肉の材料を入れる」使い方が一般的ですけど、

タンパク質は、体重1kgあたり1.2~1.6gを摂れば、
「お腹が減りにくくなり、摂取カロリーが減る」「1日120kcalほど代謝が上がる」etc

こういったメリットを得るために練習以外でもプロテインを飲むならば、
日常に無理なく組み込むための”実用面”はとても大事な要素であり、
これはREVOPROだけではカバーしきれない部分でしょう。

 

以上を勘案すれば、
「練習前後には体に優しく、プロテインとして優秀なREVOPRO(効果重視)、
それ以外は飲みやすくて手頃など、日常に取り入れやすいホエイ(実用重視)」
と使い分けるのが、プロテインとのベストな付き合い方かと思いますね(^^)

 

スポンサーリンク