この記事の所要時間: 233

 

松木です。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。

2018年フルクラム『RACING 3』。

”ワイドリム化”に加えて、他の部分も改善してきました。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。

もともとフルクラム『RACING 3』は、
ミドルグレードにあるまじき”軽快さ”を備えたホイールでした。

 

「ZONDA C17」並みの”コスパ”と、
「ZONDA C17」以上のキレのある”加速性”。

 

 

「『RACING 3』があれば、レースでもいけるんじゃないか?」
と感じるほどに良いホイールでしたから、
モデルチェンジした2018年モデルにも期待が膨らみます。

 

変更点を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

全体像の新旧比較

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。

2017年モデル。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。

2018年モデル。

グラフィックこそ白から黒中心に大きく変わっているものの、
それ以外の違いはパッと見では分かりません。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 リム ハブ

実際のところは、

 

  • リムに新素材6082-T6を使用
  • リムの2mmワイドリム化
  • フロントのリム高が+1mm
  • リムの切削加工の変更(R2)
  • ハブ形状のマイナーチェンジ

 

という5点が大きな変化です。

スペックの新旧比較

詳しく見る前に、ざっくりと新旧比較。

赤色が、変更された部分です。


2018『Racin3』 2017「Racin3」
実測重量 不明(公表1560g 1575g(F:670g/R:905g)
(公表1550g)
リム高 F:27mm/R:30mm F:26mm/R:30mm
リム幅 外22.5mm、内17mm 外20.5mm、内15mm
リム素材 6082-T6アルミニウム アルミニウム
リム切削加工 R2 一面
予想リム重量 460g 450g
スポーク数 F:16本/R:21本 F:16本/R:21本
スポークパターン F:ラジアル組
R:2to1クロスラジアル組
F:ラジアル組
R:2to1クロスラジアル組
スポーク素材 ステンレス ステンレス
スポーク形状 ストレート、エアロ形状 ストレート、エアロ形状
ハブベアリング方式 カップ&コーン方式
(USBではない)
カップ&コーン方式
(USBではない)
ハブボディ素材 アルミ アルミ
フリーボディ素材 アルミではない アルミではない
税込定価 90,720円 76,140円

 

スポンサーリンク

リムの新旧比較

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 リム

2017年モデルのリムは
内側一面を切削して軽量化されていましたが、

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 リム r2 ワイドリム化

ワイドリム化20.5mm⇒22.5mmに伴って
横幅に余裕ができたからでしょう。

切削加工が左右に分断されました。

 

この切削加工は「R2」と名付けられています。

一面切削よりも「R2」の方が軽量化に貢献するのだと思います。

 

 

ちなみに、ワイドリム化によって「空力」「横剛性」の向上、

それから25mmタイヤに最適化されたことで、
「グリップ力」アップなどが期待できます。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 6082-t6アルミ

新型「RACING 3」は、旧型とリム素材自体も違います。

「RACING ZERO」と同じ6082-T6アルミニウムを使用。

 

6082アルミは6000番台の中で最強強度を誇り、
様々な分野で広く使われている代表的なアルミ合金の一つです。

 

  • 7000番台よりも加工しやすくてコストが抑えられる
  • 7000番台よりも軽い(7000番台の比重:約2.8、6082の比重:2.7)
  • 7000番台よりも耐食性に優れている

 

6082アルミは、とにかくバランスの良いのが特徴です。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 T6熱処理

6082-T6の「T6」は、熱処理の一種。

「溶体化処理⇒水冷処理⇒時効硬化処理」を施すことによって
アルミ合金の強度を高めることができます。

 

つまり、この「T6」熱処理を行うことで、
6082アルミに、更に高い強度を獲得させている訳です。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 6082-t6アルミ レーシングゼロ racing zero

「RACING ZERO」は、同じ6082-T6アルミを採用していますが、

旧「RACING 3」や「RACING QUATTRO」「RACING 5」「RACING 7」には、
コストダウンのために、別のアルミが使われていると考えられます。

 

新旧『RACING 3』の価格差が14,580円もあるのは、
「ワイドリム化」や「R2切削加工」よりも
素材の原料費に因るところが大きい気がします。

ハブの新旧比較

「内部構造」や「寸法」に変更はありませんが、
「外観」が少し変わっています。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。

フロントハブ。

わずかな軽量化のために”肉抜き”が見られます。

 

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 リアハブ新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。 リアハブ

リアハブ。

寸法は同じに見えますが、
フリー側のフランジの肉抜きが全然違いますね。

「強度」と「軽量化」のバランスが最適化されたのでしょう。

2018年フルクラム『RACING 3』は買いなのか?

新型リムを採用した2018年フルクラム『RACING 3』。新旧比較してみた。

 

「RACING ZERO C17」同等リム+2017「RACING 3」のハブ&スポーク

 

2018年『RACING 3』は、
「アルミスポーク」「USBベアリング」「アルミフリーボディ」ではない、
コストダウンを図った「RACING ZERO C17」といったイメージ。
(新型『RACING 3』と「RACING ZERO C17」の価格差は57,240円)

 

個人的には、
「アルミスポーク」、”噛み込み”が起こる「アルミフリーボディ」よりも
「RACING 3」のような普通のハブ&スポークのほうが好みなので、

新型『RACING 3』は、本気で欲しいと思えるホイールです。

 

ただ、海外通販だと激安で買える2017年モデルも魅力的で、
23mmタイヤを使うなら、旧型で十分かもしれませんね(^^;

 

Wiggleで2017『RACING3』が4.3万円!

スポンサーリンク