この記事の所要時間: 117

 

松木です。

 

DT SWISS ARC 1100に読み解く最新のエアロホイール事情

2020~2021年モデル
DT Swiss『ARC 1100&1400 DICUT(ダイカット)』
(左1100、右1400)

2018年に発売された前作と名前こそ同じものの、
リム、ハブ、スポーク、全てがアップグレートされている100%の新作。

 

スペックうんぬんも気になる所ではありましたが、
どういった思想で●●●●●●●、新作は生み出されたのか?」の方が個人的には知りたい……

 

”ホイール業界のリーディングカンパニーが提示する
現時点における「ホイールの理想の形/構造」とは?”

 

記事を分けて、可能な限り解明していきたいと思っています。

今回は新旧比較しながらの【基本スペック編】です。

 

スポンサーリンク

DT Swiss『ARC 1100&1400 DICUT』のスペック

旧ARC1100 DICUT 新ARC1100 DICUT
新ARC1400 DICUT
  新型DT SWISS ARC 1100に読み解く最新のエアロホイール事情【基本スペック編】 新型DT SWISS ARC 1100に読み解く最新のエアロホイール事情【基本スペック編】 新型DT SWISS ARC 1100に読み解く最新のエアロホイール事情【基本スペック編】
リム高 48㎜/62㎜/80㎜ 50㎜/62㎜/80㎜ 左に同じ
リム内幅
17㎜ 20㎜ 左に同じ
リム形状 U形状
新型DT SWISS ARC 1100に読み解く最新のエアロホイール事情【基本スペック編】 U形状リム
UV形状(Aero+)
新型DT SWISS ARC 1100に読み解く最新のエアロホイール事情【基本スペック編】 UV形状リム
左に同じ
公表重量
左のモデルとの差
1490g/1609g/1768g 1472g/1676g/1762g
-18g/+67g/₋6g
1552g/1753g/1837g
+80g/+77g/+75g
タイヤタイプ クリンチャー
(チューブレスOK)
左に同じ 左に同じ
ブレーキタイプ リム&ディスク(DB) ディスク(DB)のみ 左に同じ
ハブグレード DT Swiss 240 DT Swiss 180 DT Swiss 240
ラチェット スターラチェット36T Ratchet EXP/36T 左に同じ
ベアリング SINCセラミック 左に同じ スチール
スポーク 後輪ドライブ側
DT Aero Comp
それ以外
DT Aerolite
後輪ドライブ側
DT Aero Comp II
それ以外
DT Aerolite II
DT Swiss
Aero Comp
スポーク本数 前24本/後24本 左に同じ 左に同じ
スポーク組み方 2クロス(1:1) 左に同じ 左に同じ
日本参考価格 28~29万円 32~33万円 26~27万円

 

  • 現在のロードホイールの主流である技術「リム内幅の拡大」「UVリム形状」を採用
  • 昨年に発表した新型ハブ『Rachet EXP』を、ようやく自社ホイールに導入
  • 同時並行で開発していた新型スポーク『Aerolite II』『Aero Comp II』で組まれている
  • ハブ240⇒180で軽いのに、全体重量はほぼ変わらない所から判断して、リム重量は微増?
  • 1100と1400のリムは共通、違いは「ハブ」と「スポーク」で、重量差75~80g、価格差6万

 

新型DT SWISS ARC 1100 DICUTに読み解く最先端のホイール事情【スポーク編】

次回は、ARC1100の深みにドップリとハマりに行きましょうか(^^)

 

Wiggleで旧型ARC1100がセール中!

スポンサーリンク