この記事の所要時間: 156

 

松木です。

 

LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。

LOOKのミドルグレードペダル「KEO 2 MAX」が
久しぶりにモデルチェンジされます。

 

ある2つの改良によって
「パワー伝達性」「滑らかな回転」が良くなったようです。

 

 

LOOKペダルを使い続けて7~8年。

色々なモデルを使ってきましたから、
今回の新商品もやはり気になりました。

 

少し「おっ」と思わせるところがありましたね。

 

スポンサーリンク

クリートが設置するステンレスプレートが拡大

クリートが設置するステンレスプレートが拡大 LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。

ペダルボディに組み込まれたステンレスプレート。

 

このプレートの広さは、

「ペダルの耐久性」
「パワー伝達効率」
「足元の安定感」

などに関わってきます。

 

新しい「ケオ2マックス」では、
プレートの横幅を3mm伸長。

縦方向にも広がり、
結果、プレート面積は340㎟から500㎟までに拡大しました。

 

クリートが設置するステンレスプレートが拡大 LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。 クリートが設置するステンレスプレートが拡大 LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。

ただ広くするだけで意味がありません。

新しいプレートは、
クリートと一致する形状になるようにつくられています。

 

 

接地面の狭いペダルは、
足元が不安定で、足首が動きやすく、
十分なパワーをペダルに伝えることが難しくなります。

 

そう考えると、今回のステンレスプレートの拡大は、
ビンディングペダルとして一番重要な改善だと考えられます。

スタックハイトの伸長

その反面、「スタックハイト」は伸びてしまいましたね(^^;

 

スタックハイト LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。

「スタックハイト」というのは、
シューズの底からペダル軸までの距離のこと。

 

この距離が短いほど”ダイレクト感が増す”とされています。

正直、数mmで体感できる違いがある訳でもないんですが、
「スタックハイト」が短い越したことはありません。

 

旧型の「KEO 2 MAX」が15.7mm。

「ルックの上位モデル」や「シマノ」「タイム」のスタックハイトは13~14mm程度。

「スピードプレイ」に至っては11.5mmです。

 

「スピードプレイ」愛用者の中には、
このスタックハイトの短さを気に入っている人も多いですね。

 

そして、新しい「KEO 2 MAX」は17.3mm

平均よりも3mmほど長いですね。

ペダル軸内部に新たなパーツを追加

ペダル軸内部に新たなパーツを追加 LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。
ペダル軸内部に新たなパーツを追加 LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。 ニードルベアリング カートリッジベアリング

LOOKのペダル軸の中身はこんな感じ。

軸の先端のほうにニードルベアリング、
軸の根元のほうにカートリッジベアリングが設置されています。

 

新しい「ケオ2マックス」には、
その2つのベアリングの間に
”円錐状の樹脂スペーサー”が組み込まれます。

 

このパーツのおかげで、
ペダルの回転が滑らかに改善されました。

 

おそらくこの理屈は
「ペダル軸と、ボディ、ベアリング3者の隙間を埋めることで
ペダル全体が安定するから」ということだと考えられます。

 

スポンサーリンク

新型「KEO 2 MAX」 VS アルテグラ「PD-R8000」

新型「KEO 2 MAX」 VS アルテグラ「PD-R8000」 LOOK KEO 2 MAXペダルが8年ぶりにモデルチェンジ。パワー伝達性と滑らかさが向上。

「ケオ2マックス」の対抗馬として挙げられるのが、
シマノのアルテグラグレード「PD-R8000」でしょう。

 

「ケオ2マックス」にはボディがカーボンの計量モデルもありますので、
それも加えて比較してみます(一応「PD-5800」も)。

 

  KEO 2 MAX KEO 2 MAX
CARBON
PD-R8000 (PD-5800)
 重量  260g  250g 248g 285g
 ステンレスプレートの広さ  500㎟  500㎟ クリートと接地する
必要最小限
アルテより広め
 軸素材  クロモリ クロモリ ステンレス クロモリ
 ボディ素材  カーボンではない  カーボン カーボン カーボン
 スタックハイト  17.3mm 17.3mm 15.5mm 16.2mm
 税込定価  ¥11,880  ¥14,040 ¥15,721 ¥12,371

 

両メーカーとも使ったことがありますが、
クリートの脱着のしやすさは似たり寄ったりです。

 

LOOKのほうは「踏み面が広くて、安い」、
ULTEGRAのほうは「少し軽くて、スタックハイトが短い」のが特徴ですね。

軸素材なのがステンレスなのも錆びにくくて良いです。

 

う~ん、一長一短があって甲乙つけがたい(^^;

 

旧型ですが、Wiggleで46%オフになってますね(画像クリック)

スポンサーリンク