この記事の所要時間: 331

 

松木です。

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車前インプレッション】
 松木です。 発売開始して間もないSACRAのホイール『KYLE(カイル)』をお借りしました。 SACRA KYLE5 チューブレスレディ シマノ/スラム用 前後セットp...

 

今回は『KYLE 5』の実走インプレッション

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】

先にインプレのハイライトをまとめておきます。

 

 

  • 「巡航性能」「煽られにくさ」は”さすが”の一言に尽きる。
  • 非常に軽快。初作から-81gのリム重量434gは伊達じゃない。
  • 欠点は皆無。ただ「強く踏んだ時のかかり」に若干物足りなさを感じた。
    ⇒リア21H/2:1組ではなく、24H/左右クロス組の方が印象良さそう。

 

 

個人的には、”ドッシリ”と安定した走りの前作も好みでしたが、

「軽快さ」が際立つ新作『KYLE(カイル)5』は、
よりオールラウンドに、万人受けしやすくなったように感じます。

 

借していただいている身ではありますが、

”良い所” ”標準的な所” ”物足りないと感じた所”

ありのまま、掛け値なしで話していきたいと思います。

 

【関連記事】

SACRAホイール50mmをインプレ・レビュー『巡行性』『加速性』『緩登坂性』『剛性感』
 松木です。 【前回の記事】『SACRAホイール50mmをインプレ・レビュー「横風」「ブレーキ」「急登坂性」「快適性」』 現在、SACRAホイールには、何かと...

 

スポンサーリンク

【走りの印象】軽快(前作との一番の違い)

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 全体的な挙動

434gのリム重量が効いていて、
50mmディープリムとは思えない程に軽快。

 

35~40mmクラスと比べて、なんら遜色ありません。

 

走行中、リムから”コォォー”と独特の反響音が発せられ、
そこからもリムが軽い(もしくは薄い)ことが感じ取れます。

 

50mmが避けられる最大の理由が「走りの重さ」ですから、
「軽やかな走り」を実現している『KYLE5』は、
誰にでも受け入れられやすいだろうなと思います

【加速性】低~中出力では俊敏、高出力ではやや物足りない

SACRA『KYLE(カイル) 5』を徹底インプレッション【サクラホイール】 横剛性

「少しペースを上げようか」と脚に力を込めると、
ペダルが”スッ”と下りてくれて、リニアに反応します。

 

「加速性」においても、リムの軽さが活きてます。

 

 

ただ、「コーナーでの立ち上がり」「アタック」「スプリント」など、

バイクを振りながら高出力で踏むようなシチュエーションでは、
「かかりの良さ」「切れるような加速」は発揮されなかったです。

 

例えば、「スプリント」ならば、
”ジワジワ~”と伸びていって頭打ち感が少ない反面、
”スパーーンッ”と鋭い加速感は感じ取れません。

 

この点は物足りなく思ったところ。

 

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 剛性

おそらく自分の「体重」「パワー」だと、
リアホイールの『横剛性』が足りていないのが原因の一つかと……

 

なので、必要最小限の21H/2:1組ではなく、
24H/左右クロス組であれば、良い印象を得られそうな気がします。

 

SACRAホイールは、スポークの「本数」「組み方」を選択可能で、
各々の”ニーズ”、”好みの乗り味”に寄せられるのは有難いですね(^^)

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 カイル3

もしくは『KYLE 3』にするのもアリか……

 

リムハイト38mm、リム重量401gで、
『KYLE 5』よりも「加速性」重視のホイールです。

【巡航性】真骨頂

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 平地巡航

 

疾走感がハンパじゃない!!

 

まるで路面を”滑走”しているかのよう……

 

3~4%ぐらいまでの緩斜面・中速域でも、
「エアロ効果」は体感できる大きさで残っていましたから、

「巡航性」は相変わらずバッチリかと。

 

 

ただ、前作とは”伸びる感覚”が異なっていました。

 

前作は「エアロ」に加えて
「重めのリムによる回転慣性」が働いているイメージでしたが、

リムの軽い『KYLE 5』では、「回転慣性」はあまり作用せず、
その代わりに「エアロ」にますます磨きがかかっている印象を受けました。

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 平地巡航
(※体重65kg、バイク7kg、装備1kg、速度48km/hでの走行を想定)

JAXA調布航空宇宙センターにおける
『KYLE 5』他2種類のホイールの風洞実験データです。

 

『BORA 50』はまだしも
世界最高クラスのROVAL『CLX50』以上というのは素晴らしい!

