この記事の所要時間: 24

 

松木です。

 

ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。

ツールで大活躍したチームSKY。

選手たちが乗っていたのはピナレロ『DOGMA F10』です。

 

ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。

そして、マイヨジョーヌを獲得したフルームと
山岳アシストを加えた3人にだけに支給されたのが、
『DOGMA F10 X-LIGHT』でした。

 

「形状」や「取り入れられているテクノロジー」は共通。

ですが、『F10』のフレーム重量が820g(53サイズ未塗装)なのに対し、
『F10 X-LIGHT』は760g

 

60gの軽量化が、それほど走りに影響するとは思えませんが、
『F10』に比べて20万円も上乗せした価格で市販されます。

 

 

1g軽くするのに3,000円‥‥

何故そんなにお金がかかるのでしょうか?

 

関連記事

”理想”が形になる。2017年のピナレロ『DOGMA(ドグマ) F10』

 

スポンサーリンク

樹脂の使用量を抑えたプリプレグ

ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。 T1100ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。 T1100

ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。 T1100ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。 T1100
(画像クリックで拡大します)

 

原料となるカーボン繊維は、東レの最高グレード「T1100(G)」です。

これは『F10』と『F10 X-LIGHT』とで共通。

 

ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。 T1100

カーボンフレームは、
カーボン繊維を透明の液体「樹脂(=レジン)」に浸して、
上の写真のようにシート状にしたもの「プリプレグ」が基本材料になります。

 

『F10』と『F10 X-LIGHT』では、このプリプレグが違っており、
『F10 X-LIGHT』には、丈夫さを保ったままより少ない樹脂でできている
特殊なプリプレグが使用されています。

 

「樹脂が少ない=軽量化できる」というわけです。

複雑かつ工程数の多いカーボン積層作業

使用するカーボン「T1100」工程数増えたカーボンレイアップ作業

続いて、フレームの形をした芯材に
決まったプリプレグを、決まった位置に
ペタペタと貼り付けていきます(積層作業)

 

この積層作業おいて、
『F10 X-LIGHT』のほうは複雑かつ工程数を増やしています。

 

少ない樹脂で『F10』並みの強度を出すためには、
プリプレグの配置をより細かく、最適化する必要があるのでしょう。

『F10 X-LIGHT』のためだけの専用金型

MERIDA カーボン繊維 フレーム オーブン

芯材にプリプレグを巻き付け終わったら、
それを、スチール製の金型に挟み込み、
オーブンへと入れて、圧を加えながら加熱します。

 

『F10』と『F10 X-LIGHT』は形状が同じですから、
同じ金型が使えそうなものですが、

実際は『F10 X-LIGHT』のために、専用の金型が作られています。

 

 

外見上は同じでも、プリプレグの積層は微妙に異なりますから、
”形状” ”厚さ”に目視では分からないレベルの違いがあり、
同じ金型を使うことは叶わないのだと考えられます。

 

400kgもある巨大な金型を作るとなると、相当お金がかかるはずです。

 

スポンサーリンク

より厳密に制御された長時間のモールディング

使用するカーボン「T1100」 通常よりも長い、そしてより制御されたモールディング

金型に挟み込んだフレームはオーブンに入れられ、
フレームの内外から圧をかけながら
高温で加熱して樹脂を固まらせます(モールディング)。

『F10』と『F10 X-LIGHT』では、この過程も異なります。

 

『F10 X-LIGHT』の場合は、
より気を遣いながら、長時間かけてモールディングしています。

温度や加える圧力を、細かく調整しているのかもしれません。

 

このように制御されたモールディングを行うことで、
フレームの強度、性能を保ちながらも
軽量化の肝となる「樹脂の量」を最小限に抑えることができるそうです。

一本製造するごとに、金型を徹底的に清掃している

使用するカーボン「T1100」 一本製造するごとに金型を徹底的に清掃している

オーブンによるフレームの加熱が終わり、
フレームが外された金型には、
わずかに樹脂、カーボン繊維が残ってしまいます。

 

その状態の金型で次のフレームを挟んだとしても
後の塗装で、表面の細かいカスは隠れますし、
最終的なフレームの性能には、何ら問題は生じません。

 

ですが、『F10 X-LIGHT』の場合、
重量増につながる”余計なもの”を排除するため、
一本製造するごとに、金型を徹底的に清掃するようにしています。

60gの軽量化に20万円かかる理由

ピナレロ『DOGMA F10 X-LIGHT』。僅か60gの軽量化に20万円がかかる訳。

『F10』と『F10 X-LIGHT』の大きな違いは、
フレームに使用されている「樹脂の量」です。

 

ほぼ限界まで軽量化された『F10』から
さらに60gの樹脂を削り出すため、

「人員」「設備費」「時間」、すべてを余計に費やして
細部に気を遣いながら製造していることが分かりました。

 

それ故に生産数が限られて、
プロでさえ全員に供給されるわけではありません。

 

 

ピナレロの「一切の妥協も許さない」姿勢と手間には
確かに20万円分の価値があるのかもしれません。

 

ですが、『F10』と『F10 X-LIGHT』の性能差は少ないですし、
『F10 X-LIGHT』には、75kgという重量制限も付いてしまいます。

 

市民レーサーなら『F10』を選ぶのが普通でしょうね(笑)

 

スポンサーリンク