この記事の所要時間: 148

 

松木です。

PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。

2017年11月下旬、
ペダリングモニターセンサーがR8000にも取り付け可能になるのに合わせ、
型番を「SGY-PM910Z」に変更した「Zモデル」を発売します。

 

変更点は、以下の3つ。

 

  •  R8000にも対応可能になる
  • 「スプリント検出機能」の追加
  • 右送信機カバーのカラー変更

 

価格(税抜)は据え置きの両側¥129,600、片側¥74,800。

 

今回のペダリングモニターセンサーのアップデートについて
少し見ていきます。

 

スポンサーリンク

ペダリングモニターセンサーの変遷

【2013年秋】「SGY-PM900」

PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。 【2013年秋】「SGY-PM900」

ペダリングモニターセンサー発売開始。

 

【2014年3月】「SGY-PM910H」

【2014年3月】「SGY-PM910H」 PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。

取り付けパーツが格段に簡素になり、対応フレームが増えました。

「操作性」「コンパクトさ」「価格」が改善されたサイコン「SGX-CA500」も登場。

 

【2015年6月】「SGY-PM910HL/SGY-PM910HR」

【2015年6月】「SGY-PM910HL/SGY-PM910HR」 PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。
「左右独立化」「出っ張りの減少」により、さらに対応フレームが増える。

 

【2016年10月】「SGY-PM910V」

【2016年10月】「SGY-PM910V」 PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。

R9100POTENZAにも取り付け可能になったのに合わせ、
型番が「Vモデル」に変更。

機能面での大きな変更はありませんでした。

付属する右送信機カバーが、レッド&グレーからレッド&ブルーに変更。

【2017年11月】「SGY-PM910Z」

R8000にも取り付け可能になったのに合わせ、
型番が「Zモデル」に変更。

「スプリント検出機能」が追加。

付属する右送信機カバーが、レッド&ブルーからレッド&シルバーに変更。

 

スポンサーリンク

「スプリント検出機能」

「スプリント検出機能」の特徴

サイコン「SGX-CA500」に蓄積されたデータから算出された
自身の10秒、30秒で出せるパワー。

 

スプリントを開始し、そのパワーの90%を越えると、
ペダリングモニターセンサーが「スプリントを開始した」と検知して、

普段、1秒間に1回のパワー検出頻度が、
1秒間に2回の高密度検出・記録に自動で切り替わります(30~60秒間)。

 

PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。

そして、「SGX-CA500」の画面には
スプリントで出した10秒、30秒の平均パワーが表示されます。

 

また、ソフト「シクロスフィア」のほうでは、
下図のようにより細かいパワー変化が記録され、
詳細なデータ解析ができるようになります。

PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。

スプリント時は、パワーが瞬間瞬間で大きく変化しており、
パワー検出頻度が低いと、最大パワーを逃す恐れがありますから、
「スプリント検出機能」は普通に役立ちそうですね(^^)

 

ちなみに「SGY-PM910V」以前のペダリングモニターセンサーを使っている人は、
「スプリント検出機能」を使えないのか?という疑問が浮かんできますが、

11月21日予定の「SGX-CA500」「SGY-PM910」のアップデートで
「スプリント検出機能」を使えるようになります。

「スプリント検出機能」の使い方

  1. 11/21予定のアップデートを実施する
  2. 自分の10秒、30秒のパワーデータを「SGX-CA500」に入れる
    (方法はこちら。「パワメータ同期」か「手動入力」で行う。)
  3. 「SGX-CA500」で、以下の操作を行う

PIONEERペダリングモニター「Zモデル」登場。新機能「スプリント検出機能」について。

右送信機カバーのカラー

パイオニア・ペダリングモニターセンサー「Zモデル」登場! パイオニア・ペダリングモニターセンサー「Zモデル」登場!

「SGY-PM910Z」から、右送信機カバーのカラーは、
初代から変わらないメタリックレッド(左)に加え、
アルティメットシルバー(右)の2種類が付属するようになります。

 

スポンサーリンク