この記事の所要時間: 244

 

松木です。

 

過去最高傑作と謳うチェーンオイルVipro's『Blue-no』とは? 富士ヒルクライム

先日の「Mt.富士ヒルクライム」の前日。

受付会場で出店しているブースを回っていました。

 

 

超軽量ロードバイク 3635g 3kg台

フレーム重量680gのウィリエール「Zero.6(ゼロ・セーイ)」
をベースにした3635gという超軽量バイク。

 

sunvolt ゼッケン止め

エアロワンピースジャージが急激に人気が出てきている
SUNVOLTからはゼッケン止め。

 

sunvolt ゼッケン止め

ボタン式でジャージを挟むように止めるので、
安全ピンのように生地を傷めることはなく、
また、マグネット式のように「ずれる」ということもありません。

目新しい商品ではないんですが、何気に使えるアイテムです。

 

 

過去最高傑作と謳うチェーンオイルVipro's『Blue-no』とは? ヴィプロス ブルーノ

そして、一番気になったものが、
ケミカルメーカー「ヴィプロス」のブースでチェーンオイルです。

 

東京の有名ロードバイク店「オーベスト」の西谷店長も開発に携わった潤滑剤で、
つい先日の6月8日に発売されたばかりの新商品。

本日発売です! - オーベスト ブログ
ちょっと思入れのあるオイル。 常々思っていたこんなオイルがあれば・・実現化してもらった物。 Blue−no。 勿論、オイルには色々と求められる要素があり理想は一...
ブルーノ その後 - オーベスト ブログ
このオイルにすると日ごろのメンテナンスが格段に効率的に。 正直 楽!! 殆ど水のような液体。 よって刺し易いように付属のこの容器に移して使うと便利。 付け過ぎる...

 

どういった特徴があるのか紹介していきます。

 

関連記事

『超一流のチェーン洗浄・潤滑メソッド』

 

スポンサーリンク

Vipro’s『Blue-no』とは

過去最高傑作と謳うチェーンオイルVipro's『Blue-no』とは?

税込価格¥2,376、内容量52ml。

なかなかに高価なチェーンオイルです。

 

ヴィプロスのチェーンオイルには、
「muon(無音)」「keiten(軽転)」という2つの看板商品があります。

 

過去最高傑作と謳うチェーンオイルVipro's『Blue-no』とは?

「Blue-No(ブルーノ)」は、その2つのオイルの良い特徴を併せ持たせました。

「muon」と「keiten」の特徴

過去最高傑作と謳うチェーンオイルVipro's『Blue-no』とは? keiten muon

『muon(無音)』⇒「ぺダルフィーリング」と「耐久性」

極圧系の特殊添加剤を50%(通常は5~15%)で高配合しているオイルで、
塗布直後からの薄い高荷重対応潤滑皮膜(=極圧被膜)をつくります。

足に伝わるチェーンのノイズ感が激減し、
チェーンの”チャラチャラ音”が消えるため、「無音」と名付けられました。

この被膜は「定着性」が比較的高く、
その上、オイル自体を中粘度にすることで飛散を抑えているので、
耐久性も高め(晴天時目安400~500km)で、
雨天時でも滑らかなぺダリングフィーリングをある程度保ってくれます。

 

『keiten(軽転)』⇒「防汚性」

muonとの一番の違いは「低粘度」にして、「汚れにくさ」に重点を置いていることです。

加えて、「粘度抵抗が低い」「チェーンのコマ内部への浸透性が高い」というオマケ付きです。

逆に、低粘度にしているデメリットは「耐久性の低さ」(晴天時目安200~300km)で、
雨天時では長く潤滑性能を保つことはできません。

 

 

つまり、「muon」と「keiten」の2つの商品に分けていたように、
チェーンに留まらせて「耐久性」を上げるためには粘度を上げないといけないですし
「汚れにくさ」を上げるためには粘度を下げなければならず
「耐久性」と「防汚性」は、両立させることが難しい相反する性能でした。

Vipro’s『Blue-no』の秘策「サスペンド系」

Vipro's『Blue-no』の秘策「サスペンド」 Vipro's『Blue-no』の秘策「サスペンド」

 

”低粘度で定着する”

 

Vipro’s「Blue-no」を端的に表すとするならば、こうなります。

 

写真のように「ブルーノ」には、
伸び拡がりながら、チェーンのコマの細かい間へと強く浸透・定着していくという
他のオイルでは見たことのない特性があります。

 

ヴィプロスは、この特性も持たせることに成功した方法を、
”独自処方による”としか説明しておらず、細かい理由は分かりませんが、

この低粘度で定着する「ブルーノ」を、ドライ系でもウェット系でもない
「サスペンド系」という新たなジャンルのオイルだとしています。

 

 

「Blue-no」≒チェーンの内部に定着して飛散しにくい「keiten」

 

この認識でほぼ間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ:Vipro’s『Blue-no』は理想に近いチェーンオイル

まとめ:Vipro's『Blue-no』は理想に近いチェーンオイル

チェーンオイルはタイヤと似て、
必要とされる性能をすべて獲得することが難しい製品です。

 

”低抵抗” ”極圧性” ”耐久性” ”防汚性” ”防錆性”

 

この中で特に両立が難しいとされるのが
「ブルーノ」が実現した”耐久性””防汚性”

 

先ほどは説明しませんでしたが、

「ブルーノ」は低粘度なのに加えて、
余分な成分は揮発していくようにつくられていますから、
汚れの原因となる”ベトベト感”は、相当少ないオイル。

「汚れにくい」ということは「駆動抵抗も小さい」ということです。

 

その上、「ブルーノ」には”極圧””防錆”の添加剤も含まれていますから、

上に挙げた5つの性能をすべて兼ね備えていることになり、
その意味で画期的なチェーンオイルだと思います。

 

 

現在は、ワコーズ「チェーンルブ」を満足して使っていますが、
このヴィプロス「ブルーノ」もかなり気になるチェーンオイルです。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

『超一流のチェーン洗浄・潤滑メソッド』