この記事の所要時間: 21

 

松木です。

 

【結果速報リザルト】2018年伊吹山ドライブウェイヒルクライム

本日2018年4月15日、
「伊吹山ドライブウェイヒルクライム」が行われています。

 

全長15km、標高差1035m、平均勾配6.9%のロングコース、
3000人規模の、関西を代表するヒルクライムレース。

 

今年は除雪工事がしっかり進んでおり、
フルコース開催の見込みでしたが、

天候が「雨のち曇り」の上に、山頂付近では強風が予想されるため、
昨日、ショートコース(15km→10.7km、獲得1035m→705m)に決定……

 

 

エントリーリスト(一般の部)

 

今年のエキスパートクラスのメンツは濃い!

 

言わずと知れた強豪、兼松選手清宮選手矢部選手の3名を始め、
超絶
森田選手(昨年2位)佐藤選手(昨年4位)仙田選手(昨年7位)、
それに、乗鞍1時間切りの若きヒルクライマー梅川選手

 

昨年の覇者は不在ですが、
上の7名を中心とした激しい闘いが繰り広げられるはず。

 

以下、一般の部、JBCF実業団の
全レース結果・速報リザルトです。

 

スポンサーリンク

2018年の速報結果・レースリザルト

【エキスパートクラス】

一位:森田晃正選手 29分23秒
二位:佐藤拓也選手 30分21秒
三位:兼松大和選手 30分55秒
四位:清宮洋幸選手 31分1秒
五位:仙田直行選手 31分40秒
六位:若松達人選手 31分57秒
七位:猪田洋選手 32分29秒
八位:井上大我選手 32分40秒
九位:下村公孝選手 32分47秒
十位:中西哲健選手 32分48秒
(矢部選手、梅川選手はDNS)

 

WEB上にアップされるとすれば、以下のJBCFページです。

 

【全選手リザルト(一般の部)】

【全選手リザルト(実業団①)】

【全選手リザルト(実業団)】

 

以下、会場に貼り出されていた実業団の結果です。

自分はE3で2位でした。

 

2017年のリザルト、エキスパートクラス10位まで

※積雪により15km→10.7kmの短縮コース。

【全選手リザルト】

【リザルト(実業団)】

 

順位 名前 記録 +Top
1 田中 裕士 28:48.495 +0:00
2 森田 晃正 29:25.150 +0:36
3 矢部 周作 29:25.880 +0:37
4 佐藤 拓也 30:01.531 +1:13
5 井上 貞行 30:18.990 +1:30
6 菊池 洋志 30:36.602 +1:48
7 仙田 直行 30:37.795 +1:49
8 新田 佑哉 31:35.456 +2:46
9 猪田 洋 32:06.214 +3:17
10 柘植 英明 32:19.232 +3:30

2016年のリザルト、エキスパートクラス10位まで

【リザルト(一般)】

【リザルト(実業団)】

 

順位 名前 記録 +Top
1 矢部 周作 44:17.505 +o:oo
2 森田 晃正 44:19.022 +0:01
3 花田 研太 47:50.852 +3:33
4 佐藤 拓也 48:41.402 +4:23
5 井上 大我 49:27.351 +5:09
6 河合 智孝 50:42.542 +6:25
7 織田 善照 54:15.979 +9:58
8 畑 隆文 54:41.004 +10:23
9 松田 麿城 56:19.495 +12:01
10 王竹 友晟 57:20.003 +13:02

2017年までの歴代記録十傑(一般)

残っていた2013年以降のリザルトより。

※2014年、2017年は15km→10.7kmの短縮コース。

順位 名前 記録 大会年度
1 矢部 周作 43:15.745 2014年
2 矢部 周作 44:17.505 2016年
3 森田 晃正 44:19.022 2016年
4 森 正 44:32.384 2013年
5 浦上 康一 45:39.022 2014年
6 兼松 大和 45:40.759 2014年
7 國井 豊晃 45:58.539 2014年
8 中根 恭平 46:00.347 2014年
9 板子 佑士 46:23.062 2013年
10 川村 篤史 46:30.225 2014年

 

スポンサーリンク