この記事の所要時間: 238

 

松木です。

 

『RERE』爆誕。チャプター2が第二作目にして初のエアロロードを発表。

日本でもジワジワと人気を集めつつある
ニュージーランドメーカー「チャプター2」

 

ニールプライドの創業者であったマイク・プライド氏(左)が、
「自分が本当に乗りたいと思うバイクを作りたい」という想いから再スタート。

 

まさに彼の”第二章(=チャプター2)”の幕開けを告げるブランドです。

 

CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

初作『TERE』が日本に上陸したのは去年の夏。

 

ニールプライドにて培った技術に磨きをかけた
高次元で、かつ穴の無い性能を備えているバイクです。

 

『RERE』爆誕。チャプター2が第二作目にして初のエアロロードを発表。 マオリ

さらに、ニュージーランドの先住民族「マオリ」伝統の柄。

 

「未開の道」を象徴している
他に類を見ないデザインによって、

『TERE』の人気は瞬く間に広がっていきました。

 

 

CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

それから、およそ8ヶ月。

早くも次期モデルとなる『RERE』が発表されました。

 

『TERE』が、マオリの言語で”すばやい、迅速”という意味の
軽量オールラウンドモデルであったのに対し、

『RERE』は、マオリ語で”流れ”を意味するエアロロードです。

 

その特徴を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

風洞実験により徹底追及されたエアロ形状

CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

ニュージーランドの最高学府であるオークランド大学。

 

その風洞実験施設にて”エアロダイナミクス”が解析され、
『RERE』のフレーム形状は煮詰められていきました。

ステム一体型ハンドル『MANA』

CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕! ステム一体型ハンドル『MANA』

ステム一体型のエアロハンドル『MANA』

『MANA』は、マオリ族の言葉で”パワー”を意味します。

 

つまりは「エアロ」であるのは当然として、

たとえスプリントで強い力を加えたとしても
ヨレることのない「高剛性」も持ち合わせているのでしょう。

 

CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕! ステム一体型ハンドル『MANA』

補足しておくと、
『MANA』は『RERE』にしか使えない
専用ハンドルという訳ではありません。

 

また、フレームセットには付属しておらず、
あくまでオプションパーツとして購入しないといけません。

 

サイズ(ステム長/ハンドル幅):80/400, 90/400, 100/420, 110/420, 120/440
重量:330g (100/420mm)
寸法:リーチ70mm、ドロップ128mm、ステム角-7°
価格:¥53,343

インテグラルデザインを取り入れたヘッドチューブ

インテグラルデザインのヘッドチューブ CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

ステム、フォーククラウン部を
ヘッドチューブと融合させているデザイン。

 

空気が最初にぶつかるフレーム最前面。

その部分に対する空気抵抗削減には、特に余念がありません。

フレーム全体に見れられる流線形

CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕! エアロ形状

フォーク、ダウンチューブ、シートポスト、シートステイ等。

フレームのあらゆる箇所が”流線形”

 

シートステイに関しては「快適性」も考慮されており、
十分に細く、かつ弓なりに曲げてつくられています。

 

流線形 CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

『TERE』が「エアロ」「剛性」「軽さ」、
それぞれのバランスを優先した”カムテール形状(右)”を採用したのに対し、

『RERE』は、徹底して「エアロ」に特化させてきました。

高いパワー伝達性を実現する大口径チェーンステイ

ボリューミーなチェーンステイ CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

細身なシートステイとは対照的に、
BB~リアエンドにかけてのチェーンステイは
かなり”ボリューミー”。

 

これは、エアロロードの弱点である「横剛性」をカバーし、
「パワー伝達性」「加速性」を高める設計ですね。

 

兎に角エアロであればいいのではなく、トータルバランスは必須です。

 

ちなみに、BB規格はPF86.5

前後リバーシブルなシートポスト

リバーシブルなシートポスト CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

シートポストは、前後対称な形になっているので引っくり返せます。

TT、トライアスロンなどで、極端な前傾ポジションを取りたい場合に役立ちます。

 

シリコンカバーで隠れていますが、
シートポストの固定方式は、どうやら臼式の様子。

 

それから、ブレーキ方式は前後とも”ダイレクトマウント”です。

 

スポンサーリンク

フレーム重量とサイズ展開

サイズ展開と重量 CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

フレーム素材は、『TERE』と同じ
東レ「T700/T800、3K」カーボン。

 

『Dogma F10』の「T1100、1K」なんかに比べると劣りますが、
そこそこ高い”重量比剛性”をもったカーボン素材です。

 

 

そして、気になるフレーム重量(⇔『TERE』の重量)ですが、

 

  • フレーム(Mサイズ)998g(⇔950g)
  • フォーク(カット前)398g(⇔390g)
  • シートポスト198g(⇔198g)

 

オールラウンドモデルの『TERE』と比べて合計56g差しかなく、
エアロロードとしては、相当軽量な部類に入りますね(^^)

 

サイズ展開と重量 CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

サイズ展開は5つです。

 

基本的に外国人の体格に合わせたサイズ展開なので、
最小のXSサイズでも、トップチューブ長は514cm。

 

女性なら、ある程度身長がないと厳しいでしょう……

カラーリングと価格

カラーリング CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕!

「マット&グロスブラック」。

「エセンシャルコレクション」と名付けられた定番カラーです。

 

フレームセット価格は、288,480円(送料、税込)。

 

他のメーカーだったら40万はかたいでしょうから、これは安い!!

 

 

カラーリング CHAPTER2が自身第二弾、初のエアロロード『RERE』爆誕! ホワイト

チャプター2のイメージカラーである
エメラルドグリーンの入った「パール+UD」。

 

こちらは「リミテッド・エディション」と名付けられた
生産台数が限られているカラーリング
です。

 

「リミテッド・エディション」は、
半年~8ヶ月周期で展開される予定。

 

つまり、半年~8ヶ月後のカラーラインナップは、

定番の「マット&グロスブラック」と
「パール+UD」ではない「リミテッド・エディション」。

 

限定カラーでも価格は同じです。

 

スポンサーリンク