この記事の所要時間: 415


1本目の検証はこちら⇩

勝つために!!プロ自ら作ったカフェイン飲料BOOST SHOTを飲んでみた【効果検証1本目】
カフェインの効果を最大化することを目指した清涼飲料水。それがマトリックスパワータグ吉田隼人選手が手がけしBOOST SHOT(ブーストショット) 少しばかり説明続...


今回もレースぴったり1時間前に入れました。

ZWIFTレースは開始直後から強度高いですし、
長くても1時間ほどで終わってしまいますから、
スタート時には血中濃度のピークにしておきたいですから早めに。

 

1本目同様、飲んでから25分でギュルギュルと便意を催しました。

さらに35~40分後には心臓や頭に”ドックンドックン”と血管が強く鼓動を打ち始めます。

 

レースに近づくにつれる気分の昂りも関係しているでしょうが、
それとは別のBOOST SHOTの作用によるものだという感覚が確実にあります。

 

自分の場合、20分ほどで内臓は活発になり、
それから40分辺りまでに心身にブーストがかかり始めるみたいです。

 

スタート2分半前に400~450wで20秒だけ踏んで刺激入れ。

 

コース:London「Surrey Hills」44.5km/獲得987m

最初の山頂までは”ウォーミングアップ区間”であるため、実質5本の峠を上ります。

 

さーてと、、、レッツでゴー(`^´)フンッ!!

 

 

開始4分足らずで第一の峠Fox Hill

 

最初からマジで強度イカレテルヨ・・・

ここウォーミングアップ区間だよ??

 

Fox Hillの強度ピーク区間:4分31秒/386w

 

無論ある程度覚悟はしてましたけど……

とは言いつつもまだ余力あり。85~90%出したぐらい。

いつもだったらもっと追い込まれてもおかしくない状況なので、
やはりBOOST SHOTの効果がしっかり出てくれたと思いますね!

 

飲んでてよかったBOOST SHOT(^^)b

 

ふうぅぅ~~~

休む間もあまりなく第二の峠Leith Hillへ!

 

各選手脚が温まった上にロンドン随一の激坂ときている……地獄は必至!!

 

うぎゃぁぁ~~~いくらなんでもエグすぎやてーー。゚(゚´Д`゚)゚

口から心臓飛び出そう……

 

Leith Hillの強度ピーク区間:4分3秒/403w

 

前回の時も4分400wは出せてました。

けれど緩急つけて振り回されてるんで、今回の方が圧倒的に辛い!!!

KOM直前の7倍50秒にて、最大心拍数193bpmをマーク。

 

第三の峠Box Hill。

「下り、平坦で9分ほど緩んだけど、さっきのダメージ全然抜けてぬぞ……」

 

Box Hillの強度ピーク区間:5分6秒/359w

 

難易度的には一番優しい峠でしたから何とか生き残りました。

……けれど、上りの途中で心折れかけて1度千切れましたし、
そこで立て直すのに全力出し切って精魂尽き果てたわ・・・(´ཀ`)グフッ

 

サヨナラ~~~(*´ω`)ノ

 

第四の峠Keith Hillの登り口で早々に離脱。

ここの登りは結構長いので、気合だけで乗り切るのは土台無理です。

 

「ううう、、、BOOST SHOTは後押ししてくれたけど、己の力不足が。。。」

 

Keith Hillの強度ピーク区間:12分49秒/252w

 

その後は腐らない程度に単独テンポ走。

 

ひいいぃぃーーー後ろに人影がぁぁぁ((;゚д゚;))プルプル

 

最後は2度目のFox Hillを駆け上がってフィニッシュ。

千切れた後、後方からOginoさんにジワジワ迫られ、
ゴールするまで緊張感たっぷりでしたね…(^^;

 

Fox Hillの強度ピーク区間:6分55秒/322w

 

イメージ通り序盤からパワーが出やすかったですし、
BOOST SHOTのおかげで「心肺機能」「脚力」は上がっていたと感じました。
(今度はもう少し遅く飲んでみようかな?)

 

……とは言え、無敵になんぞなれる訳もなく、当然限界は訪れます。

今回オールアウトしたおかげで、BOOST SHOTを飲んだ際の限界値を体感できたのは収穫。

 

 

・・・レースを終えて2時間半後、
あれだけ踏まされたにも関わらず、脚パン感はほとんど無いのは驚愕!!

前回もそうでした。

BOOST SHOTを飲むと、運動機能が向上するのは宣伝通りなんですけど、
どうやら「脚へのダメージ軽減効果もべらぼうに高い」と言えそうですねぇ~(^^)

 

【2本目の感想】やはり良いが+5%付近が効果限界、あと乳酸耐性も上がる


スポンサーリンク