この記事の所要時間: 19

 

松木です。

 

2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

先日の「SPEED 40c」に続き、
全方位型ホイール『Racing Zero Carbon』もリムが新しくなりました。

 

スポンサーリンク

2018年フルクラム『Racing Zero Carbon』のスペック

2018年フルクラム『Racing Zero Carbon』のスペック 2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

『レーシングゼロカーボン』
リム素材:AC3を搭載した二織りカーボン
リムハイト:30mm
リム幅:外幅24.2mm、内幅17mm
スポーク:アルミ製エアロスポーク
スポーキング:フロント16本/リアフリー側14本、反フリー側7本
ハブ:二織りカーボン製ボディ、アルミ製フランジ、USBベアリング
カセット:プラズマ電解酸化処理アルミボディ
公表重量:1340g

 

赤文字の部分が、今回改良が加えられている箇所です。

新しい二織りカーボンリム

2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。 新しい二織りカーボンリム

これまでの『レーゼロ』のカーボンリムは、
「本体ユニディレクショナル+ブレーキ面3K」で、
フルクラムの中で、唯一REYNOLDS製のリムが使われていました。

 

2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。 新しい二織りカーボンリム レイノルズ製

↑ REYNOLDSのホイール「ATTACK」。

 

2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

対する、新しい『レーゼロ』のリム。

全体に「二織り構造のカーボンシート」を使用しており、
旧型リムの面影は無く、完全な別物だと分かります。

 

この二織りカーボンシートには、
「剛性」「反応性」「耐久性」が高いといった
ホイールにはうってつけとも言える特性があります。

 

2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

剛性の高いカーボン素材を使うことで、リムは軽量化

これまでの1358gだったホイール重量は
1340gにまでシェイプアップされました。

 

また、二織りのカーボンは「弾性」が高く
リムが潰れることによるペダリングパワーのロスが少ないので、
更に気持ち良く反応してくれるホイールになっているそうです。

 

スポンサーリンク

その他の2つの変更点

雨天時の制動力の高い「AC3」

雨天時の制動力の高い「AC3」 2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

少し見えづらいんですが、
ブレーキ面に掘られた細い溝が分かるでしょうか?

 

「AC3(All Conditions Carbon Control)」
と名付けられる、この溝加工によって排水性能は向上。

ウェット時の制動力は43%も上がります。

 

詳しくは以下の記事で話しました。

2018カンパニョーロボーラ。新型『AC3』リムでアルミ同等のブレーキ性能を獲得したホイール。

ハブデザインの変更

ハブデザインの変更 2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

現行の『レーゼロ』ハブ。真っ黒です。

 

ハブデザインの変更 2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。ハブデザインの変更 2018フルクラム『RACING ZERO CARBON』がアップデート。更に戦闘力が上がる。

そして、こちらが2018年モデルのデザイン。

ガンメタリックに高級感が漂っていてカッコ良いですね(^^)

 

リムのデザインに合わせるため、
ハブボディーのカーボンにも「二織り」のものが使用されています。

 

Wiggleで『レーゼロ』が38%オフの15万!

スポンサーリンク