この記事の所要時間: 26

 

松木です。

 

ジャーマンブランドのFOCUS

 

エアロロードに手を出していない”最後の砦”とも言える大手メーカーでしたが、
「今の時代、オールラウンドモデルだけでは闘っていけない」と考えたんでしょうね……

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】

エアロを導入した新生『Izalco Max Disc』(イザルコマックスディスク)

 

”More than just the fastest”(単に最速だけでなく、それ以上)
と銘打たれた機体。

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】

FOCUSが研究を重ねた末に導き出した”形状”、
そして、搭載されている”テクノロジー”はいかがなものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

『IZALCO MAX DISC』の概要

フォーカス IZALCO MAX DISC 5年ぶりのフルモデルチェンジでエアロオールラウンダーへ正統進化 - 新製品情報2019
フォーカスのフラッグシップバイク「IZALCO MAX」が遂にフルモデルチェンジ。新たにエアロフォルムを纏いつつディスクブレーキへ最適化。空力性能、剛性、快適性を強化...

 

わざわざ同じ事を話すのも手間なので、まずは上をご参考に。

エアロ

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 エアロダイナミクス 空気抵抗 風洞実験

50kmを200wで走った際、
旧『Izalco Max Disc』と比較して90秒速いというエアロダイナミクス。

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 エアロダイナミクス 空気抵抗 風洞実験

ステム、ヘッドチューブ、フォーク、
ダウンチューブ、シートチューブ、シートポスト。

それぞれ形は違えど「カームテール」が強く意識されている点は共通事項

 

また、他に空力を高める工夫として、
ケーブルの露出を”限りなく0”にまで抑えています。

 

この2つの工夫によって
『S-Works Venge』『Systemsix』クラスではないにせよ、
かなり空力が良い部類に入っているのではないかと考えられます。

フレーム重量

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 フレーム重量 FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 フレーム重量

Mサイズで(51サイズ/トップチューブ長551mm)
小物含めてフレーム939g/フォーク365g。

 

最軽量クラスのエアロロード『S-Works Venge』を引き合いに出すと、
56mmサイズで、フレーム960g/フォーク385gですから、

この『Izalco Max Disc』が、いかに軽いかが分かりますね(^^)

 

※9シリーズと8シリーズの違い

  • 9シリーズ:素材UHM(ウルトラハイモジュラスカーボン)/フレーム価格440,000円
  • 8シリーズ:素材HM(ハイモジュラスカーボン)/フレーム価格388,000円

ステム

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】

専用のエアロステム。角度は-15°

80mm:225g
90mm:229g
100mm:234g
110mm:241g
120mm:244g

 

重量が重めなことから判断するに「剛性」は十分でしょう。

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】

ステム部分は、上記赤丸3つのパーツから構成されます。

 

ステムを上げたい時は、
『Madone』などと同様の「2ピーススペーサー」を入れて調整。

剛性

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 剛性 FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 剛性

こちらが「剛性」を表す数値です(高いほど高剛性、HT=Head Tube)

 

「Ultra High Modulus Carbon」が使用されている9シリーズは、
ただ「High Modulus Carbon」の8シリーズよりも全体的に剛性高め

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 剛性

そして、旧モデルと比較しても「剛性」は高くなっています。

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 剛性 BB

特に、ペダリングパワーを推進力へと効率良く変換する
中枢を担う「BB剛性」は”申し分無し”とのこと。

快適性

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』 快適性

「快適性」も旧作を上回っています。

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』 快適性FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』 快適性

その根拠の1つが、D型シェイプのシートポスト(重量215g)。

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』 快適性

このD型は、路面からの強い突き上げに対し、
後方にしなりやすい形状なんですね(^^)

 

また、フレームチューブの中で唯一「シートステイ」のみ
エアロ形状ではなく、横方向に扁平になっているのですが、
これもリアホイールからの衝撃をいなして「乗り心地」を良くする設計。

ディスクブレーキ

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』 ディスクブレーキ

デフィスクブレーキのみで、リムブレーキ版は無し。

やはりと言うべきか……

 

FOCUSが放つ”最速以上”のバイク『Izalco Max Disc』 ディスクブレーキ

ちなみに、FOCUSが特許を持っているシステム「R.A.T.」

 

これは「Rapid Axle Technology」の略で、
通常のクイックリリースのように
素早くディスクホイールを付け外しできる構造になっています。

 

スポンサーリンク

カラーリング

カラーは6種類

FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 9シリーズ(UHM:ウルトラハイモジュラスカーボン)

 

FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 9シリーズ(UHM:ウルトラハイモジュラスカーボン)

FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 フレームカラー FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 フレームカラー FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 フレームカラー FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】 フレームカラー

個人的にはブラックが好み。

 

 

FOCUSが放つ”最速以上”のエアロロード『Izalco Max Disc』【2019年モデル】

既に『S-Works Venge』『Madone SLR』『S5』などの
一線級の次世代型エアロロードが出揃ってしまっているため、
この『Izalco Max Disc』に強く惹かれる訳ではありません。

 

「後出しなのだから、もう少し心躍らされる”ヒネリ”を加えてもらいたかった」
というのが素直な第一印象ですね(^^;

 

スポンサーリンク