この記事の所要時間: 345

 

松木です。

 

最強の神髄『最強ヒルクライマー8人が教えるヒルクライムトレーニング』発売中

2020年7月20日『最強ヒルクライマー8人が教えるヒルクライムテクニック』が発売されました。

現在「自転車・サイクリング」カテゴリーにおいてAmazonベストセラー1位

 

2019年2月に発売されたのは『最強ヒルクライマー5人が教えるヒルクライムトレーニング』

5人⇒8人と豪華になっていますね(笑)

 

スポンサーリンク

最強8人とは?

最強の神髄『最強ヒルクライマー8人が教えるヒルクライムトレーニング』発売中

前作にも取り上げられていた森本 誠さん、中村 俊介さん、兼松 大和さんの3名加え、

大野 拓也さん
佐々木 遼さん
加藤 大貴さん
嘉瀬 峻介さん
梅ぴょん

 

この5名は全員、2019年「Mt.富士ヒル」「乗鞍」においてTop6に入った選手です。

やはりこの二レースが”アマチュアクライマー最強”の指標なのでしょう。

 

【2019 Mt.富士ヒルクライムリザルト】

順位 名前 記録 +Top
1 佐々木 遼 57:43.43 +0:00
2 濵野 巧勝 57:44.84 +0:01.41
3
西村 育人 57:45.41 +0:01.98
4 加藤 大貴 57:45.96 +0:02.53
5
大野 拓也 57:46.08 +0:02.65
6
森本 誠 57:46.47 +0:03.04

 

【2019 乗鞍リザルト】

順位 名前 記録 +Top
1 中村 俊介 54:47.117 0:00.000
2 森本 誠 54:48.484 +0:01.370
3 梅川 陸 54:56.759 +0:09.645
4 加藤 大貴 56:27.203 +1:40.089
5 嘉瀬 峻介 56:47.405 +2:00.833
6 中川 真也 56:53.098 +2:05.984

どんな事が書かれているのか?

Amazon掲載の目次は次の通り。

興味をそそられる内容が並んでいますね~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめに

対談①ヒルクライムの「スキル」とは?

本書の見方

file 01 中村 俊介さん
体力を推進力に変えるスキル
ペダリングで差がつくヒルクライム
速い人はフォームが崩れない
スキルとフィジカルは別に鍛える
強度を下げて、回数を増やす
パワーが同じでもタイムは違う
下死点でもトルクをかける
ペダルに体重をかける
ダンシングは「忍者」のイメージで
「ヒルクライム=苦しい」は間違い
楽器のように段階を踏む
極端なセッティングは避ける
中村俊介さんのトレーニング

コラム①

file 02 佐々木 遼さん
差をつけるためのスキルトレーニング
アンクリングのロスを減らす
「斜めペダリング」で下死点をクリア
大きな筋肉でペダリングする
みぞおちの下に空間を作る
勾配の変化から脚を守る
休むためのダンシング
脚にこないシフトアップ
トルクを無駄にしないシフトダウン
ペース配分は中盤がポイント
トルクとウィップの関係
佐々木遼さんのトレーニング

コラム②

file 03 加藤 大貴さん
ローラー台より実走が楽しい
高ケイデンスで上る理由
後ろ乗りでサドルを下げる
ステムを伸ばして腹圧を使う
ハムストリングを使えることの意味
ダンシングはするべきか?
呼吸をペースの指標にする
しなりを利用したペダリング
加藤大貴さんのトレーニング

コラム③

file 04 森本 誠さん
ヒルクライムは「簡単」だ
まずは気づいて、次にモノにする
高ケイデンスを諦めた理由
「裏側」の筋肉がカギを握る
裏と表でペダリングする
バウンドするボールのように上死点を通過
脚を使い切ってからスキルを上げる
ホビークライマーの壁「ダンシング」
上死点を重心の下に持ってくる
ダンシングでは引き足を使う
腰をひねらせて脚を引き上げる
下死点は勢いで通過する
タイムアタックは最初と最後がピーク
主観的な「きつさ」を一定にする
勾配変化に対応するスキルを磨く
森本誠さんのトレーニング

対談②次の最強クライマーは誰だ!?

コラム④

file 05 兼松 大和さん
上りでは「超エアロ」な姿勢になる
上りでは股関節の屈曲が大きくなる
脚を大きく回す
裏側の筋肉がカギを握る
ヘソをステムに近づける
体の重心は常に「丹田」にある
二段階のダンシング
常に足底にペダルを感じ続ける
ダンシングでは減速に注意
脚を使い分けて勾配をクリア
峠は15分を境に走り方が変わる
ヒルクライムではクランクを変える
兼松大和さんのトレーニング

コラム⑤

file 06 嘉瀬 峻介さん
ダイナミックなヒルクライム
全身を使うペダリング
トルクが抜けない三角ペダリング
ペダリングは自動的に変わる
体力は序盤に投入する
嘉瀬峻介さんのトレーニング

コラム⑥

file 07 大野 拓也さん
ヒルクライムレースの「逃げ屋」
サドルの上でダンシングする
慣れた峠はハイペースに入る
大野拓也さんのトレーニング

コラム⑦

file 08 梅川 陸さん
新世代クライマー、進化中
上半身を鍛える理由
実際のペダルの位置は?
休むためのダンシング
梅川陸さんのトレーニング

コラム⑧

最強クライマーたちは、ヒルクライムをどう走っているか?
ペダリングスキルとは?
最大の壁、ダンシング
尻上がり?尻下がり?
減速に注意する
ヒルクライムは「簡単」?

おわりに

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富士や乗鞍で上位に入るような強豪ヒルクライマーともなると、
強くなるために試行錯誤を繰り返す中で身に付けていった
それぞれ独自の「身体の使い方」「考え方」「テクニック」を持っているのが伺えます。

 

「トレーニングしているけど、思うように峠のタイムが縮まない……」

 

そんな風に”頭打ち”を感じている人は、
「自分に合いそうなものを真似する⇒効果があれば自分の形にして取り入れる」
ことで、”成長の壁”を越える手がかりとなりえる一冊なのではないでしょうか?

 

他のトレーニング本では決して見られない、斬新な内容になっていると思います(^^)

 


スポンサーリンク