この記事の所要時間: 232

 

松木です。

 

旧型 velocis 2018 ヴェロシス ヘルメット

「BALLISTA(バリスタ)」と並ぶ
ボントレガーのフラグシップヘルメット、
それが「VELOCIS(ヴェロシス)」です。

 

ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。 クーリング性能 ベンチレーション

今シーズン初め頃から、
コンタドールや別府さんなど、トレック・セガフレードの選手が、
見慣れないボントレガーヘルメットを被っていて気になっていました。

 

 

旧型と名前は同じながら、
見た目も中身もまったくの別もの。

 

丸みを帯びた空力学的形状で、
エアロも意識していることが分かります。

 

果たしてどういった機能が搭載されているんでしょうか?

 

スポンサーリンク

4つの特徴

動画を見てもらうと分かりますが、
空力性能以外に、次の4つの特徴を持っていることが分かります。

 

  1. 高いクーリング性能
  2. 保護性を高める「MIPS」
  3. パッドに取り入れられた「37.5」テクノロジー
  4. BOAダイヤル

①高いクーリング性能

ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。 クーリング性能 ベンチレーション

正面に5つ、頭頂部に1つ、後ろに6つ、
計11つのベンチレーション(空気孔)が設けられています。

 

穴の開き具合だけ見れば、旧型も引けを取りませんが、

 

ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。 クーリング性能 ベンチレーション

コンピューター解析と試作品による綿密な実験により、

それぞれの穴にどのように空気が入り、
ヘルメット内のどこを通って、
後ろのどの穴から出ていくのか、といったことが計算されています。

 

その結果、旧作よりヘルメット内を流れる空気量が多く、
非常に優れた冷却効果を発揮します。

 

この考え方はOGK「AERO-R」に近いものを感じますね↓

『OGK KABUTO初のエアロロードヘルメット「AERO-R1」をインプレ』

②保護性を高める「MIPS」

MIPS ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。

ヘルメット内には「Mips」のマークの入った
プラスチックっぽいシートが入っています。

 

「MIPS」は、
Multi-directional Impact Protection Systemの略で、
日本語にすると「多方向衝撃保護システム」と言います。

 

 

斜めからの衝撃に対して「MIPS」は作動し、
頭部への局所的なダメージを減らしてくれます。

 

下の動画を見てもらうと分かりますが、その効果は絶大です。

 

 

ロードバイクに乗っていて落車してしまった場合、
身体が前へ移動しながら頭を地面にぶつけるケースがほとんどですから、
MIPSはほぼ100%機能して、頭への衝撃を緩和してくれることになります。

 

ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。 クーリング性能 ベンチレーション 後頭部

また、旧型よりも被った際の深さが増しており、

特に、致命傷になりかねない後頭部付近は、
下のほうまで広くカバーしてくれる設計になっています。

 

安全性を重視した結果、
旧型よりも20gほど重くなっているのは仕方ありません。

パッドに取り入れられた「37.5」テクノロジー

37.5テクノロジー ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。

今までのボントレガーヘルメットには無かった「37.5」テクノロジー

 

優れた吸水速乾性があり、
肌を37.5度を保つことから、この名前が付けられています。

 

37.5テクノロジー ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。

上の写真は、
ヤシの身の殻や火山性鉱石を元にした「微多孔質活性粒子」の顕微鏡画像ですが、
この粒子が「VELOCIS」のパッドに練り込まれています。

 

この粒子には、比較的大きな穴が開いており、
その穴が水蒸気を捉え、素早く蒸発することで温度を保つという仕組みです。

 

この粒子は、熱に反応することで活発となる性質があり、
熱を帯びれば帯びるほど、その効果は強く発揮してくれます。

④BOAダイヤル

BOAダイヤル ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。

新型「ヴェロシス」は、
後頭部の調整ダイヤルに「BOA(ボア)」を採用。

 

シューズには取り入れられていた「BOAダイヤル」。

実際のところ、今までの普通のダイヤルと比べて、
特段優れている訳でもないのですが、

 

「包み込まれるようなフィット感」

「細かなノッチ」

「紐によるスマートな見た目」

 

などに定評のあるダイヤル機構です。

GIRO「SYNTHE(シンス)」との比較

GIRO「SYNTHE(シンス)」 との比較 ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。

紹介動画内でも触れられていましたが、
新型「VELOCIS」は、GIRO「SYNTHE(シンセ)」と見た目はかなり似ています。

 

「MIPS」搭載なのも同じです。

 

この両者の性能を比べてみると、

 

VELOCIS SYNTHE
重量(Mサイズ) 260g 272g
安全性能
空力性能 48km/hで-10.8g 基準
クーリング性能 優れる 劣る
税抜価格 25,000円前後
(バイザー付き)
34,000円

 

被り心地もボントレガーのほうが良いですし、
「VELOCIS」の圧勝というところでしょうか?

 

ちなみに「48km/hで-10.8g」というのは、”少し有利”程度の数字です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ボントレガー2018新型「VELOCIS」。冷却性、安全性を極めしエアロヘルメット。 クーリング性能 ベンチレーション

 

現在、「BALLISTA」を使っていますが、
夏でも使えるレベルの冷却効果があります。

 

ただ、本当に暑い日だと、
ヘルメット内の温度が上がり過ぎるのも事実で、
そんな日には、大きな穴の開いた別のヘルメットを使い分けています。

 

 

頭部の冷却が足りず、オーバーヒートしてしまうと、
頭がボーッとしてパフォーマンスにもろに影響しますし、
熱中症になる恐れも出てきます。

 

そう考えると、冷却効果が必要になる
「夏の暑い日」や「長い登りを走るとき」には
「バリスタ」よりも「ヴェロシス」のほうが向いているでしょう。

 

 

「MIPS」「後頭部の保護」という防護性能の高さも
万が一の落車を考えると、安心感がありますし(^^)

 

 

3つのサイズ展開(S、M、L)と
5、6種類のカラーラインナップ(赤、白、黒、蛍光イエロー、マゼンダ)。

ただ、日本で発売されるのは、この内の3、4種類のカラーでしょう。

 

スポンサーリンク