この記事の所要時間: 143

 

松木です。

 

楕円チェーンリングの変速性能を改善する3つのパーツ rotor q-rings

楕円チェーンリングを使っていると、

 

  • フレームの剛性不足
  • チェーンやチェーンリングの摩耗
  • FDが、プレートの薄いアルテグラ
  • 変速に関わる各パーツの相性

 

このような要因が、複雑に絡み合った結果、
いくら調整しても変速がうまくいかないことがよくあります。

 

そんな場合の解決策。

 

通常のチェーンリングでも役立つテクなので、
楕円を使っていなくても、知っておいて損はないです。

 

スポンサーリンク

①WISHBONE FDアダプター(アウターへの変速改善)

WISHBONE 楕円チェーンリングに対応したFDアダプター

FDを7mm後方へ固定するためのアダプター。

 

サイスポの商品紹介記事↓

ウィッシュボーン「FDアダプター」楕円チェーンリング使用時のフロント変速性能が向上! News
株式会社コリドーレ(本社:京都府木津川市、代表取締役:中田真琴)が日本総輸入代理店として展開する高性能サイクルパーツメーカー「W...

 

楕円チェーンリングの変速性能を改善する3つのパーツ rotor q-rings

このアダプターによって
FD自体は通常より7mm後方で固定されることになります。

 

すると、チェーンがアウターチェーンリングに
引っかかり始める位置も変わりますから、
それによってアウターへの変速性能が改善されるようです。

 

インプレ記事↓

購入者レビュー

「WISHBONE FDアダプターと RIDEA DAS4 FDアングル スペーサーで楕円のフロント変速は改善されるのか?」

 

②RIDEA DAS4 フロントディレイラーアングルスペーサー(アウターへの変速改善)

RIDEA DAS4 フロントディレイラーアングルスペーサー

FDの取り付け角度を±4度変化させるためのシム。

 

使い方を紹介しているサイト↓

RIDEA DAS4 Derailleur Angle Spacer リデア フロントディレイラー アングルスペーサー 楕円チェーンリング他に FD~歯間距離の修正に
After: FD羽~歯先距離が均一に Before: 歯間距離がリア側で離れている 取付イメージ セミオーバーホールでお預かりした車体。アウター52-53s前提のFD...

 

考え方は「WISHBONE FDアダプター」に近いです。

 

  • FDの羽をチェーンリングに沿わせる
  • チェーンがアウターチェーンリングに当たる位置が変わる

 

こういった変化によって、
アウターへの変速性能が少なからず改善します。

③WICKWERKS(ウィックワークス) センチネル(両側チェーン脱落防止)

楕円チェーンリングは、変速性能を高めるために
通常よりややアウター側セッティングにしなければならず、
その結果、アウター側へのチェーン脱落も起こりやすくなってしまいます。

 

つまり、インナー側だけでなく、
アウター側へのチェーン脱落防止対策をしないといけません。

 

そこで、次のパーツが役に立ちます。

 

史上初であろうダブルギアでの
アウター、インナー、両側へのチェーン脱落を防止するパーツ。

 

サイスポの商品紹介ページ↓

ウィックワークスのチェーンキャッチャー「センチネル」発売。シクロクロスにも最適! News
アメリカのWickwerks(ウィックワークス)社より、デュアルサイドチェーンキャッチャー「Sentinel(センチネル)」が発...

結局、どの方法がベストか?

楕円チェーンリングの変速性能を改善する3つのパーツ rotor q-rings

楕円チェーンリングを使うなら、
兎に角はまず、「センチネンタル」でチェーン脱落を防ぐべきです。

 

その上で、まだ不満が残るなら
「WISHBONE FDアダプター」や「FDアングルスペーサー」を使ってみて
変速性能アップを図ってみる、という順番がベスト。

 

ここまでやれば、変速トラブルは間違いなく改善できます。

 

スポンサーリンク