この記事の所要時間: 240

 

松木です。

 

今回は、「ボトルケージ」と比較的小ネタ。

 

ただ、ヒルクライマーとしては見過ごせないアイテムではあります。

TNI JUST ジャスト 9 ①

「TNI JUST(ジャスト) 9」ボトルケージ。

 

では、自分ならではの視点でぶった切っていきます。

 

※最後に、新商品の追記あり

 

スポンサーリンク

安価(税抜¥4,800)ながら、”9g”という圧倒的軽さ

TNI JUST ジャスト 9 ②

通常の1,500円ぐらいの樹脂製ボトルケージの重量は40g前後です。

 

軽量のカーボンボトルケージでも20g前半のが多いですね。

 

elite leggeo レジェロ

軽さに特化させた「ELITE LEGGERO(レジェロ)」でさえも15gですから、
9gというのは異常とも言える軽さです。

 

ちなみに実測重量でも9gなので、ご心配なく。

『TNI JUST(ジャスト) 9』の”3つ”の注意点

もちろん軽さと引き換えにしたものもあります。

①ボトルの底の形状によっては使えない

TNI JUST ジャスト 9 干渉

まず、この特殊な形状のため、
ボトルの底が上のようにすぼんでいないと
ボトルケージに引っかかって入りません。

 

これって結構なボトルがアウトなんじゃないでしょうか(^^;

②許容するボトルの直径がシビア

例えば、こんなボトルケージだと、
ボトルをホールドする部分がある程度動きますから、
ボトルの種類による直径の違いは、あまり気にする必要がないです。

TNI JUST ジャスト 9 ③

ただ、この「JUST 9」は、
亀甲縛りの如くガッチリ締まっていて、
横への柔軟性は皆無。

 

一般的には、ボトル直径は73.5mmほどですが、
仮に、直径が74.5mm以上あると、そのボトル使えません。

 

柔軟性のないボトルケージは、
コンマ単位のボトル直径の違いで、
出し入れのしにくさが大きく変わりますから、
試しに使用するボトルで出し入れしたほうがいいですね。

 

※追記
サイズ展開になりました。
Just9(S) 径73~74mm対応(POLARボトル等)
Just9(L) 径75~76mm対応(TACXボトル等)

③限りなく薄いので、最適なワッシャーは必須

TNI JUST ジャスト 9 ネジ ワッシャー

車体に取り付けるためのネジやワッシャーは付属しません。

 

つまり、自分で用意しなければいけませんが、
適当なネジで何も考えずに取り付けると、
穴がえぐれたり、カーボンが割れて使い物にならなく恐れがあります。

 

  • 広い面で押さえる最適なサイズのワッシャー
  • ボトルと干渉しない比較的頭の低いネジ

 

安全に固定したいなら、
これらをホームセンターなりで買ってくる必要があるでしょうね。

 

スポンサーリンク

手持ちのENVEボトルケージと比較してみた

手元にENVEのカーボンボトルケージがあったので、
せっかくなので少し比較をしてみます。

 

実測重量は19.3gで、重量は「JUST 9」のおよそ倍。
ちなみに、価格も2倍です。

 

ただ、ENVEならではの強いカーボンでつくられていて
軽量でありながら、使っていて”危うさ”みたいなものを感じませんし、
TNIのような色んな制限もありません。

 

さらに、形状的に左右から出し入れしやすいので、
ボトルケージとして、使い勝手の良さは最高クラスです(^^♪

※追記:新商品のボトルケージ『JUST 7』など

TNIから「JUST9」よりも実用的な上、
コスパの良い、軽量カーボンボトルケージが発売されました。

軽量 ボトルケージ TNI LW17Ⅱ

『LW17Ⅱ』 税抜¥3,800

 

先にオススメしたENVEボトルケージと同じ形状。
さらに、滑り止めラバーまで付きながら15gと超軽量です。

 

これは現状、最も使えるボトルケージだと思います。

軽量 ボトルケージ TNI LW17Ⅰ

『LW17Ⅰ』 税抜¥3,800

 

12gと、「JUST9」に迫る軽さ。
「LW17Ⅱ」よりも左右の壁に高さがあって、
ホール力は高そうです。

 

長いボトル、ステンレス製サーモボトルなどの重たい物を差し込むなら、
こちらのほうが「LW17Ⅱ」よりも安心感があります。

軽量 ボトルケージ TNI Right Open Ⅱ軽量 ボトルケージ TNI LEFT Open Ⅱ左利き用

『Right OpenⅡ 』『Left OpenⅡ 』 税抜¥3,800

 

ホールド力に重きを置きながら、19gと十分に軽量です。

 

他のカーボンボトルケージと違って、
左右の腕が真ん中でつながっていないので、
差し込む物の直径に合わせて動きます。

 

重たく、しかもメーカーによって直径がまちまちな
ツールボトルには、このシリーズが特に向いているでしょうね。

 

TNI ボトルケージ Just7 ジャストセブン TNI ボトルケージ Just7 ジャストセブン

TNI『Just7(ジャストセブン)』税込¥8,428

その名の通りたった7gのボトルケージ。

 

『Just9』と違って「ボトルによっては入らない」という事は無さそうですし、
アームも左右に開いてくれる分、使い勝手はそこまで悪くなさそうです(^^)

驚異の重量7g 扱いやすさも進化したボトルケージ TNI JUST7 - 新製品情報2018
リーズナブルな価格で尖ったプロダクトを多くラインアップするTNIが、超軽量ボトルケージを発売。以前に発表されたJUST9から更に2gをそぎ落とし、7gという驚きの重量を...

 

まとめ

この「TNI JUST 9」に関しては、
完璧ではない、やや難ありのパーツだと思いました。

 

とは言え、その軽さは、強力な武器にはなりますから、
今回話したことに注意した上、
ヒルクライム限定で使うのが良いと感じます。

 

スポンサーリンク