この記事の所要時間: 221

 

松木です。

 

ピナレロのエンデュランスバイク「DOGMA K8」。

その後継モデルにあたる『DOGMA K10』が発表されました。

 

今回は、ピナレロの次なる弾である『K10』の細部に迫りたいと思います。

 

正式発表はまだですが、
『K10』にサスペンション+ディスクを搭載させた
『DOGMA K10-S Disk』も出てくるようです。

 

スポンサーリンク

『DOGMA K10』は限りなく「F10」に近い

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 『DOGMA K10』は限りなく「F10」に近い

『DAGMA K10』は「K8」の後継モデルながら、
つぎ込まれている技術は、トップモデル「F10」そのもの

 

前三角に関しては、「K10」というペイントが無ければ、
「F10」と区別することは、まずできないでしょう。

 

”理想”が形になる。2017年のピナレロ『DOGMA(ドグマ) F10』
 松木です。  先日発表された2017年モデルのPINARELLO『DOGMA F10』。 パッと見では、前作の「F8」と変わりないように思えますが、一体どこが変わ...

 

「F10」の詳細について話した、上の記事を読んでもらえると、
『K10』のほとんどの特徴を知ってもらうことができます。

 

簡単にまとめると、

 

DOGMA F10 フォークフラップ

フォーク先端が後ろへ伸びている「フォークフラップ」

空気の流れを整える効果があります。

 

DOGMA F10 コンケーヴ

ボトルを取り付けた際の空気抵抗を
大幅に減らすダウンチューブの「コンケーヴ(凹)」形状。

 

DOGMA F10 eリンクシステム

新型Di2「9150」のジャンクションAを埋め込める
ダウンチューブの「eLINKシステム」

 

「F10」に搭載されている技術は、
もれなく『K10』にも導入されています。

『DOGMA K10』にだけに見られる特徴

『K10』には「F10」に見られない、次の4つの特徴があります。

①「乗りやすさ」と「安定感」を重視したジオメトリー

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 エンデュランスジオメトリー

『K10』は、ヘッドチューブが5mm、
チェーンステイが10mm前後長い設計です。

 

これで多少ハンドルを上げやすくなりますし、

チェーンステイが長いと「反応性」が若干落ちる代わりに、
「安定感」のある走りを実現できます。

②「ONDAシートステイ」と「フレックスステイズ」

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 Flexstay フレックスステイ ONDA【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 Flexstay フレックスステイ

「K8」に見られた、グニャリと曲がった「ONDAシートステイ」
横に潰された扁平なチェーンステイ「フレックスステイズ」

 

これらは、突き上げに対して縦方向のしなりを生み出し、
「快適性」を高めることを狙っての形状ですが、

 

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 Flexstay フレックスステイ

引き続き『K10』にも採用されています。

③シートポストを確実に固定する強化「Twin Force」

DOGMA F10 シートポスト

「F10」では、シートポストがずり落ちないように
2ヶ所のボルトで確実に固定するようになっているのですが(「ツインフォース」)、

 

石畳をも想定している『K10』では、
さらに1か所ボルトを追加し、計3つのボルトで固定します。

 

これで、悪路を走った際の激しい振動に対しても
絶対にシートポストが下がることはありません。

④28cのタイヤまで対応

「K8」では、25cの太さのタイヤまで対応していました。

 

ですが、昨今の太いタイヤの流れに合わせて、
フレームとタイヤのクリアランスを拡張し、
『K10』では、28cのタイヤまで対応できるようになりました。

 

キャノンデールの新型「シナプス」は、32cまで対応できるそうですが、
ロードバイクに28cよりも太いタイヤをはめるとは考えにくく、
『K10』程度のクリアランスがあれば十分だと言えます。

 

 

タイヤクリアランス以外の①~③までの特徴は、前作「K8」と共通です。

 

スポンサーリンク

サスペンション付き『DOGMA K10-S ディスク』も登場予定

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 ディスクブレーキ

メーカーからの正式発表はまだですが、
『K10』にシートステイサスペンション+ディスクブレーキを取り入れた
『K10-S Disc』も発売されます。

 

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。

ダウンチューブの「eリンクシステム」部分ですが、
ジャンクションAの上側に、何やら見慣れないボタンが見られます。

 

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。 K10-S DISK

そして、サスペンションのほうにも
「K8-S」には無かったユニットが追加されており、
そこからトップチューブへとケーブルも伸びています。

 

これはあくまで推測なのですが、
「ダウンチューブのボタンによってサスペンションの強弱を調整できる」
仕組みなのではないかと思います。

 

キレイに舗装された道を走る際には、
サスペンションは、少なからず推進力も喰ってしまいますからね。

『DOGMA K10』は、乗りやすい「F10」だと思う

”理想”が形になる。2017年のピナレロ『DOGMA(ドグマ) F10』

先日、「DOGMA F10」を試乗しました。

 

ハイエンドフレーム特有の「キレのある加速感」。

狙い通りのラインを走れる「クイックなハンドリング」。

その上、軽く、エアロ形状で間違いなく速く走れるフレームだと思いました。

 

ですが、レーシーなフレームは時には好まれない場合もあります。

 

「F10」には加速感と引き換えに「硬さ」がありましたので、
しっかり鍛えていないと、脚にきやすそうに感じました。

 

「F10」は速さに特化させている分、
そこに”乗りにくさ”を感じる場合もありえます。

 

【2018年モデル】ピナレロ『DOGMA K10』。F10の技術を色濃く受け継ぐエンデュランスバイク。

対して『DOGAM K10』。

 

ベースは「F10」でありながらも、
フレームの後ろ三角の”長さ”と”形状”によって
「リアの柔軟性」「走りの安定感」が付け加えられています。

 

レースでシビアに上位を狙うのであれば『F10』でしょう。

 

ですが、『K10』は「快適性」に振っているというだけで、
ほとんどのユーザーを満足させるに十分な運動性能も兼ね備えていますから、
『K10』のほうが万能、そしてマッチするユーザーも多いはずです。

 

スポンサーリンク