この記事の所要時間: 341

 

松木です。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 キナンサイクリングチーム ヨネックス CARBONEX HR

現在開催中の「ツアー・オブ・ジャパン2017」に
参加しているチームのバイク機材Vol.3です。
(画像をクリックすると拡大します)

 

今までの記事↓
『【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.1+【動画】京都ステージの山岳賞の坂を全力で登ってみた。』
『【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2』

 

スポンサーリンク

チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン「IZALCO MAX」

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2 チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン ドイツ人 ジャーマン

2016年から活動開始、メンバー全員がジャーマンという
新鋭チームの「チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン」。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2 チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン「IZALCO MAX」

フレーム:FOCUS「イザルコマックス」
メインコンポ:ULTEGRA 6800(クランク ROTOR)
ホイール:プロファイルデザイン「58 TWENTY FOUR」
タイヤ:シュワルベ「PRO ONE 25c」
ハンドル周り:バラバラ
パワーメーター:SRM

 

ドイツ人チームが使うのは、やはりドイツメーカーの「FOCUS」。

この「IZALCO MAX」は2014年に発表されて以来、
3年以上モデルチェンジはありません。

フォーカス IZALCO MAX 大幅な軽量化を遂げたフラッグシップレーシングバイク
スーパーライトの名を冠したIZALCO TEAM SLの登場から1年、早くもフォーカスはフラッグシップモデルのモデルチェンジに踏み切った。「IZALCO MAX」は、フォークとリアバ...

 

「運動性能を保ったまま、無駄を徹底的に削ぎ落としたフレーム」
という、よく聞くようなコンセプトです。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2 チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン「IZALCO MAX」 ホイール タイヤ

足回りは、プロファイルデザイン「58 TWENTY FOUR」+
シュワルベ「PRO ONE 25c」の組み合わせ。

 

プロファイルデザイン ホイール プロファイルデザイン ハブ

「TWENTY FOUR」は、
独自の耐熱リムと軽量ハブを使っていてなかなか軽量、
使い勝手とコスパの良いホイールです。

 

タイヤのプリントは「ONE」になっていますが、
耐パンクベルト「Vガード」の入った「PRO ONE」です。

シュワルベタイヤは、色々と分かりにくいですね(^^;

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2 チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン「IZALCO MAX」 ハンドル

ハンドルは「DEDA」「3T」「PRO」などバラバラで、
おそらく私物でしょう。

 

コンポは、ワイヤー式ULTEGRA。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2 チーム・ダウナー・D&DQ・アーコン パワーメーター SRM

プロの世界では、メジャーなパワーメーター「SRM」。

SRMのサイコン「PC8」は思ったより大きかったです。

ガーミン「EDGE 1000」ぐらいの面積があります。

 

スポンサーリンク

トレンガヌ・サイクリングチーム「XELIUS SL 700

トレンガヌ・サイクリングチーム

チーム発足7年目で、アジアの名門チーム「トレンガヌ」。

 

ゼリウス SL 700 【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 トレンガヌ・サイクリングチーム ラピエール

フレーム:ラピエール「ゼリウス SL アルティメイト」
メインコンポ:R9100(数台クランクが9000)
ホイール:シマノ「WH-R9100-C40-TU」
タイヤ:パナレーサー「RACE EVO 3 26c」
ハンドル周り:PRO「VIBE 7S」
パワーメーター:STAGES(数台確認)

 

車体は、2016年にモデルチェンジした「XELIUS SL」の最上位グレード。

ラピエール XELIUS SL FDJが駆るオールラウンドロードが軽量性と快適性を高めフルモデルチェンジ
フランスのUCIワールドツアーチームFDJが駆るラピエールのレーシングバイクがモデルチェンジを果たした。オールラウンドモデル「XELIUS SL」はシートチューブ集合部の新...

 

lapierre ラピエール XELIUS SL

この有機幾何学的なシート集合部の造形が特徴的なフレームです。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 トレンガヌ・サイクリングチーム ラピエール AIRCODE

エアロロードモデル「AIRCODE SL」も一台だけありました。

 

京都ステージではエアロロードを選択するチームが多い中、
「トレンガヌ」の選手は、ほとんどがオールラウンドモデルに乗っていました。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 トレンガヌ・サイクリングチーム タイヤ ホイール

ホイールは、「WH-R9100-C40-TU」。

全チームの中で、圧倒的に使用率の高かったホイールですね。

 

僕も以前乗ったことがあります↓

『「WH-R9100-C40-TU」インプレ。万能神たるシマノホイール』

 

 

