この記事の所要時間: 226

 

松木です。

 

Cycling Weeklyによるベロドローム実験
「最速のエアロロードバイクがどれ?」第二弾が行われました。
(第一弾はこちら

 

用意されたのは次の4台です。

 

  • Bianchi「Oltre(オルトレ) XR4」
  • Scott「Foil (フォイル)」
  • Merida「Scultura(スクルトゥーラ)」
  • Specialized「S-works Venge Vias(ヴェンジヴァイアス)」

 

サンプルは少なめですが、
中でも「Oltre XR4」「Foil」の2台は、
個人的には興味のあるモデルです。

 

スポンサーリンク

実験される4台の特徴

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

ビアンキのエアロロードには「Oltre XR3」「Aria」もありますが、

「Oltre XR4」はそれらを押さえて、
最も空気抵抗の小さいフラグシップモデルです。

 

ビアンキOLTRE(オルトレ)『XR4』と『XR3』を比較インプレッション

【2018年モデル】ビアンキのフルエアロロードバイク『AIRA』のインプレ。

 

ですが、あくまで”全体バランス”を重視したフレームであり、

「Venge Vias」「Foil」なんかに比べると、
”エアロ”の突き詰め具合は甘いです。

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

2016年に初披露された新型「Foil」。

 

”バランス”を重視している点では「Oltre XR4」と同じですが、
「Oltre XR4」に比べ、細かい所まで”エアロ”が意識されています。

 

「Venge Viasに匹敵するのか?」という部分が注目です。

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

エアロロード「Reacto(リアクト)」は、
諸事情で用意できなかったそうです(^^;

 

代わりに「一般的なロードバイク」という位置づけで、
「Scultura」が今回の実験に加えられています。

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

第一段でも登場した「Venge Vias」。

「Madone 9」と肩を並べる最高クラスの「空力」を備えています。

 

第一弾で使われたモデルを再び実験することで、
第一弾と第二弾の間で比較しやすくする狙いがあります。

実験方法

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

実験場所は、1周250mの「ダービーベロドローム」。

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」 エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

「ブラケット」「ドロップ」「エアロフォーム」
3種類のポジションで、速度、パワーなどを計測します。

 

そうして得られたデータを
「Watt Shop」という機関が開発したソフトウェアに入力し、

45km/h走行で「空気抵抗」を切り裂くために必要な出力
「Aero Watt」を算出していきます。

 

「Aero Watt」とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、

「Aero Watt」=「45km/h走行に必要な出力」-「転がり抵抗」-「駆動抵抗」

という、「空気抵抗」だけを抽出したような値です。

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

乗り手、ポジション、ホイールなどはもちろん、

サイコン、ボトルといった小物まで統一し、
可能な限り同条件になるように気遣われました。

 

スポンサーリンク

結果

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

一番注目すべきは、黄緑で囲んでいる「Aero Watt@45km/h」

 

「Foil」≒「Venge Vias」>「Oltre XR4」>「Scultura」

 

わずかながらも「Foil」が、
「Venge Vias」を上回ったのは意外でした。

 

※補足しておくと、
1wの違いによって、1km走行で約0.1秒の差が生まれます。

つまり、「ドロップ」ポジションを取って「Foil」「Scultura」で走った場合、
371.27-336.32≒35wですから、1kmで3.5秒もの差が付くことになります。

 

スコット FOIL RC PREMIUM DISC エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」スコット FOIL RC PREMIUM DISC エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

先日発表された2018年モデル「Foil RC Premium Disc」は、
ディスク化に伴って”空力性能”は、更に少し上がっています。

 

また「Venge Vias」と比べて”乗り心地”は良いですし、

同じコンポ、ホイールで組んだとしても、
「Foil」のほうが300g前後軽く仕上がるはず。

 

つまり、今回の実験結果を信じるならば、
総合的な性能は「Foil」に軍配が上がると思いますね(^^)

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」 merida reacto

もう一つ、今回試されなかった新型「Reacto」について。

 

45km/hで「Scultura」に比べて18w削減できると、
メーカーは発表しています。

 

ですから、「Scultura」の実験結果を参考にするならば、
新型「Reacto」の「Aero Watt@45km/h」は、
「Foil」「Venge Vias」以下、「Oltre XR4」以上だと予想されます。

 

 

エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

以上、Cycling Weeklyによる
「どのエアロロードバイクが最速?」第二弾でした。

 

施設での”風洞実験”は面白いですが、

より実際の走行に近い状況下でデータを得る
”ベロドローム実験”も、かなり重要だと思います。

 

風洞実験なら「Foil」より「Venge Vias」のほうが良い結果が出るでしょうが、
今回のベロドローム実験では「Foil」≒「Venge Vias」でしたからね。

 

スコット FOIL RC PREMIUM DISC エアロロード対決「Venge Vias」vs「Foil」vs「Oltre XR4」

 

  • Pinarello「F10」
  • Giant「Propel Disc」
  • Merida「Reacto」
  • Lapierre「Aircode」
  • Factor「O2」

 

このあたりを候補にした第三弾の予定もあるそうです。

期待しておきましょう。

 

スポンサーリンク