この記事の所要時間: 221

 

松木です。

 

東京で開催されているサイクルモードで、
初披露されたOGK Kabutoヘルメット『FLAIR(フレアー)』

 

Kabuto史上最軽量と謳っていて、
なんと”ヒルクライマー”がメインターゲットのヘルメットです!

 

今回、最注目アイテムの一つでしたから、徹底的に見てきました。

おそらく誰もが気になる実測重量も測っています(^^)

 

スポンサーリンク

OGK KABUTO史上最軽量『FLAIR』

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション!

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 見た目 外観

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 見た目 外観

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 見た目 外観

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 見た目 外観

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 見た目 外観

「通気性」「軽量化」を意識して、
ベンチレーションの数は29もあります。

「FLAIR」に投入される主な”7つの技術”

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション!

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション!

 

  1. ”軽さ”と”衝撃吸収性”を両立した日本製高性能ポリスチレン
  2. 限界まで肉抜きされたポリカーボネイト製シェル
  3. ”軽さ”に特化したアジャスター「SLW-1」
  4. ”軽さ”を追求して、あご紐のアジャストロックを排除
  5. 全体にベンチレーションが設けられ、登坂中の低速域でも通気性が高い
  6. 目への汗の侵入を防ぐスウェットパッド
  7. 坂での上目使いしても、ヘルメット先端が視界を妨げないようにカット

 

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! ポリカーボネイト製シェル

模様のように見えるのは、シェルの肉抜きです。

くり抜かれた部分には、代わりにポリスチレンが埋められています。

これで3gの軽量化。

 

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! あごひも

アジャストロックもなく、完全に縫われています。

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! あごひも アジャストロック

アジャストロックとは、
耳たぶの下の合流位置を調整する機構のこと。

ここの調整は、特に必要って訳でもありませんから、
排除してシンプルにしてしまったんでしょう。

 

あご紐に極薄軽量素材を採用していることも合わせて、
あご紐全体では5gの軽量化を果たしています。

標準⇔軽量の仕様変更

『フレアー』は、
”使い勝手””軽さ”のどちらを重視するかで、
3種類の仕様変更が可能です。

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! ウルトラスウェットパッド

一つ目が、おでこの汗をサイドへと流すスウェットパッドの有無。

 

ヘルメット内部からは若干浮いたフローティング構造になっていて、
おでこにピタッと密着してくれます。

 

これによってフィット感は上がりますし、
汗は確実にサイドへと流れてくれます(^^)

 

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! パッド

二つ目が、内部パッドの交換。

こちらが標準仕様で、虫の侵入を防ぐネットあり。

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! パッド

そして、こちらがネットを無くしたバージョン。

主に「通気性向上」が狙いではありますが、
わずかながら軽量化にも貢献します。

 

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! XF-7アジャスター SLW-1アジャスター

二つ目が、後頭部アジャスターの交換です。

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! XF-7アジャスター SLW-1アジャスター

通常は、ダイアル式のアジャスター「XF-7」で使いますが、

1gでも軽くしたいヒルクライムレース等では、
大胆に肉抜きし、ダイアルも廃止してしまった
決戦用アジャスター「SLW-1」に変更できます。

 

簡単に言えば、”頑丈なタイラップ”(笑)

 

「SLW-1」にすることで、12g軽量化できますが、
”耐久性”を考えると、普段は「XF-7」を使ったほうが無難です。

実測重量

さて、「フレアー」を購入するとなれば、
間違いなく実測重量は気になるはず。

 

もちろん僕も気になりましたので、
スタッフの方に了解を得て、スケールで測ってみました。

 

およそ170gだと言っていましたが、果たしてどうか‥‥

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 実測重量

S/Mサイズ、スウェットパッド有り、ネットありパッド、ダイアルアジャスター。

フル装備の”使い勝手”を重視した仕様で184.6g

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 実測重量

S/Mサイズ、スウェットパッド無し、ネットありパッド、ダイアルアジャスター。

スウェットパッドを取り外した仕様は、7.1g軽い177.5gでした。

 

超軽量アジャスター仕様のものも測りましたが、
「そちらは発売までに微調整するかもしれないので控えて欲しい」
ということだったので書かないでおきます。

被り心地

実際にかぶってみて「見た目」「かぶり心地」なんかも確かめます。

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 被り心地

サイドの張り出しの大きい”キノコ”にはならず、
全体的なデザインも悪くありません。

「見た目」に関しては合格(^^)!

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 被り心地

そして、肝心の「かぶり心地」ですが、『AERO-R1』に近いと感じました。

 

日本人の丸型頭に合うように横幅はしっかり確保されていて、
ヘルメット前部と後頭部アジャスターで支えている感覚です。

 

頭と干渉して痛くなりやすい
側頭~頭頂の間の赤丸部分は
特に広めにスペースが取られていました。

 

「合わない」という人は限りなくゼロだと思われます。

 

スポンサーリンク

カラーラインナップ、予定価格、発売時期

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! カラーラインナップ

まずは6色のカラー展開でスタートします。

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! カラーラインナップ

マットホワイト

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! カラーラインナップ

マットブラック

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! カラーラインナップ

マットレッド

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! 見た目 外観

マットイエロー

 

それから、写真はありませんが、マットブルー

 

OGK Kabuto史上、最軽量ヘルメット『FLAIR』実物インプレッション! カラーラインナップ

最後にGWG。

この奇抜なカラーリングが、通常ラインナップなのは驚きますね(^^;

 

『フレアー』の予定価格は
『AERO-R1』より少し高い税抜20,000円強

来春3~4月頃の発売です。

 

スポンサーリンク