この記事の所要時間: 126

 

松木です。

 

各メーカーの新作ダイレクトドライブ式ローラーに呼応するように
ついにTACX『NEO Smart T2800』の後継機が発表されました。

 

最強のローラーTACX『Neo 2 Smart T2850』登場!前作からの改良点は?

TACX『NEO 2 Smart T2850』

 

パッと見では、色違いにしか見えませんね……

果たして前作から進化したポイントとは?

 

【関連記事】

2019年版ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。7社16種を徹底比較してみた。音・振動は?価格は?ZWIFT対応?パワー計測は?
 松木です。 Tacx「Neo Smart T2800」を使用中。 室内トレーニング用のローラー台は、”ダイレクトドライブ式”の一択だと思ってます。(ただ、持ち運びに...

 

スポンサーリンク

Tacx『NEO 2 Smart T2850』のスペック

まずはスペックから。

最強のローラーTACX『Neo 2 Smart T2850』登場!前作からの改良点は?

【パワー精度】±1%
【再現可能斜度】25%
【最大計測パワー】2200w
【本体重量】21.5kg

 

つまり、スペック的に変化はありません。

ただ、これ以上上げても意味は無いとも言えます。

TACX『NEO 2 Smart T2850』の6つの改良点

最強のローラーTACX『Neo 2 Smart T2850』登場!前作からの改良点は?

  1. 容量型非接触センサーによりケイデンスの正確さUP
  2. ペダルストローク解析機能の追加
  3. ペダリングパワーの左右差が測定可能に
  4. 将来的な機能追加に備え、内蔵メモリの容量UP
  5. 内部電子を刷新され、より静かに、より自然な負荷に、より負荷変化の反応が速く
  6. 142 x 12mmと148 x 12mmアクスルアダプターの追加

 

う~ん……

これらの改良は実際の所どうなんでしょう?

 

最強のローラーTACX『Neo 2 Smart T2850』登場!前作からの改良点は?

『NEO Smat』を購入するほとんどの人は、
ZWIFTが大きな目的なんじゃないかと思います。

 

(将来的には分かりませんが)現時点では、

「ペダルストローク解析」(ZWIFTで表示されない)
「ペダリングパワーの左右差」(ZWIFTで表示されない)
「内蔵メモリの容量UP」

これらがZWIFT上のプレイの質を上げる訳ではありません。

 

そうなると、

「ケイデンスの正確さUP」
「より静かに、より自然な負荷に、より負荷変化の反応が速く」

この2つが実用面で関係ある改良ということになりますが、

 

ダイレクトドライブ式ローラー頂上決戦。6社14種を徹底比較してみた。 tacx neo smart t2800

なるべく良いに越したことはないものの、
現行の『NEO Smart T2800』でも十分満足できる
「正確さ」「静かさ」「負荷のかかり方」を実現してますからね……

TACX『NEO 2 Smart T2850』は買いなのか?

最強のローラーTACX『Neo 2 Smart T2850』登場!前作からの改良点は?

新型の『NEO 2 Smart T2850』には、

フロント自動昇降装置『KICKR Climb』に対応できること、
もしくは『KICKR Climb』に類するTACX製品を作ってくれること、

それから「デザイン変更」や「ワクワクするような進化」を期待していました。

 

そうであれば買い替えも本気で視野に入れたでしょう。

 

最強のローラーTACX『Neo 2 Smart T2850』登場!前作からの改良点は?

そういう意味で、今回のアップデートには少々ガッカリ……

海外レビュアーの方も「2ではなく1.5」だとか
「マイナーチェンジ」だと話されていますし(^^;

 

前作から3年も経ってようやく発表した新作なのに、
ここまで「見た目」「機能」の変化が小さいとなると、
正直言って”手を抜いている”印象を受けてしまいました。

 

考え方によっては、
物欲が猛烈に刺激されるような代物ではなくて、
お財布事情としては安心した所もありますけどね(笑)

 

ヨーロッパでは既に発売開始していて、
日本へは12月中旬~1月頃に海を渡ってくる予定だそうです。

 

Wiggleで「Neo Smart T2800」を安く入手(画像クリック)

スポンサーリンク