この記事の所要時間: 45

 

松木です。

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。

室内ローラー台トレーニングをするなら共通の問題、

 

”騒音””振動”

 

隣や階下を気にしながらトレーニングしていては
十分な強度を出せませんし、
ハラハラして精神的にも疲れます。

 

 

そこで今回は「6種類の効果的な対策」と、
それらの「オススメの組み合わせ」を紹介しつつ、
完璧な防音・防振対策とは何か?ということを考えていきます。

 

【関連記事】

ローラー台マット7種比較!アルインコ『EXP150』VS ミノウラ『トレーニングマット4』

 

 

スポンサーリンク

①防振ゴム・マット 【効果】★~★★

ローラー台の防音・防振対策5選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 耐震ゴム

ホームセンターで売っている「防振ゴム」や、

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 耐震ジョイントマット

繋ぎ合わせられる「ジョイント防振マット」

 

どちらも防振性能はそれほど高くありません。

”無いよりはマシ”といった程度……

 

そこで、これらは「単体で使う」のではなく、
後で話す「別のものと組み合わせて使う」のが効果的です。

 

②ローラー台用マット【効果】★★~★★★

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 ローラー台用マット

各メーカーから販売されているローラー台用マット。

写真のはMINOURA(ミノウラ)「トレーニングマット4」。

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 ローラー台用マット

他メーカーのマットと同じように

表面→撥水性・シボ加工(シワ)
中身→再現性の高い高反発スポンジ

という構造から成っています。
(素材は「ポリ塩化ビニル(PVC)」がほとんど)

 

 

ローラー台用マットを敷く主な目的は、

  1. フローリングを傷つけないため
  2. 汗や汚れから床を守るため

であって、「防振性能」はおまけみたいなもの。

 

そこまで厚さはなく、
体重、自転車、ローラー台の重さによって、
スポンジはほぼ完全に潰れてしまいますから、

防振性能に過度な期待はしないほうが良いです。

 

 

ちなみに「トレーニングマット4」と聞くと、
「”4″ということは、なんか凄いのかな?」と思えるかもしれませんが、

色々と試行錯誤して作ってみた結果、
「やはりシンプルが一番だな」と落ち着いたのが”4”というだけであって、

実際のところ、特段変わったマットではありませんw

 

③コンクリートブロック【効果】★★~★★★

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 コンクリート

コンクリート打ちっぱなしの床の上で
ローラー台をしても、全然響きません。

 

「硬い=振動を伝えやすい」というイメージがあるため、
これは意外だと思われるかもしれませんが、

コンクリートのように重く、硬い素材は揺れにくい、
つまり「振動しにくく、そして伝えにくい」特徴があります。

 

この原理を利用します。

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 コンクリート

ホームセンターでコンクリートブロックを買い、
ローラー台の下に置くのです。

1000円/個と、値段も高くもありません。

 

 

ただ、ローラー台の脚の部分にピンポイントのブロックではなく、
上のように、ある程度大きく、厚いブロックでないと効果は出ないですから、

「重くて邪魔になる」というのが難点ですね‥‥

 

現実問題、なかなか採用しづらい方法だと思います。

④ALINCO(アルインコ)『EXP150』【効果】★★★

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 ALINCO(アルインコ) EXP150

ローラー台用マットの決定版、
ALINCO「EXP150」(詳しくはこちら)。

 

 

ミノウラ「トレーニングマット4」と基本構造は同じですが、
”サイズ”と”厚み”が違います。

 

  • ミノウラ「トレーニングマット4」:縦1735mm×横850mm×厚さ約6mm
  • アルインコ「EXP150」:縦1500mm×横900mm×厚さ約9.5mm

 

「トレーニングマット4」よりも3.5mm厚いおかげで、
かなりの重さが加わっても、スポンジが完全には潰れません。

 

他のメーカーのローラー台用マットで、
厚さ6mm以上のものはありませんから、
防振性能が備わっている唯一のマットと言っていいでしょう。

 

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。

厳密には「EXP150」はローラー台用ではなく、
ヨガ、筋トレなんかのフィットネス用に設計されているため、
”縦”の長さは少し短めですが、

だいたいのローラー台ならピッタリ収まってくれるはず。

 

それから「臭いが‥‥」みたいなレビューも多少見られますが、
5cm以内に鼻を近づけないと臭わない程度の微々たるものです。

しばらく使っていれば、それも自然と消えていきます。

 

⑤GROWTAC ブルカット2【効果】★★★★

完璧なローラー台防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150。 GROWTAC ブルカット2