タイヤは、パナレーサーの「RACE C EVO 3」

「C」以外にも、「A」と「D」があります。

 

「D」は、耐パンクベルトをサイド部分まで覆った耐久性モデル。

「A」と「C」の違いは、
「A」が、スリック(ツルツル)なのに対して、
「C」は、コーナリングでのグリップ感が強いとされる「模様アリ」。

プロ選手はグリップの限界値の感じ取りやすい
パターン有のタイヤを好むようです。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 トレンガヌ・サイクリングチーム ハンドル pro vibe

ハンドル、ステム、シートポストは、PRO「VIBE」で綺麗に統一。

ハンドルとステムは、剛性重視のアルミ素材でした。

 

V0l.2で紹介した「アイソウェイ」チームと違って旧型です。

 

スポンサーリンク

キナンサイクリングチーム「CARBONEX HR」

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 キナンサイクリングチーム ヨネックス CARBONEX HR

フレーム:YONEX「カーボネックスHR」
メインコンポ:CAMPAGNOLO「コーラス11」
ホイール:FULCRUM「スピード55T」
タイヤ:IRC「フォーミュラプロ」
ハンドル周り:フィジーク「シラノ R3」
ペダル:LOOK「Keo 2 MAX」

パワーメーター:見当たらなかった

 

数少ない日本ブランドのYONEX。

簡単にこれまでの遍歴を話すと、

2014年モデル:初代「CARBONEX」登場
2015年モデル:塗装を軽量化した「CBXFS02」、カラーオーダーできる「CBXFS03」
2016年モデル:高剛性モデル「CARBONEX HR(High-Rigidity)」登場
2017年モデル:「CARBONEX HR」に、ストレートフォークモデルが追加

 

 

「CARBONEX」は、
テニスラケットで培った”しなり”を活かすコンセプトのフレームでしたが、
プロから「もっと剛性が欲しい」という要望があったそうです。

 

そこで、フォークとチェーンステイをごつくし、
さらに下の新素材をフレームに使うことで、
重量増(それでも800g台)と引き換えに開発されたのが「CARBONEX HR」。

ネオカップスタックカーボンナノチューブ
(ネオカップスタックカーボンナノチューブ)

 

「CARBONEX HR」の紹介ページ↓

 

cyclistのカーボネックス解説記事↓

軽いだけじゃない!ヨネックス「カーボネックス」 ライダーの真価を引き出す高次元性能 - cyclist
 バトミントン、テニスラケット等で世界的な知名度を誇る日本のトップスポーツブランド「YONEX」(ヨネックス)が送り出した純国産カーボンフレームセット「CARB…

 

細部にまでこだわって作られているのが分かります。

 

特に、ゴムの特徴を併せ持つチタン合金「ゴムメタル」
シートステイに使っているのが面白いですね。

 

森本誠 山の神 ヨネックス yonex carbonex カーボネックスHR

「CARBONEX HR」は、
今年から、日本一のヒルクライマー森本さんにも供給されます。

鬼に金棒‥‥

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 キナンサイクリングチーム ホイール タイヤ

ホイールが、フルクラム「スピード55T」、

タイヤが、チーム「NIPPO」と同じで
IRC「FORMULA PRO」の市販品にはないチューブラーモデルでした。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 キナンサイクリングチーム ハンドル

コンポーネントは、機械式「コーラス11」。

シマノで言うとULTEGRAに当たるグレードですが、
DURA-ACEと変わらないぐらいの値段がします。

 

 

ハンドル周りとシートポストは、フィジーク「シラノ」。

「シラノ」には、1種類のカーボンモデル(00)と
3種類のアルミモデル(R1>R3>R5)のラインナップがあるのですが、
「ハンドル:R3、ステム:R1、シートポスト:R3」という組み合わせでした。

 

 

「キナン」は和歌山を拠点にする3年目のチームですが、
発足短いチームは、最高グレードのパーツを供給してもらえないことが多いようです。

もしかしたら、供給ではなく、
チームの予算で購入しているだけかもしれませんが。

 

【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.3 キナンサイクリングチーム 山本元喜

1年前は、「NIPPO」でジロ・デ・イタリアを走っていた山本元喜選手もキナン所属。

京都ステージでは、逃げ集団に乗って活躍していました。

 

『「僕のジロ・デ・イタリア」7/6発売。少し変人なプロロード選手山本元喜の本。』

 

スポンサーリンク

 

【関連記事】
『【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.1+【動画】京都ステージの山岳賞の坂を全力で登ってみた。』
『【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.2』
『【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.4』
『【プロバイク機材レポート】2017年ツアー・オブ・ジャパンVol.5』