この記事の所要時間: 253

 

松木です。

 

獲得が鬼畜なヒルクライム『七葛』『The PEAKS』『エベレスト』

世の中には鬼畜、それゆえ価値がある挑戦が存在します。

 

 

そんな挑戦の中で”ヒルクライム”にまつわるものの話。

 

スポンサーリンク

『The PEAKS』Max 6,176m

「自分が参加したい興奮できるイベントを作りたい!」

 

自分が出たい魅力的なイベントは
残念ながら今の日本には無いですし、

そして、こういうイベントを作って
皆さんとも楽しさを共有し、
味わってもらいたいから作ったのです。

 

ヌルいイベントでは満足できないツワモノが、

この日のために身体を鍛え、

トレーニングを積んで、

自転車も完璧なまでにチューニングして挑む。

 

それでも天候、体調、その他諸状況により
完走できるかどうかはわからないけど、
「絶対完走する!」と臨む厳しいイベントだってあっていい!

 

このイベントにチャレンジするという
その事自体が「凄い!!」とリスペクトされるような
最強のライドイベントを作っていきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「Longridefan.com(⇒HP)」主催の『The Peaks』
2014年の第一回から今までに4度開催されています。

The PEAKS ラウンド1(上田)獲得5070m、制限時間15.5h

The PEAKS ラウンド1(上田)距離153km、獲得5070m、制限時間15.5h
Photo:久住伸之

The PEAKS ラウンド1 2014年9月7日長野県上田

 

2014年9月7日、長野県上田にて初開催(ルートラボ)。

 

  • 出走者  442名
  • 完走者  356名
  • 完走率  80.5%

 

初めて『The PEAKS』の存在を知った瞬間は、
なかなか衝撃的だったなぁ‥‥

The PEAKS ラウンド2(赤城山)獲得5327m 制限時間13.5h

The PEAKSラウンド2(赤城山)距離168km、獲得5327m 制限時間13.5h

The PEAKSラウンド2 2016年7月9日群馬県赤城山 走行距離 168km、獲得標高5327m

 

2015年はコースが確保できず、およそ2年ぶりの開催。

ラウンド2は2016年7月9日、
群馬県赤城山で行われました(ルートラボ)。

 

  • 出走者  244名
  • 完走者  173名
  • 完走率  70.9%

 

天候が雨だったためか、完走率は10%ダウンの70.9%。

 

これは、トライアスロンの最長種目
「アイアンマン」なんかよりも低く、

100㎞マラソンなんかに近い数字です。

The PEAKS ラウンド3(熱海)標高4841m、制限時間11.5h

The PEAKSラウンド3 2017年4月23日静岡県熱海市 走行距離 163km、獲得標高4841m

 

ラウンド3、2017年4月23日静岡県熱海市

走行する順番の自由度が増し、
頭を使う戦略的要素が追加されました。

 

  • 出走者  256名
  • 完走者  108名
  • 完走率  42.2%

 

ただ、その複雑なコース設定によって
迷って時間をロスしてしまう人が続出。

さらには制限時間短縮という要因が重なって、
過去最低の完走率を記録してしまったラウンドです。

The PEAKS ラウンド4(奥多摩)標高6176m、制限時間13.6h

The PEAKSラウンド4★★★★★ 2017年9月3日東京都奥多摩 走行距離194km、獲得標高6176m

 

ラウンド4、2017年9月3日東京都奥多摩ルートラボ)。

 

複雑なコースが挑戦者を苦しめたラウンド3とは違い、
『The PEAKS』史上、最長&最高獲得のド直球勝負と名打った大会。

 

距離194km、獲得標高6176mのコース設定で、
最高レベルの★★★★★が付けられました。

 

  • 走者数  279名
  • 完走者  205名
  • 完走率  73.5%

 

The PEAKSラウンド4(奥多摩)標高6176m、制限時間13.6h 変態割

スタート時間を30分遅らせるハンデを負う「変態割」(-1,000円)

スタート時間を1時間遅らせるハンデを負う「ド変態割」(-3,000円)

面白い!

The PEAKS ラウンド5(蓼科)&6(熱海)ともに獲得5154m

2018年最新の『The PEAKS』は、
ラウンド5が7月8日長野県蓼科(たてしな)
ラウンド6が9月30日静岡県熱海2にて開催予定。

 

熱海のほうはラウンド3のリベンジマッチ。

ほぼ同じコースです。

 

現在申し込み受付中⇒スポーツエントリー

 

The PEAKSラウンド5&6★★★★~★★★★★ 第一弾のラウンド5は7月8日(日)に長野県蓼科 走行距離193km、獲得標高5,154m

ラウンド5の蓼科(たてしな)のコースプロフィール(ルートラボ)。

 

麦草(むぎくさ)峠の部分、コースを伸ばす「ド変態増し」に注目。

 

エントリーフィーが-2,000円、「変態」ステッカーもプレゼント

エントリーフィーは-2,000円、「変態」ステッカーもプレゼント。

 

ただし、+33㎞、+1042mUPとなり、
総距離226km、総獲得標高6196mと、
尋常じゃない事になります‥‥

『七葛』4,675m

七葛 コース

関西では、それなりに知名度の高い『七葛(ななかつ)』。

和泉葛城山を七方より7回上ります。

自前の『The PEAKS』といったところ。

 

【攻略前編】獲得標高4,675mの『七葛』。七方から葛城山を攻めるクレイジーチャレンジ。

昨年6月にやりました。

距離、獲得標高こそ『The PEAKS』に及ばないものの、
上りの平均が8%と、勾配が凝縮されていて、
血反吐を吐きそうになるぐらいキツかったです‥‥

 

詳しくは、下の戦記でw

 

【戦略編】獲得標高4,675mの『七葛』。七方から葛城山を攻めるクレイジーチャレンジ。
【攻略前編】獲得標高4,675mの『七葛』。七方から葛城山を攻めるクレイジーチャレンジ。
【攻略完結編】獲得標高4,675mの『七葛』。七方から葛城山を攻めるクレイジーチャレンジ。

 

スポンサーリンク

『ZWIFT エベレスト』8,848m

8,848m『ZWIFT EVERESTED!』 獲得が鬼畜なヒルクライム『七葛』『The PEAKS』『エベレスト』

最近ドハマリしている
ローラー台オンラインゲーム「ZWIFT」

 

2015年の発売から会員数は伸び続け、
現在、全世界で50万人の登録者がいます。

 

ZWIFT BADGES(バッジ)(=旧アチーブメント)一覧

ゲーム内には、条件を満たすとバッジが手に入る
「アチーブメント」という仕組みがあります。

 

このアチーブメントには、
プレイヤーをゲームに慣らす目的のような
簡単なものも多いのですが、

 

ZWIFT エクストラクレジット

中には、存在自体が隠されており、
さらに、達成するにも身体能力的難易度の高いアチーブメント、
「エクストラクレジット」が隠されています。

 

その中の一つ。

 

ノーマルアチーブメント12+サイクリングアチーブメント15 +隠れアチーブメント14種類の計41種類 extra credit エクストラクレジット EVERESTED 1回のライド中に獲得標高8848m

「EVERESTED!」

 

達成条件は「1回のライド中に獲得標高8,848m」のようです。

 

休憩せずに走り続けたとして、

そこそこ健脚の人でさえ
12時間前後はかかるであろう
極限とも言えるヒルクライムサバイバル。

 

いずれ挑戦してみたいですね(^^;;

 

 

以上、悪魔じみたヒルクライム集でした。

 

「クライマーよ大志を抱け」

 

スポンサーリンク