技術屋「グロータック」が開発した
室内トレーナー専用の高性能防振パッドです(詳しくはこちら)。

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。

「ブルカット2」は、上のような四層構造から成ります。

 

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。

空気室の大小異なる2種類のスポンジが重ねられているのは、
25~50km/hの幅広い周波数の振動を吸収するため。

 

完璧なローラー台防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150。 GROWTAC ブルカット2 独自セル構造

空気室のサイズもしっかり計算されています(右側)。

 

 

完璧なローラー台防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150。 GROWTAC ブルカット2 保護メタル 完璧なローラー台防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150。 GROWTAC ブルカット2 保護メタル

また、前作(左側)では、
「荷重の均一化」だけの役割であった
保護メタルにも「スプリング効果」を追加。

 

2種類のスポンジに加え、
保護メタルにも吸収性能を持たせることで、
ローラー台から発生する振動を徹底的にカットします。

 

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。

その結果、床に直置きにした場合と比べ、振動は72%減

しかも、低~高速の全域で有効に働いている点も◎。

 

ここまでコンパクトに洗練されている上に、
十分な振動吸収性も両立させているアイテムは他にありません。

 

 

ローラー台の防音・防振対策5選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 ミノウラ 防振パッド

ちなみに、ミノウラからも「防振パッド」が出ていますが、
グロータックと比べると、あまりに素朴すぎる‥‥

 

これだったらホームセンターでも置いてそうです(^^;

⑥自作の防音・防振床【効果】★★★~★★★★★

振動の激しいローラー台を使うのに、
強力な防音・防振対策が必要な場合。

 

「自作で防音・防振床を作製してしまう」方法もあります。

 

動画のように上から順番に
「ローラー台マット⇒合板⇒耐震素材⇒合板⇒耐震素材」
というのが基本です。

 

ですが、「これだ!」という
明確な正解は無いのが、なかなか難しいところ。

 

「安上がりに、防音・防振効果の高いものを作る」ためには
それなりの”知識”と”工夫”、”経験”なんかが必要になってきます。

 

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 自作 マット⇒合板⇒耐震素材⇒合板⇒耐震素材

例①:合板⇒防音マット⇒合板⇒グラスウールこちらを参照)

 

この組み合わせは、プロも採用する組み合わせだそうです。

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 自作 マット⇒合板⇒耐震素材⇒合板⇒耐震素材

例②:合板⇒衝撃吸収ゲル⇒合板⇒耐震ゴムこちらを参照)

 

ホームセンターで材料を買い揃え、
ローラーの脚にピンポイントで設置することで
安上がりに済ませようと考えた方法。

 

 

調べると色んな自作例が見つかりますから、

もし自作の防音・防振床を作ってみようと思うなら、
それらを参考にすればいいと思いますよ。

個人的にオススメな防音・防振対策

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。 tacx neo smart t2800

発生してしまった「音」「振動」を抑えることは難しいです。

 

と考えると、そもそも
なるべく静かで、振動の小さいローラー台を選んでおくのが一番。

 

ローラー台のタイプは、
タイヤとローラーが接触しない
「ダイレクトドライブ式」がベストですね。

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。7社16種を徹底比較してみた。

 

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 GROWTAC「ブルカット2」+ALINCO「EXP150」

そして、防振対策のほうは、

GROWTAC「ブルカット2」+ALINCO「EXP150」

 

この組み合わせが、最も”スマート”かつ”効果大”だと思います。

 

「EXP150」ではなくMINOURA「トレーニングマット4」だと、
重さでマットが完全に潰れて、
振動が床に伝わりやすくなってしまいます。

 

ローラー台マット7種頂上決戦。 MINOURA ミノウラ トレーニングマット4 ALINCO アルインコ EXP150 重さ 凹み 分厚い

対して、9.5mmある「EXP150」であれば、
凹みはするものの、床に底付きするに至りません。

 

なので、オススメなのは「トレーニングマット4」よりも「EXP150」。

 

 

ローラー台の防音・防振対策6選。ブルカット2、ALINCO EXP150等。 耐震ジョイントマット

必要に応じて、
「ジョイント防振マット(の切れ端)」をプラスするのもアリ。

 

ですが、
あまり色々挟みすぎて”安定感”が損なわれると、
ローラー台や自転車が大きく揺れてしまい、
逆にその揺れが原因となって振動が発生することもありえます。

 

それに、フニャフニャの土台でのローラー台は、
不安定で走りづらいですからね‥‥

 

「防振⇒振動吸収⇒柔らかい素材」と考えがちですが、
「なるべく剛性の高い床をつくる」ことも念頭に置いておく必要があります。

 

スポンサーリンク