この記事の所要時間: 214

 

松木です。

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 orbea ナセル・ブアニ

スペインのブランド「ORBEA(オルベア)」が
エアロロード『Orca Aero(オルカエアロ)』を発表。

 

猛獣スプリンター「ブアニ」擁するコフィディスが
ツール・ド・フランスで『Orca Aero』に乗って戦っています。

 

風洞実験800回以上、開発期間18カ月にも及んだ
『Orca Aero』の詳細を見ていきます。

 

スポンサーリンク

コンセプトは「圧倒的エアロ」と「パワー負けしない剛性」

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 orbea カムテール キャニオン aeroad

始めにOrbea『Orca Aero』を見た時、
Canyon「Aeroad CF SLX」が思い浮かびました。

 

”フレーム全体の輪郭”

”ダイレクトマウントブレーキ方式”

”下方にオフセットされたシートステイ”

 

といった共通点が見て取れます。

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 orbea カムテール 【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 orbea カムテール

 

『Orca Aero』のフレーム全体に渡って採用されるのは、
”エアロ” ”剛性” ”重量”のバランスが最適とされる「カムテール」

NACA カムテール 【2018年モデル】エアロと運動性能が大幅に向上したラピエール新型『AIRCODE』

流線型の後ろをスパッと切り落とした形(濃い青色部分)です。

 

 

『Orca Aero』開発を始めるにあたり、

「圧倒的エアロロードバイク」 「剛性と重さも考慮したエアロロードバイク」

どちらが欲しいか選手たちに質問を投げかけた結果、
「剛性と重さも考慮したエアロロードバイク」だと答えたそうです。

 

その答えを受けての「カムテール形状」採用だったのでしょう。

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 トップチューブ ダウンチューブ シートステイ 剛性

「エアロ」と同時に「剛性」も重視した『Orca Aero』は、
”トップチューブ~ダウンチューブ~BB(386EVO規格)~チェーンステイ”
のフレーム下半分が、意図的にごつく作られています。

 

ヘッドチューブ下側ベアリングのサイズが、
ロードバイク最大の1-1/2インチなのも、
エアロよりもハンドリング剛性を優先してのこと。

 

結果、オルベア史上最高剛性(104Nm)を獲得。

 

 

そして、フレーム単体重量は1,150g

軽くも重くもない重さに落ち着いています。

 

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 フォーク

この『Orca Aero』最大の特徴と言える部分がフォークです。

 

 

今年初め頃、UCIルールが変更になり、
過度なエアロ形状を禁止していた
「フレーム縦横比3:1ルール」が撤廃されました。

 

そこで『Orca Aero』では、
フォーク形状を薄く、そして後方へと長く伸ばて、
理想的な流線型を追求。

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 フォーク

さらに、OrbeaのTTバイク「Ordu(オルドゥ)」や
軽量オールラウンドバイク「Orca OMR」同様、
「フリーフローコンセプト」も取り入れました。

 

フォークを外側への弓なり形状にして前輪との隙間を確保することで、
空気の乱流を抑えるという考え方です。

 

これは、GARNEAUのエアロロード「GENNIX A1」にも採用される技術で、
前方のみならず、斜めからの風に対しても空気抵抗削減効果があります。

 

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 VISION metron 5D【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 VISION metron 5D

ヘッドチューブ上部は、「AIRCODE」と似た
フレームにめり込んだような一体感あるデザイン。

 

コックピットは、ステム一体型エアロハンドルの
Vision「Metron 5D」をアッセンブルするように推奨されています。
(普通のハンドル、ステムも使えます)

METRON 5D ステムハンドル一体型 METRON 5D ステムハンドル一体型

写真のように、「Metron 5D」の裏側には
ジャンクションA、Di2ケーブルを収納できるギミックが設けられています。

 

高剛性の代わりに、395g(420mm)と特別軽くはありませんが、
スプリンターにうってつけのハンドルだと思います。

 


(画像クリックでオンラインショップへ)

Orbea『Orca Aero』のその他の特徴

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 ケーブルの取り回し

リアブレーキとDi2ケーブルは、
トップチューブ右側からフレーム内へと入っていきます。

 

そして、新しいジャンクションA「EW-RS910」は、
「Dogma F10」や「Teammachine SLR」と同じように
ダウンチューブに埋め込みできる構造です。

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 ダウンチューブ ジャンクションA

ここのポートに使用するカバーは、
Di2、eTap、機械式、どの方式で組むかによって3種類用意。

 

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 サドル やぐら

こちらは、シートポストのヤグラ部分。

 

サドルレールの前後位置を決めるネジと、
サドル角度を決めるネジが別々になっていて、
位置調整はしやすそうに見えます。

 

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 シートクランプ

シートポストの固定方法は、
フレームと統合されたデザインながら、
臼式ではなく、クランプ方式

 

確実な固定力を考えると、これは正解ですね(^^)

 

スポンサーリンク

まとめ

【2018年モデル】『ORCA AERO』。空洞実験800回に及んだオルベア初のエアロロードバイク。 

一般的なステム、ハンドル、ブレーキが使える汎用性の高さを兼ね備えつつも、
3:1ルールに縛られない扁平フォークと、独自の空力理論に基づくフレーム形状によって
「Madone 9」や「Venge Vias」にも匹敵するエアロ効果を獲得した『Orca Aero』。

 

50kmTT(50km/h)をした場合、
『Orca Aero』は、「Orca OMR」に比べて27wセーブ
時間にして82秒、距離にして1000m以上のアドバンテージを生み出します。

 

スピードマンには最適な1台と言えるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク