この記事の所要時間: 21

 

松木です。

 

【2018年モデル】MERIDAエアロロードバイク新型『リアクト』が明かされる。

2013年の登場より4年。

ついに、メリダの「REACTO」がモデルチェンジされます。

 

REACTO 新城

リアクトと言うと、新城幸也選手がよく使っていて
「オールラウンドなエアロロードバイク」というイメージがあります。

 

新型「リアクト」の詳細を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ヘッドチューブに出っ張り

ヘッドチューブに出っ張り  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。

まずはヘッド周り。

 

ステムの後ろ側に「コブ」があります。

 

ヘッドチューブに出っ張り  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。 ZXRS 剛性

タイムの「ZXRS」なんかも同じような造形です。

これは剛性を高めて、ハンドリングを安定させる目的がありました。

 

ただ、メリダの新型リアクトのほうは
「ZXRS」よりも滑らかな形状をしていて
剛性以上にエアロ効果を狙っている部分が大きいように思います。

 

ステム後ろというのは乱気流が発生しやすいですから、

ハンドル⇒ステム⇒トップチューブ

と空気がキレイに流れるようにする工夫です。

フォークとダウンチューブが一体感ある形に

フォークとダウンチューブが一体感ある形に  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。

続いて、フォークとダウンチューブのつなぎ目。

この部分に段差ができないような、一体感ある形になっています。

 

こちらは現行モデルですが、そうはなっていません。

 

cervelo s5 フォーク dogma F10 フォーク

例えば、CERVELO「S5」やPINARELLO「ドグマF10」なんかも
フォークとダウンチューブの段差が無くなるように設計されていて、
この部分の空気抵抗が、意外と大事だということが分かります。

ケーブルの取り回し場所の変更

ケーブルの取り回し場所の変更  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。

新型「REACTO」は、ディレイラーのケーブルと
BB下に位置するリアブレーキのケーブルが、
ダウンチューブからまとめて入っていきます。

 

ケーブルの取り回し場所の変更  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。

今まではトップチューブにケーブルの入り口がありました。

 

これだとケーブルの露出は多くて煩わしいですし、
ケーブルを通しづらくてメンテナンス性も悪かったので、
入り口をダウンチューブに変更したのは得策です。

シートポストの「S-Flex」構造の変更

シートポストの「S-Flex」構造の廃止  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。

シートポストにくびれを持たせてサスペンション構造にし、
更に、そのくびれ部分にゲルを貼り付けた「S-Flex」システム。

 

一見良さそうに見える「S-Flex」も、
その効果はイマイチ体感できませんでしたし、
「ゲルが取れる」なんていう不具合もあったりしました。

 

新型「リアクト」には、「S-Flex」は形を変えて継続されます。

 

旧型より、縦に長く、なおかつしっかりしてそうに見えます。

シートステイが細く、曲がっている

シートステイが細く、曲がっている

「S-Flex」を廃止した代わりに、
シートステイで快適性を発揮させようという考えなんでしょうか。

シートステイは、かなり細身になっています。

 

先ほど掲載した旧型モデルの写真と比べてもらうと、よく分かります。

 

シートステイが細く、曲がっている  【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。

シートステイを細くするのに加え、
現行モデルよりもハの字の曲がり方をキツくして、
路面からの突き上げをいなせるような形に
なっています。

 

 

新しい「S-Flex」に加え「細く、ベントさせたシートステイ」によって
従来モデルよりも10%快適性が向上しています。

新旧重量比較

新型 旧型
フレーム(M/L) 1,010g 1,250g
フォーク 368g 406g
シートポスト 206g 300g
ヘッドセット 53g 60g
合計 1,666g 2,016g
-350g

 

「チューブの薄型化」と「カーボンレイアップの最適化」によって大幅に軽くなりました。

 

新型がメチャクチャ軽いってわけではありませんが、
”エアロロード”というジャンルの中ではトップクラスです。

乗車インプレッション

シクロワイアードのインプレッション記事↓

メリダ REACTO TEAM-E 空力性能向上と軽量化を果たし進化した第3世代のエアロロード - 2018モデルインプレッション
2018年モデルとしてフルモデルチェンジを果たしたメリダのエアロロード「REACTO TEAM-E」をインプレッション。フォルムは前作を踏襲しつつ、エアロダイナミクスの向上と...

 

スポンサーリンク

新型「リアクト」のまとめ

【2018年モデル】MERIDA新型エアロロードバイク『リアクト』が明かされる。 REACTO

ヘッドチューブの、下部ヘッドセットベアリングは
1-1/2インチから1-1/4インチへとスリム化され、
前面投影面積を縮小。

 

FSA「メトロン5D」ステム一体型ハンドルを含めた
車体全体の空気抵抗削減効果は45km/hで-5%(旧型比)、
すなわち、8wの出力削減に成功しています。

 

 

新型「REACTO」は”よりエアロに速く”
”快適性を持たせて乗りやすく”、”軽く”
という分かりやすい正当進化を遂げていました。

 

ケーブルの入り口の位置を含め
ネガティブに感じる変更は1つもありませんし、
現行モデルよりも良くなっているのは間違いありません。

 

メリダ REACTO TEAM-E 空力性能向上と軽量化を果たし進化した第3世代のエアロロード - 2018モデルインプレッション
2018年モデルとしてフルモデルチェンジを果たしたメリダのエアロロード「REACTO TEAM-E」をインプレッション。フォルムは前作を踏襲しつつ、エアロダイナミクスの向上と...

 

スポンサーリンク