この記事の所要時間: 133

 

松木です。

 

ミノウラのバイクタワーが高すぎなので、激安のを買った結果。

今まで、こんな感じでロードバイク3台を直置きしてました。

 

これでも生活スペース的には問題ないんですが、
ちょっと見た目が良くありませんし、
外に持ち出す際に少々面倒臭かったので、
バイクタワーの導入してみようと思いました。

 

まず、頭に浮かんだのが、ミノウラ。

 

ミノウラ バイクタワー 20 高すぎる

『MINOURA(ミノウラ)バイクタワー20』 

 

1本2万。高い‥‥

 

そこで、別のメーカーのものを探してみることにしました。

 

ロードバイク バイクタワー amazon アマゾン 激安

メーカー不明ですが、こちらだったら安く済みます。
今回はこれを買ってみることにしました。

 

スポンサーリンク

設置してみた

ロードバイク バイクタワー 組み立てパーツ 激安

思ったよりはパーツ点数は多く、
「ポン付け」って感じではありませんでしたが、

 

ロードバイク バイクタワー設置方法 激安ロードバイク バイクタワー設置方法 激安
(画像をクリックすると拡大します)

ちゃんと説明書が付いています。
(肝心な部分は10行ぐらい)

 

なので、組み立て自体は特に難しくないんですが、
激安なだけあって、バイクタワー自体に少し注意点があります。

 

ロードバイク バイクタワー 激安 底 樹脂

まず、タワーの底の部分。

 

ここが樹脂製でできていて、
フローリングに対して滑りやすくて少し不安定ですし、
長期間自転車を支え続けると床に型が付きそうです。

 

ロードバイク バイクタワー 激安 底 樹脂 ゴム

そこで、ホームセンターで滑り止めのゴム板を買ってきて、
丸型に切り、底の部分に貼り付けることにしました。

 

これで、タワーの「横滑り」が防げて、大分と安定感が増します。

 

反対側の、天井側はどうかと言うと、
樹脂製ではなくゴム製ですが、「凄く硬いゴム」だったので、
そちらにも一応ゴム板を付けておきました。

 

ロードバイク バイクタワー 激安 フック 樹脂

もう一つの注意点。

 

車体を掛けるフックですが、
これも硬い樹脂製でできていて、
簡単にフレームに擦れキズが付きそうな気がします。

 

ロードバイク バイクタワー 激安 フック 樹脂 ビニテで保護

これはビニテを巻いておけば問題ないでしょう!

 

スポンサーリンク

使ってみた感想

ロードバイク バイクタワー ミノウラ 激安 設置
(右上には、やましいものを掛けてるわけじゃありません)

結局、ゴム板を買いに行ったり、
設置場所を何度も微調整したりして、
1本目は3時間ぐらい、2本目も45分ぐらいかかりました。

 

 

肝心の固定力は、何ら問題ありません。

 

強力なバネで突っ張る構造になっていて、
震度4~5ぐらいまでの地震でも倒れることはないでしょう。
(ネジで完全固定も一応できます)

 

それに、フック1本当たりの耐荷重が20kg、
タワー全体の耐荷重が25kgという商品ですから、
大概の自転車は掛けれますし、
(上側により軽い車体を掛けたほうが良い)

 

組み立て途中で一手間かける必要はあったものの、
明らかな欠陥は見当たりません。

 

ミノウラの1/4の価格と考えれば、十分な商品だと思いますね。

スポンサーリンク