 

「ここまで良い結果が出るとは……」と、田中さんも嬉しい誤算だったそう(笑)

 

 

少し余談になりますが、
SACRAが実施しているホイールの風洞実験に関して
面白いコラムがUPされてましたので良かったら(^^)

ホイールの風洞試験とホイールにかかる力 - SACRA Cycling
今回はホイールの風洞試験についてです。自転車の抵抗の80%は空気抵抗と言われるほど重要なエアロですが、エアロの研究は古くは1980年ごろから活発になっていきます。S...

【登坂性】10%でも引きずる感じは無い

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 緩斜面

やはり実測1355gというホイール重量は、
50mmチューブレス対応クリンチャーとしては優秀なのでしょう。

 

ホイールに”引きずるような重さ”は感じませんでした。

 

ただ、普通にダンシングする分には問題ありませんが、

ダンシングで力強くアタックしようとする際、
抜群の加速を魅せてくれることは無かったです。

 

 

ちなみにですが、この『KYLE 5』の続く使用者は、
SACRAがサポートしているプロ選手だったのですが、
200回以上登っている峠で、自己新が出たらしいです。

【乗り心地】普通

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 快適性 乗り心地

前輪が、コンチネンタル『4000sⅡ』25mm+パナレーサー『R’Air』、
後輪は、シュワルベ『ONE』25mm+ミシュラン『Air Comp Latex』。

そして、空気圧が前後ともに7bar。

 

この状態での『KYLE 5』の「乗り心地」は、
可もなく不可もなくといった”並”

 

「快適だな~」と感じることも無ければ、かと言って
「振動がコツコツ伝わってきて不快……」ともなりませんでした。

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 チューブレスタイヤ

乗り心地を求めるなら、
”チューブレスタイヤ”を装着すれば良いでしょう。

 

「パンクしているのか??」と疑うほどの”快適性”が手に入ります。

【ブレーキ】問題無し

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 制動力 ブレーキ

「ブレーキ」に関しては、カーボンリムの平均

 

制動力に特別不満を感じることは無く、
下りでも「効かなくて怖い……」となることもありません。

 

また、”ムラ”のある掛かり方はせずに一定。
(ブレーキ面が平滑でないと脈動する)

 

 

「雨」の中では使用していませんが、
ブレーキ面に特殊加工は施されていないことから察するに、
カーボンリムなりの”制動力の低下”は起こると考えられます。

【横風】不思議な程あおられない

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】 横風

この日、旗が”バタバタ”とたなびく
強め風が吹いていたのですが……

 

全然あおられない(゚∀゚d)サイコー!

 

大型トラックが通り過ぎる際の突風でさえも、
ハンドルが少し揺れる程度。

 

横風に対する強さは、もはやアルミリムと同等ですね。

「ディープリムはハンドルが取られて怖い」は、もはや過去の話。

 

スポンサーリンク

【まとめ】満足度を最大化しうるホイール

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】

『KYLE 5』ホイールを試すにあたって
自前の『Aeolus 5 TLR』と比較しながら走ってましたが、
各性能、全く遜色ないと感じました(少しばかり複雑な気持ちw)。

 

  • Bontrager『Aeolus 5 TLR』368,000円
  • SACRA『KYLE 5』197,640円

 

『Aeolus』はちょっと高すぎだとしても、
『KYLE 5』のコスパが相当に良いのは間違いありません。

 

 

SACRAの新作『KYLE5』ホイール【乗車インプレッション】

とは言え、
「体重」「脚質」「パワー」「乗り味の好み」「用途」によっては、
物足りないと感じる部分は少なからずあるでしょう。

 

そういった際、既に話した

  • スポークの本数&組み方
  • チューブレスタイヤ対応

 

さらには、

  • 振動吸収層「DBR」の追加(詳しくはSACRAのHP
  • 車体にマッチさせられるカラーバリエーション

 

「高水準にある各性能レベル」「良心的な価格」に加え、
これら数多くのオプションから適切に選び取ることにより、

『KYLE』は、大手30~40万ハイエンドクラスにも一切引けを取らない
極めて満足度の高いホイールになりうる可能性を秘めていると思います。

 

スポンサーリンク