この記事の所要時間: 454


2本目の検証はこちら⇩

BOOST SHOTを飲んでみた ~限界突破編~【効果検証2本目】
1本目の検証はこちら⇩(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts;(b.q=b.q||).push(...


禁断の2本飲み。

 

ビンのパッケージには「一日1本を目安に」と記載があります。

ただ、吉田選手いわく、
4時間を超える長距離レースならば、ボトルに入れてチビチビ取り入れるなり、
ゴール90~60分前に2本目をガッと飲んで気合を入れ直すのも良いよ!とのこと。

 

ゆえに、この「一気に2本」という飲み方は、
「興味本位で私が勝手にやってる事」というご認識のほど宜しくお願いします(笑)

 

ちなみ、2本に含まれる総カフェイン量は360~370mg

コーヒー一杯100mlとしておよそ6杯分。

……確かに多いっちゃ多いんですけど、別に危険量とかではないですし、
運動前に「体重1kg当たり3~6mgの摂取が推奨されていたりする研究もあります。
(とは言え、カフェイン感受性の高い人は、一度に多く摂るのは避けた方が無難です)

 

 

「序盤15kmが平坦」というコースプロフィールを考慮して
これまでよりも少し遅め、レース40分前に飲みました。

 

飲み始めて15分も立たずして

”ドックン、ドックン、ドックン”

鼓動の高まりを感じ始める。

 

1本だけの時よりも身体への反応が早いかな?

その他に感じ取れた違いは無し。

 

2分半前に20秒450wで刺激入れをした後にスタート。

 

スポンサーリンク

レースレポート

序盤の平坦路、Hashimotoさんがやたらと攻めた走り。

ZWC所属の超絶ヒルクライマーの一人。

彼とはどう足掻いたって埋められない登坂力の差がありますし、
ここで少しでも脚を使っておいて欲しいところ(`pq´)ウシシシ(←せっこw)

 

登りまでになるべく体力を温存しておきたいですから、
自ら動くことはせずに、集団の流れに乗っかるように追走します。

 

「心拍数がいやに高いな…」

 

何も取っていない時よりも+15~20bpm
Boost Shot1本飲みの時と比べても+5bpmぐらいか?

心肺が「いつでも行けるぜーーー!」と
”ブオォンブオォン”とエンジン音を立てています。

 

その身体反応を「もうちょい待って!」と理性で抑えてる感じ。

 

そしてスタートより20分経過、
いよいよEpic KOMのクライミングバトル開始。

 

 

先頭のHashimotoさん飛ばし過ぎワロタwww

10倍ですっ飛んで、しばらく7倍近く……

アドレナリン全開になりかけた頭に、突如冷水をぶっかけられた気分(笑)

 

アタックで練習強度上げ、
飛び出し展開のレースを楽しみ、
最後に勝てればなお良し!

 

そんな心意気を感じますし、実際それが出来るだけのスーパーZwifter。

 

どっりゃーーーーヽ(`Д´)ノウオオオオォォォォ

 

BOOST SHOT2本飲みの効果を己が身で確かめるべく、
最初から全身!全霊!!全開だぁぁぁ!!!

 

「はあはあはあ………」

 

Epic序盤:8分27秒/385w

 

8分半のベストパワー更新。

 

「でもさすがに疲れた……ちょい休ませて……(*´Д`)ゼエゼエ」

 

3分半休憩、そんでもって

 

どっせーーーーーーーい( `皿´)グヌヌヌ

 

中盤過ぎの勾配が上がる洞門にてフルパワー。

 

アタック:1分22秒/464w

 

自分でも信じられないほど脚が回り、やたらパワーも出ます。

ここで最高心拍数194bpmをマーク。

BOOST SHOTの威力、恐るべしやで……

 

ゴールへの向かう残り1kmの坂、
さすがにもう無理でした………ギブアップ(×× )バタンQ~

 

正直言って、脚の方はまだまだ踏めたんですけど、
心肺の方が「もうこれ以上はやめときなー」と警告ランプ点灯。

 

『脚」はサラ脚のような感覚。無限に踏めそう。

対して『心臓』の方が”バックンバックン”激しく鳴ってる危険域。

 

このギャップが怖かったですねぇ……(^^;

BOOST SHOT2本一気飲みして分かった事

【BOOST SHOTの体感効果】

  • BOOST SHOTを飲むと、血流は強く、心拍数が高くなる結果、全身への血流量は増加。
    それが「運動機能が向上した」と体感できるメカニズムの主たる要因だと感じる。
  • BOOSTを飲んだ際の、脚の疲労感の少なさは異常なレベル
    ⇒①長距離レースの後半になってもタレにくそう(脚の疲労でパワーが落ちていくのを防ぐ)
    ⇒②調子良くガンガン踏みたくなるため、ややもするとオーバーペースにもなりやすい

 

【1本飲んだ時と2本飲んだ時の違い】

  • 2本一気に飲むと、1本の時よりも血流は強く、心拍数が高く感じた(体感+5~10%)
  • とは言え、それがパフォーマンスUPにつながっている感じは一切無かった
  • むしろ「入れ込み過ぎ」に近い状態(心肺、脚、頭すべてが)になっただけだった
  • レース後1時間経っても90bpm、2時間経ってようやく50bpmまで落ち着いた(普段40bpm)
    (ただし、これはBOOSTの効果だけでなく、限界まで追い込んだ事による影響もある)
  • レース後、1本だけ飲んだ場合には感じなかったダルさ、倦怠感を感じていた(反動か?)
  • 眠くならない。まるで大一番のレースで全力を出し切った日のように、頭だけが興奮状態。
    夜空が白み始めるまで眠れず。眠りも浅め。起きてもまだ若干心臓がドキドキしていた。

 

【BOOST SHOTを最大限活かす方法】

  • BOOST SHOTの効果を受け切れるだけの「強靭な心肺」に鍛え上げる
    (「いくらでも踏める脚×超強強度にも耐えうる心肺」の状態が無敵!)
  • 一度に1本まで(←おおよそ分かってた事だけどw)
  • 2本目飲むなら、長距離レースの後半か、ボトルなりに入れてチビチビ摂取

 

2本一気飲みした収穫はたくさんあったかなーと(^^)

………まぁ今後は1本ずつ飲みますけどね(笑)


スポンサーリンク