この記事の所要時間: 234

 

松木です。

 

2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

CEEPO(シーポ)『SHADOW(シャドウ)-R』

 

トライアスロンに興味が無くとも、
その近未来的なデザインに
ついつい目が奪われてしまうはず……

 

2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

パッと見では、どうなっているのか理解できない前輪部分。

 

今まで見たことも聞いたことも無い
「サイドフォーク」という全く新しい概念です。

 

泥除けのように伸びたフォークが、
前後方向からフロントホイールを支えます。

 

スポンサーリンク

CEEPO『SHADOW-R』のスペック

CEEPO『SHADOW-R』のスペック 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

【素材】40トン ハイモジュラスカーボン100%
【重量】フレーム2230g、フォーク1450g(Mサイズ)
【仕様】ディスクブレーキ&電動コンポ専用
【BB規格】
EVO386
【シートポスト】前後リバーシブル、二重固定式
【対応歯数】50T真円~56T楕円(FD台座の取付位置がHigh/Lowの2種類アリ)
【サイズ】S/M/Lの3サイズ
【発売時期】2018年7月中旬
【公式HP】http://www.ceepo.com/portfolio/2019-shadow-r/こちらで拡大画像を見れます)

 

フォーク重量だけで、ロードバイクフレームセット並みですね(^^;

 

シートポスト固定方式 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

シートポスト固定方式は秀逸。

 

二重に固定することで、
シートポストの”ズリ落ち”を防止できますし、

遠征の運搬時にシートポストを抜いても、
クランプが目印となって、サドル高を変えずに戻せます。

 

エアロロードにも、このクランプを付属させてくれればいいのに……

至上命題は「極限のエアロダイナミクス」

2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク VIPER-R

これまでのシーポ社フラグシップモデル『Viper(バイパー)-R』

 

至上命題は「極限のエアロダイナミクス」 2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

乱流を発生させ、大きな空気抵抗の原因となる
「縦方向の長いチューブ」はこれだけ存在します。

 

至上命題は「極限のエアロダイナミクス」 2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

 

それに対して、
通常のフォーク、シートチューブ、シートステイの3本を排した
シーポ『シャドウ-R』の場合、

 

至上命題は「極限のエアロダイナミクス」 2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

空気抵抗となる「縦方向の長いチューブ」はごく僅か。

 

ダウンチューブも前輪に完璧に沿わせているため、
乱流を引き起こす要因とはなりえません。

 

至上命題は「極限のエアロダイナミクス」 2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

中間部分の気流は一切乱されておらず、
非常にスムーズに流れているのが分かりますね(^^)

 

至上命題は「極限のエアロダイナミクス」 2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク

また、サイドフォークは、
空気をかき乱すハブ周辺を包み隠す役割も果たします。

 

スポンサーリンク

両立する快適性

縦方向のチューブを無くしたことによる副次的なメリットとして
「乗り心地の向上」があります。

 

両立する快適性 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

路面から”突き上げ”があった際、
フレームの各部分が上下にしなる「ダンピング効果」によって、
体に伝わってくる不快な衝撃を減衰。

 

両立する快適性 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

アイアンマンレースの場合、
180.2kmもの距離をバイクで走り(日本最長の佐渡トライアスロンは190km)、
その後、さらに42.195kmのフルマラソンを走らなければなりません。

 

よって、クッション性を備えた『SHADOW-R』は、
空気抵抗削減によりバイクパートのタイムを短縮できるだけでなく、
疲労の蓄積を極力抑え、続くランパートのタイムアップにも貢献します。

「ハンドル周辺」「フォーク」の構造はどうなっているのか?

フォークの構造はどうなっているのか? 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

ヘッド周りの拡大図。

 

まず、エアロバーには、
最新のVision『Metron TFA』が装着されています。
(一般的なハンドルとステムも使用可)

 

フォークの構造はどうなっているのか? 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

続いて、ヘッド周辺の構造を図に示しました。

 

フォークの構造はどうなっているのか? 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイクフォークの構造はどうなっているのか? 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

フォークコラムから伸びているサイドフォークマウントは、
Di2ジャンクションAのスペーサーマウントを連想させますね。

 

フォークの構造はどうなっているのか? 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

構造を考えると、
赤丸の部分は本当に必要なのか?」
という疑問が少し浮かんできますが、

 

  1. デザイン性
  2. 空力の向上
  3. サイドフォークの強度UP(ヘッドチューブ下部だけでは脆弱)

 

こういった存在理由が思いつきます。

 

ケーブルルーティン 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

それから、
フロントブレーキへのケーブルの取り回しですが、
おそらくこのような感じではないでしょうか?

 

前方左側に見える”穴”は、
ホースをブレーキ本体へと導くために必要なのでしょう。

2か所の内蔵収納スペース「BENTO BOX」&「TOOL BOX」

2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク 補給食ボックス

上からのアングル。

 

2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク 補給食ボックス

トップチューブに”スリットの入ったラバー”

 

2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク ツールボックス

下からのアングル。

 

2019 CEEPO『SHADOW-R』フォークを排した近未来型TTバイク ツールボックス

BB下付近に「TOOL BOX」と書かれた蓋が確認できます。

 

2か所の内蔵収納スペース「BENTO BOX」&「TOOL BOX」 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク

つまり、補給食を入れておくための「BENTO BOX」(「BENTO」は世界共通語)と、
予備のタイヤ&チューブ、携帯工具などを収納しておく「TOOL BOX」は、
上図の位置に用意されていることになります。

 

ちなみに、Sサイズのみ「BENTO BOX」が無く、
代わりに汎用の収納ボックスを取り付け可能とのこと。

7~8月にかけて全国で試乗会を開催

試乗会 2019 CEEPO『SHADOW-R』斬新すぎるサイドフォーク搭載のトライアスロンバイク
(開催中の2018「ユーロバイク」のCEEPOブース)

『Shadow-R』の「直進安定性」「巡行性」「乗り心地」を
体感できる試乗会が、7月下旬より全国各地で予定されています。

 

  • 大阪:7月29日(日)
  • 福岡:8月4、5日(土、日)
  • 名古屋:8月11、12日(土、日)
  • 東京:8月18、9日(土、日)

 

場所や時間などの詳細情報は、
また後日CEEPO JapanのFacebookページのほうで案内されます。

 

「遠征しやすい」と謳われているのですが、
誰がどう見たって、邪魔で持ち運びにくいフォークです(笑)

フォークが簡単に取り外しできる構造なのでしょうか?

 

そういった疑問をぶつけてみたり、
間近で実車を拝むためにも、脚を運んでみたいですね(^^)

 

スポンサーリンク