この記事の所要時間: 210

 

松木です。

 

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル!

今日からロードバイクで東京へ行ってきます。

 

そこで今回は、大阪-東京間550kmを走るチャレンジ
”Cannonball(キャノンボール)”
の話です。

 

スポンサーリンク

キャノンボールとは

東京-大阪間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 東京日本橋 東京-大阪間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 梅田新道

「キャノンボール」は、
東京日本橋(左)~大阪梅田新道交差点(右)を
24時間以内で走り切るチャレンジのことです。

 

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 名前の由来

名前の由来は、ジャッキー・チェン主演の
北米大陸横断の非合法カーレース映画。

 

「東京-大阪間をロードバイクで走る」とはかけ離れている気がしますが、
2010年ぐらいから「キャノンボール」という名で広がっていきました。

ルール

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! キャノンボールウィキ

「キャノンボール」に関して、
一番詳しいサイトは「cannonball!!wiki」。

必要な情報が網羅されています。

 

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 信号順守 自転車通行可の道のみを走る

絶対守らないといけないルールは

  • 信号順守
  • 自転車通行可の道のみを走る

 

要は「交通ルールだけは絶対に守りましょう」ということ。

 

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 単独走行 基本ルートは国道1号線(R1)

そして、サブのルールとして次の2つ。

  • 単独走行
  • 基本ルートは国道1号線(R1)

 

集団走行は明らかに楽ですし、

R1最高地点を通る難関「箱根峠」を迂回したり、
名古屋-大阪間を20km以上短縮できるR25、R163ルートを走ると、

胸を張って「キャノンボールを達成した」とは言えなくなります。

 

スポンサーリンク

キャノンボール達成のための4つの戦略

①ルート

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル!

まず圧倒的に重要なのが「ルート」

基本はR1をひた走るだけですが、
R1には自転車通行不可のバイパスも多いですし、
自転車通行可でも避けたほうがいい箇所もあります。

 

「安全かつ時間がかからない自転車通行可の道を迷わずに走る」

 

これがルートラボだけでは難しく、
やはり自分で走ってみるのが一番。

それゆえ、一回目のチャレンジで成功することは相当厳しいです(^^;

 

初めてなら、ルートデータ入れたサイコンのナビに頼るか、
メモを作って持っていくべきですね。

 

薄軽筆入れさんが作った、標準的なルート。

このルートで24時間以内に走り切れば、
誰からも文句を言われることはないでしょう。

 

そして、名古屋-大阪間を最短距離で走り、
難所「箱根峠」も越えない、なるべく楽なルート。

②補給

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 補給

「ルート」と同じぐらい気を付けないといけないのが「補給」

キャノンボールによって推定15000kcal消費します‥‥

 

時間短縮しつつ、ハンガーノックを防ぐためには、
「コンビニ、スーパーでまとめ買い→信号待ちの間にマメに補給」
を繰り返すのがいいでしょう。

 

普通の距離なら”炭水化物”だけで問題ありませんが、
550kmともなると、”たんぱく質” ”アミノ酸” ”塩分”も意識すべきです。

③タイミング(季節、天候、曜日、スタート時間)

大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! タイミング(季節、天候、曜日、スタート時間)

「丸一日、一方向にR1を走る」という特徴上、
挑戦するタイミングが重要になってきます。

 

「季節」は、昼暑くなく、夜寒くない

「天候」は、雨、向かい風ではないことは必須。

「曜日」は、交通量の少ない土日

「スタート時間」は、市内の交通量が少ない早朝

 

特に、”暑い” ”寒い” ”雨” ”向かい風”の場合、
キャノンボールは、この上なく過酷なものになります。

④持ち物、装備

持ち物、装備 大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル!

24時間という制限がある以上、
なるべく軽くしたほうが有利ですが、最低限の必要なものはあります。

 

  • パンク修理道具
  • 夜間走行のための前後ライト、反射ベスト
  • 夜間の気温変化に対応できるウェア
  • 輪行袋
  • 上記を入れるためのバッグ

 

持ち物、装備 大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! 反射ベスト R250

前後ライトはもちろん、
真夜中の走行を考えると、反射ベストは着ておくべき。

工事用の安いのでも構いませんが、
下のようなロードバイクに特化している商品もあります。

 

持ち物、装備 大阪-東京間550kmをロードバイクで走るキャノンボール完全マニュアル! サドルバッグ R250

それから何か荷物を入れておけるもの。

キャノンボール程度だったら、
キャリア+バッグほど大きくて重いものは必要ありません。

 

そう考えると、ちょうどいい容量の上に軽い
”大型のサドルバッグ”が最適です。

どんな車体でも取り付けできますし(^^)

 

大型サドルバッグと言えば、
TOPEAKやAPIDURA(アピデュラ)が有名なんですが、
それよりも反射ベストと同じR250がオススメ。

ちなみに、R250(アールニーゴーマル)は、
お手頃、かつ実用性にこだわっているのが売りの
ワールドサイクルオリジナルブランドです。

 

スポンサーリンク