この記事の所要時間: 26

 

松木です。

 

プランクチャレンジ緑茶 カテキン 体脂肪 効果
HIIT 略 high intensity interval training

「なるべく楽に痩せたい」という思いから始めた
体脂肪率軽減作戦『プランクチャレンジ×カテキン×HIIT』。

 

6月10日から始めて1ヶ月が経ちましたので、
その結果報告です。

 

具体的な内容についての記事↓

体脂肪率を超効果的に落とす方法。HIIT×カテキン×プランクチャレンジの合わせ技。

 

体脂肪率は、「練習」「食事」にも関連することなので、
そちらの1ヶ月間の内容も、簡単に話しておきます。

 

スポンサーリンク

1ヶ月間の練習

プランクチャレンジ

 

  • プランクチャレンジ1ヶ月間
  • HIIT×4回
  • バイク練習460km(獲得標高10,000m)
  • トレイルラン練習105km

 

プランクは普段から少しやっていたので、
後半15日以降のスケジュールを2倍に伸ばした内容で行いました。

つまり、「90秒」から始めました。

 

HIITは週3回行うのが理想でしたが、
結局、週1回のペースでしか行っていません(^^;

 

通常のバイクとラン練習はそれほど多くなく、
普段は一日中のほとんどをデスクワークで過ごしていました。

1ヶ月間の食事内容

体脂肪は落ちた?プランクチャレンジ×カテキン×HIITを1ヶ月続けた結果。

食事制限は一切していません。

 

下はある一日の食事内容は下の通りで、
おおよそ2200~2300kcalぐらいです。

 

【朝食】
●納豆卵かけごはん1合
●ヨーグルト250g+バナナ+フルーツグラノーラ50g+ハチミツ10g
計1150kcal

【昼食】
●ごはん1合
●野菜炒め+生卵
●味噌汁
計900kcal

【夕食】
●豆腐一丁(納豆も食べることがある)
計170~270kcal

 

夜が「豆腐一丁」だけなのは、
昼食が遅くなることが多く、ほとんどお腹が空かないからです。

 

それから、長距離練習の前日には必ず、
炭水化物を中心に+2000~3000kcalほど余分に食べています。

練習中・後には一般的な量の、補給食やプロテインを摂りますね。

人体実験結果

体脂肪は落ちた?プランクチャレンジ×カテキン×HIITを1ヶ月続けた結果。

6/10計測時

  • 体重69.5kg
  • 体脂肪率18.4%
  • 骨格筋率35.2%

 

7/11計測時

  • 体重68.2kg(-1.3kg)
  • 体脂肪率15.5%(-2.9%、-2.22kg)
  • 骨格筋率36.4%(+1.2%、+0.36kg)

 

スポンサーリンク

考察

体脂肪は落ちた?プランクチャレンジ×カテキン×HIITを1ヶ月続けた結果。

体脂肪率を減らす際に、最も重視しているのが「継続性」です。

 

「食事制限」「炭水化物抜き」「シリコンバレー式の食事」
「毎日3時間の運動」「パーソナルトレーニング」などなど
今まで、あらゆる方法で体重を落とそうとしてきました。

 

どれも一定の効果がありました。

特に食事関連の方法は即効性があり、
始めの1~2週間で一気に体重が4~5kg落ちます。

 

 

しかし、その分ストレスも大きかったです。

 

 

食事制限は、起きてる間中ずっと「空腹」との闘いですし、
お腹が空いて、ぐっすり寝つけないこともありました。

 

「炭水化物抜き」「シリコンバレー式」は、
食べられるものが限定されてしまうので、
真面目に実践しようとすると、実際はかなり辛い‥‥

 

「毎日3時間の運動」は当たり前のように膝が故障しましたし(笑)、
「パーソナルトレーニング」も失敗しました。

 

 

体脂肪は落ちた?プランクチャレンジ×カテキン×HIITを1ヶ月続けた結果。

結局のところ「ストレスの溜まる手法」は、どれも長続きせず、
リバウンドして脂肪を蓄えてしまうだけの結果に終わっています。

 

「お金」も「時間」も「努力」も、すべてが無駄‥‥

 

 

こういった経緯があって、
「効果の大きさ」以上に「継続性」を重視するようになりました。

 

今回取り組んでみた方法は
自分にとってストレスを感じることは一切ありませんでした。

「一生続けられるか?」と聞かれたとしても「はい」と答えられます。

 

実際、昨日で1ヶ月経過した訳ですが、
今日も続けていますし、明日以降も続けます。

 

「ストレスフリーに体脂肪が減らせる」と分かったのに、
止めてしまう理由がありませんからね(^^)

 

体脂肪は落ちた?プランクチャレンジ×カテキン×HIITを1ヶ月続けた結果。 サイドプランク

プランクのほうは少しアレンジを加えて、
「サイドプランク」も取り入れてみることにします。

 

下のカテキン(EGCg)カプセルを続けつつ、HIITも適度に入れて、

2か月後の「大台ケ原ヒルクライム」では
10%を切る体脂肪率で迎えられるたら最高ですね。

 

スポンサーリンク