この記事の所要時間: 157

 

松木です。

 

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション

グローブはOGK「PRG-6」を使っています。

 

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション

このグローブは、先日の全日本ロードを制した畑中選手も使用していました。

『全日本選手権ロードレース2017優勝者畑中勇介は、どんな機材で戦っていたのか?』

 

畑中選手に限らず、プロの間では
OGK「AERO-R1」ヘルメット+OGK「PRG-6」グローブ
というのが、最近定番の組み合わせ。

 

 

このOGK「PRG-6」は

「フィット感が抜群」
「グリップ力がしっかりしている」
「エアロ効果が高い」

といったレビューが多いですが、
実際のところはどうだったでしょうか?

 

細かく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

基本スペック

実測重量 全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション

 

実測重量 全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション

まずは、マジックテープ付き、クッションも少しだけあるような、
一般的なグローブの実測重量は16.8g。

 

実測重量 全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション

対する、OGKカブト「PRG-6」は12.5g

 

手で持ってみてもペラペラで、ほとんど重さを感じません。

 

「素手の感覚」に近づけるためにパッドが一切入っていませんが、
その分、ハンドルを握った際のダイレクト感は強いです。

OGK「PRG-6」のフィット感

このグローブには1つ惜しい部分があります。

 

それは、エアロを意識しているため、
手首の部分にマジックテープが付いておらず、
着脱がかなりしづらい点です。

 

写真の通り、手を小さくすぼめながらでないと入りません。

 

入り口の部分は多少伸びますが、それでもかなりキツイです。

 

身長180cmで平均的な手の大きさですが、
Lサイズでなかなか苦労します。

 

 

実際、着脱にどれぐらいの時間がかかるのかを測ってみると、
通常のグローブであれば着けるのも外すのも6~7秒で済むところ
OGK「PRG-6」だと、25秒もかかりました。

 

つまり、出発前にグローブを付けるのに、両手で1分近くかかるというわけです。

 

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション フィット感

ですが、装着し終えると、写真の通り
全体的に若干「余り」や「シワ」が出てきてしまい、

これが「フィット感」を損なってしまいます。

 

着け外しを考えるとLサイズなんですが、
着け終わった後の「フィット感」を考えるとMサイズ‥‥

OGK「PRG-6」のグリップ力

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション グリップ力

シリコン製のノンスリップラバーの部分は、
触れたものに喰いつく感じで、特にグリップ力が高いです。

 

手首に近い「プロテクト素材」の部分にも
うっすら点々の滑り止めのようなものが付けられていますし、

手の平全体に使われて、小さく穴が開けられている
「クラリーノTM」素材も比較的滑りにくい素材。

 

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション グリップ力

先日走っている最中にゲリラ豪雨に見舞われましたが、
「滑りそう」といったことは一切感じませんでした。

 

「雨」や「汗」でも強いグリップ力を発揮してくれる、
トータルで考えて、相当グリップ力の高いグローブです。

OGK「PRG-6」のエアロ効果

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション エアロ効果

通常のグローブでは、
ストラップの部分や手首の部分に凹凸ができてしまいますが、

 

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション エアロ効果

OGK「PRG-6」は非常にシームレスなデザインで、
ほぼ素手の状態と変わりがありません。

 

これによってどれほどの出力を削減できるのかは分かりませんが、

シューズカバーが-7W(+0.4km/h)の効果があると考えると、
エアログローブは-1Wぐらいは期待できるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ:着けると猛烈に気合いが入る

全日本ロード覇者も使うグローブOGKカブト『PRG-6』インプレッション

途中、デメリットなんかも話しましたが、
デザインと使い心地、両方とも気に入っています。

 

何より普通のグローブと違って
「着けると気合いが入る」というのが最高です!

 

 

オススメなのは、この「PRG-6」と
「着脱が楽で手軽なグローブ」の2種類を用意すること。

 

普段の練習で「PRG-6」を使うのは、
毎回の着け外しがやや面倒臭いと思うので、
「レース」や「本気で練習する時」といった時にだけ「PRG-6」を着けます。

そうやってある種”特別感”を出すことで「気合いの入り方」も強まります。

 

勝負服みたいなものですね(^^)

 

なので、改めてMサイズを買うことにしました(笑)

スポンサーリンク