この記事の所要時間: 234

 

松木です。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。

発売開始して間もないSACRAのホイール
『KYLE(カイル)』をお借りしました。

 

名前の由来は、
30年前の1980年代より”エアロ”を研究し続け、
その道の第一人者であったChester R Kyle氏。

 

その事から『KYLE』の「空力性能」に関して
相当な自信を持っていることが伺えます。

 

KYLE5 - SACRA Cycling
1.JAXAにて風洞実験!15.4ワット抵抗を低減!(※48km/hで走行時の前後ホイールで軽減できる抵抗値です。)2.チューブレスレディで6ワット転がり抵抗を低減!(※体重...

 

SACRAのHPのほうに『KYLE』の
「風洞実験データ」「実測ホイール/リム重量」「構成パーツ」などの詳細情報、
果ては「各部品の生産国」(笑)まで記載されています。

 

一切包み隠さない姿勢には、好感が持てますね(^^)

 

SACRA『KYLE5』ホイール【乗車前インプレッション編】

ホイールの仕様は、

「50mmハイト」(⇔38mmハイト)
「チューブレス対応クリンチャー」(⇔クリンチャー専用)
「フロント16H/リア21H(2:1組み)」(⇔いくつかのバリエーション有り)
「DBR(振動吸収層)無し」(⇔+0円、片側+30gで、DBR有り)

 

 

乗車する前に、実物に触れて感じたことを、
なるべく客観的、かつ端的に話しておこうと思います。

 

『KYLE』最大のポイントは、やはり”リム”です。

 

スポンサーリンク

50mmカーボンクリンチャーにして434gのリム

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 リム幅 リム高 実測

こちらは、SACRAの初期リムです。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 リム幅 リム高 実測

そして、『KYLE』リム。

 

見た目の上は、あまり大きな違いは無いように思えますが、
「剛性」「強度」が30%高いカーボン素材に変更されています。

 

そして、素材の「強度」が上がったことで、
その分カーボンの厚みを薄くしてつくられており、

また、初期リムと比べて”塗装”にも配慮されている結果、

 

初期リム約515g⇒『KYLE』リム434g(-81g)
(※1:50mmハイトのクリンチャーリムでの比較)
(※2:チューブレス対応『KYLE5』リムは444g)

 

スペシャライズド、ボントレガーなどと
同レベルまで軽いリムに仕上げられています。

 

SACRA『KYLE5』ホイール【乗車前インプレッション編】

ちなみに、MAVICのUST出現によって
ジワジワと人気が広がりつつある ”チューブレス”。

 

『KYLE』に”チューブレスタイヤ”を使用する事に関して
田中さんに質問したさせてもらったところ、

 

  • ユッチンソン&MAVICが推奨、IRCもおそらく可能、VITTORIAはオススメしない
  • タイヤレバー無しで、チューブレスタイヤを脱着できる
  • USTほどではないものの、普通のフロアポンプで問題無くビートに上がった
  • シーラントは、通常通り50ml入れる

1mmワイド化しているリム形状

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 リム幅 リム高 実測

ノギスを使い、リムの寸法を測定してみました。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 1mmワイド化しているリム形状 SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 1mmワイド化しているリム形状

左『KYLE5』、右『4G-50-TU』(初期リム)。

 

「空力」「剛性」アップを狙って、1mm程度ワイド化しています。
(SACRAのHPに書いてある28mmはありませんでした)

 

 

ちなみに()内の数字は『Aeolus 5 D3 TLR』の計測値。

 

リム内幅こそ『Aeolus 5 D3 TLR』のほうが1mm広いものの、
全体的なリム形状は『KYLE5』と、かなり似ていました。

 

スポンサーリンク

フランジチェンジシステムを搭載したハブ(通称ミスリルハブ)

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 フロントハブ ミスリルハブ SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 フロントハブ ミスリルハブ

シンプルで、見るからに軽そうなハブですね。

 

「スポークがかかっている部分」「フランジチェンジシステムの嵌合部分」
には、音鳴り防止のために、グリスがたっぷりと塗られています。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 リアハブ ミスリルハブ SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 リアハブ ミスリルハブ

リアハブ。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 リアハブ ミスリルハブ

フリーボディは、これまでと変わらず「Anti-Bite」

 

R07T-A2C1 R9 Alloy 10s / 11s bitex フリーボディ anti bite ステンレス

アルミフリーボディは軽量な反面、
スプロケが食い込みやすいため、
120度ごとの3か所にステンレス棒が埋め込まれています。

 

R07T-A2C1 R9 Alloy 10s / 11s bitex フリーボディ

そして、フリーボディに見られる
もう一つの特徴が、”ラチェットの爪”。

通常の倍の数である6つあります。

 

どれ程の効果があるのか定かではありませんが、
「爪が多い=掛かりが良い=駆動剛性が高い」という理論です。

 

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 ベアリング

ハブを触っていて、一つ気になった部分が ”ベアリング”。

 

日本製NTNの非接触シールベアリングが入っていて、
滑らかではあるのですが、少なからず抵抗を感じます。

 

気持ちの良い「抵抗無くスルスル回る」を実現したいなら、
セラミックベアリングに打ち換えてグレードアップしておきたい所。

 

ホイールの実測重量

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 スポーク 前輪

まずは、前輪。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 実測重量 重さ

598-10=588g

 

-10gというのは、貼り付けられている
NoTubesの21mm幅リムテープ二重巻き分。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 スポーク 後輪

続いて、後輪。

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。 実測重量 重さ

776.5-10=766.5g

 

前後セット合計588+766.5=1354.5g

 

公表重量1375gよりも-20g軽い!

 

なかなかやりおるわ……

 

 

SACRAホイール『KYLE5』乗車前インプレ。徹底分析してみた。

以上、乗車前インプレッションでした(^^)

 

果たして、肝心の「走行性能」はどうなのでしょうか?

後日、忌憚のない乗車インプレッションを上げる予定です。

 

スポンサーリンク