この記事の所要時間: 157

 

松木です。

 

12速化のeTap

SRAM12スピード無線コンポRED eTap『AXS(アクセス)』

 

「現行の11スピードeTapと比べてどうなのか?」

 

この部分をピックアップしてみます。

 

X-RANGE、XDR、フラットトップ、オービット、DUB――RED eTAP AXSを構築する先進テクノロジー - SRAM RED eTAP AXS Unveil Vol.2
ロードコンポーネントの概念を根本から覆す存在となり得るスラムのRED eTAP AXS。本章では特徴あるX-RANGE ギアリングやフラットトップチェーン、油圧ダンパーを投入し...

 

スポンサーリンク

SRAM無線コンポ新旧比較

クランク

現行モデルのREDクランク。

 

12速化のeTap

そして、12スピードeTap用に新開発されたAXSクランク。

 

アウターとインナーのチェーンリングが一体型の模様。

また、大胆な肉抜きも施されており、明らかに軽量狙い

現行品でも既にDURA-ACEより30gほど軽いのですが……

 

歯数は、50-37T48-35T46-33Tなどが目撃されています。

12速化によってリア10Tが追加されたことにより、
50Tより大きいチェーンリングは不要なのでしょう。
(ギア比:50/10T=55/11T)

 

また、フロントギヤを小さいと、リア変速した際のギア比変化が小さくなり、
ひいては負荷変化がも小さくなるので、脚への負担が軽減されるメリットも。

これをコンセプトを「X-RANGE ギアリング」と名付けています。

シフター

12速 etap レバー 12速 etap レバー

現行モデルのシフター。油圧式ブレーキ用。

 

12速 etap レバー

そして、同じく油圧ブレーキ用のAXSレバー。

 

12速 etap レバー

ボタンに滑り止め用の凹凸が追加され、

 

12速 etap レバー 12速 etap レバー

ボタン電池CR2032の収納場所が下側へと移動。

これは交換しやすさを考えての事でしょう。

最長駆動時間は変わらず24ヶ月

 

スポンサーリンク

フロントディレイラー

12速 etap フロントディレイラー

現行RED。

 

12速 etap フロントディレイラー

AXSの方はバッテリーが小型化……みたいな事は無さそうですね(^^;

FDに大きな変化は見られません。

最長駆動時間は変わらず90時間

リアディレイラー

12速 etap リアディレイラー

現行モデル。

 

12速 etap リアディレイラー

そして、こちらがAXSのRD。

 

12速 etap リアディレイラー

見えにくいですが、プーリーが11Tから12Tになっています。

 

それに、テンションプーリーの方は、
順々に「薄い歯⇔厚い歯」となっている構造、
いわゆるナローワイドというやつですね(^^)

チェーンの保持力が高くなります。

 

最長駆動時間は変わらず60時間

チェーン

12速 etap チェーン

現行SRAM REDチェーン。

 

12速 etap チェーン

続いて、12速用の新型チェーン。

歯に掛からない側がくびれていない斬新な「フラットトップ」デザイン。

 

「シマノに比べると切れやすい」とも言われるSRAMチェーン。

12速になって幅が狭い分だけ「強度」は落ちますが、
それでも中空ピンは健在。

あくまで「軽量化」にはこだわるということか……

 

その代わり、ローラーを大口径化することによって、
11速チェーンよりも「強度」と「耐久性」はUPしているのだそう。

スプロケット

12速 etap スプロケ 12速 etap スプロケ

現行SRAM REDのスプロケット。
(11-25T、11-26T、11-28T、11-30T、11-32Tの5種類)

 

12速 etap スプロケ 12速 etap スプロケ

そして12速用。

歯数のラインナップは10-26T10-28T10-33T

12速になってギアが一枚増える訳ですが、
どうやら「10Tが追加される」というのがメイン。

 

また、裏面に”red”の文字がチラ見している点に注目。

 

12速 etap スプロケ XDR

12速化、トップ10T化に対応すべく
ホイールのフリーボディは「XDR」という独自規格。

これは、MTB乗りには馴染みのある「XD」という規格のロード版です。

 

12速 etap スプロケ XDR

一つ気になるのが「シマノ/現行SRAMのフリーボディとの互換性」

Mavic、ZIPP、カンパ、フルクラムなど、
それからDTハブ、Chris Kingハブの取り付けられたホイールは、
変換キットを組み込めば、XDRハブを取り付け可能なのだそう。

 

 

12速 etap AXS

以上、SRAMの新型無線コンポRED eTap『AXS』に見られる特徴でした。

おそらく夏頃には一般販売開始していることでしょう。

 

12速 etap AXS

そして、リムブレーキ対応の『AXS』も発見されており、
SRAMの新型コンポは、まだディスクブレーキONLYではありません(^^)

 

ありがたや~

 

スポンサーリンク