この記事の所要時間: 147

 

松木です。

 

今年のジロ・デ・イタリアは
最後の数分まで総合優勝者が揺れ動く大混戦。

デュムラン、キンタナ、ニーバリの三つ巴の争いは、
見ていてハラハラドキドキしっぱなしでした(^^)!

 

『2017年ジロ・デ・イタリア最終第21ステージテキストライブ&総合優勝速報。マリアローザはいったい誰の手に?』

 

ジロ・デ・イタリア優勝者ドム・デュムランは、どんな機材で戦っていたのか?

そんな中、最終ステージで逆転優勝したトム・デュムラン。

 

今回は、彼の乗っていたバイクをチェックしていきます。

 

スポンサーリンク

2017年ジロ・デ・イタリア優勝者の機材

2017年ジロ・デ・イタリア優勝者の機材

フレーム:GIANT TCR ADVANCED SL
メインコンポ:DURA-ACE R9150(シマノ純正ブレーキシュー、11-28T)
クランク:DURA-ACE FC-9000 53-39T、175mm
ホイール:WH-R9100-C40-TU
タイヤ:VITTORIA CORSA 25c
ハンドル:GIANT CONTACT SLR
ステム:GIANT CONTACT SLR OverDrive2 120mm/8°
サドル:GIANT CONTACT SLR FORWARD(座面湾曲)⇔NEUTRAL(座面平ら)
ペダル:DURA-ACE PD-R9100
サイコン:GIANT NEOS TRACK

パワーメーター:PIONEER
ボトルケージ:ELITE CUSTOM RACE PLUS
ヘルメット:GIANT REV
シューズ:SHIMANO S-SPHYRE RC9

 

基本的に、

”コンポーネントは「シマノ」それ以外が「ジャイアント」”

という感じで、そこまで変わった機材を使っていたりはしていません。

 

GIANT TCR ADVANCED SL 2017

使用フレームは、2016年モデルの発表に合わせて
フルモデルチェンジした「GIANT TCR ADVANCED SL」

 

前作と比べて、名前は変わっていませんし、
形の上でも一見するだけでは違いが分かりませんが、
中身は全く違い、全方位的に進化している完全に別のフレームです。

 

その辺りのことは、
シクロワイアードさんが「これでもか」というほど詳しく解説してくれていますから、
気になるなら読んでみて下さい↓

「TOTAL RACE BIKE」ジャイアント新型TCRデビュー 一新されたディテールに迫る
ジャイアントのレーシングバイク「TCR」が4年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。新型は「TOTAL RACE BIKE」をコンセプトに掲げる通り全方位に性能を高めており、ロー...

 

スポンサーリンク

 

ジロ・デ・イタリア優勝者ドム・デュムランは、どんな機材で戦っていたのか? ホイール タイヤ

オールラウンドホイール「WH-R9100-C40-TU」に
低抵抗、ハイブリップで話題の「VITTORIA CORSA 25c」。

 

「万能」×「万能」な、現時点で最高に近い足回りで、
昨日のツアー・オブ・ジャパンでも、多くのチームが採用していた組み合わせです。

 

関連記事↓

『「WH-R9100-C40-TU」インプレ。万能神たるシマノホイール』

 

 

ホイール同様、「VITTORIA CORSA」も、性能に穴のないタイヤ。

定価だと結構いい値段がしてしまうんですが、
海外通販のWiggleで買うのが最安値に近く、ほぼ半額で買えてしまいます。

 

画像クリックで「CORSA」クリンチャーのWiggle販売ページへ

 

画像クリックで「CORSA」チューブラーのWiggle販売ページへ

 

 

続いて、ハンドル周りを見ていきましょう。

 

ジロ・デ・イタリア優勝者ドム・デュムランは、どんな機材で戦っていたのか? ハンドル ステム giant neos track

ハンドルとステムは、
どちらもGIANTの「CONTACT SLR」という
“軽さ”と”高剛性”を両立させたフルカーボンモデル。

写真のステムの方は旧モデルで、
現行モデルは、もう少し形が落ち着きました↓

GIANT CONTACT SLR ステム

 

サイコンもGIANTのもので、
今年の後半に発売予定の「NEOS TRACK」

 

基本情報はもちろん、
「GPS」「ナビ機能」や、「スマートトレーナー」「Di2」とのペアリングなど、
最近の流行りの機能は全部押さえているようですね。

ガーミン言うなら「EDGE 520J」に近いものだと思います。

 

スポンサーリンク