この記事の所要時間: 25

 

松木です。

 

バルブに取り付けるパワーメーターが発売されるようです。

税込¥17,280と、かなり激安です。

 

果たしてどういった仕組みで計測し、
そして、使い物になるものなのかを考えてみます。

 

スポンサーリンク

「AROFLY」の基本情報

AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution パワーメーター

『AROFLY』
サイズ : 直径2.3cm 高さ1.9cm
重量:9g(バルブアダプター無し) 11g(バルブアダプター付き)
対応バルブ: 米式、仏式(付属のアダプターを使用)
機能: パワー出力、速度、走行距離、ケイデンス、高度変化、データ記録
電池: CR1632
付属品: バルブ゙アダプター(仏式バルブ用)、スマートフォンフォルダー、電池交換用ツール
取り扱い代理店:トライスポーツ
AROFLYのホームページ:http://www.arofly.com.tw/arofly/public/

 

付属のスマートフォンフォルダー↓

AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution パワーメーター スマホホルダー

「AROFLY」の計測の仕組み

ぺダリングの際の、タイヤの空気圧の微小な変化を読み取り、
そこから高度な計算によってパワーを算出します。

 

F-117ジェット戦闘機のピトー管に使われた技術が応用されているらしく、
航空技術がベースにあるようです。

 

AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution パワーメーター ケイデンス

さらに、ケイデンスまで読み取ることができます。

 

「AROFLY」が読み取った情報は
Bluetoothでスマホへ飛ばし、
専用のアプリ内でのみ表示させることができるようです。

対応スマホは、iPhoneシリーズとAndroidのあまり古くない機種です。

スマホでの表示例

AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution パワーメーター bluetooth

こんな感じで表示されます。

 

「パワー」「ケイデンス」はAROFLYから、
「速度」「走行距離」「高度」はスマホのGPS機能から、
「心拍数」はBluetooth対応の心拍計から、それぞれ計測します。

 

今年夏には、スマホの代わりとなる
高度計とGPSが搭載された「AROFLY専用サイクルコンピューター」が発売予定で、
より正確で、便利な計測ができるようになるみたいです。

 

スポンサーリンク

「AROFLY」の弱点

計測精度は大丈夫か?

AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution パワーメーター 精度

さすがに「パイオニア」などの10万クラスの
パワーメーターと比較すれば劣るのは間違いないです。

 

ただ、台湾の第一線の選手(コーチ?)も使用しているらしく、
「滅茶苦茶な数字が表示されて使い物にならない」
ということはないんじゃないでしょうか。

 

  • 精度が±10%ぐらい
  • たまに数値が大きくずれる
  • 出力の変化にタイムラグがある

 

これぐらいは覚悟しないといけませんが、
逆に言えば、この程度で済むならコスパは高いと思います。

環境によっては役に立たない?

基本的に、
「比較的きれいな平坦路で、一定付加をかけながら走る」
というのが前提にあると思います。

 

ですから、そこから外れた環境、
例えば、「坂道」や「荒れた路面」では精度が落ちそうですし、

ダンシングやスプリントといった
高負荷ぺダリングに対応できるのかは怪しいところです。

 

それから、固定ローラーでは、使用できません。

 

※追記①
以下のインプレ記事を読む限り、
表示パワーは色んな要因、環境に左右されやすく、
正確にパワーが表示される条件はかなり限定されるようです。

『話題の arofly パワーメーター 試してみました。』
今日は、早速購入したarofly パワーメーターを試してみるべく 名栗湖までのライド!さてさてその実力はいかに取り付けは実に簡単 フレンチバルブは完全に緩めた…
火曜、暴風雨、朝ローラーとAROFLY。 : とんぼと一緒にロードバイク
火曜、4:40起床、sleep meister。今日は思うところあってZWIFTなしでローラー。昨日届いたニューアイテム、AROFLYを、使ってみる。固定ローラーでは正確に測れません、...
4本ローラーにおけるAROFLYとペダリングモニターの比較。 : とんぼと一緒にロードバイク
こちらがペダリングモニター。で、AROFLY。上段です。やはりL4領域(300W)での出力はあてにならなそう。10分から25分までを比較すると、ペダリングモニターでは比較的出...
金曜、鹿野山。 : とんぼと一緒にロードバイク
金曜、午前の仕事を終えて、リビングの片付けと掃除機がけをしてから鹿野山へ。機材はemonda SLRにAeolus3D3。久しぶりにクリンチャーに乗ったら、えらく跳ねる。もしか...

 

※追記② 【AROFLYと他社製パワーメータとの比較データ】

AROFLYと他社製パワーメータとの比較データ | TRISPORTS
AROFLYメーカーからのテストレポートが届きました。 以下メーカーからのレポートです。 同じ自転車にSRMパワーメータとAROFLYパワーメータを装備し、屋外で実際にテスト...

「AROFLY」は買いか

AROFLY Ultra Smart Bike Meter Solution パワーメーター

世に出回っている情報が少なすぎて、
「AROFLY」について判断しかねます。

 

現段階で使い始めることは、
ある程度のリスクは覚悟をしないといけません。

 

これだけ安いパワーメーターが高精度であれば、
話題にならないはずがありませんから、
それまで待ってみるのが得策ではあります。

 

ただ、自分が人柱になって「AROFLY」を使ってみて、
Pioneerで計測されるパワー出力と比較してみるのも面白いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク