この記事の所要時間: 358

 

松木です。

 

本日24日、Zwiftで「National Championships」、
つまりは全日本選手権が行われました。

 

ZWIFT 全日本選手権

「National Championships」は、
ZWIFT利用者の多い主な15カ国それぞれ毎に開催。

 

実際の「National Championships」にならい、
男女優勝者一人ずつに
国旗の入ったジャージを1年間の着用することができます。

日本だと、もちろん日の丸ジャージ。

 

 

ゲーム内のレースではありますが、

参加している本人は、
ロードバイクの上で集中し、苦しみ、戦略を練りながら走っており、
”アドレナリンが出る感覚”、”熱さ”は現実のレースと全く同じ。

 

ZWIFT 全日本選手権

このイベントに自分も参加しました。

今回は、その「レース動画」と「レポート」。

レースの”雰囲気”、”緊張感”を少しは感じてもらえたらと思います。

 

【関連記事】

ZWIFT(ズイフト)完全攻略データベース
 「ZWIFTの徹底的なやり込み」と「地道な実験調査&情報収集」の末に完成。”世界一詳しい”を目指したZWIFTデータベースです。 目次から自分に必要な情報を...

 

スポンサーリンク

コースプロフィール

ZWIFT 全日本選手権 Volcano Climb コースプロフィール

ZWIFT内の仮想の島「ワトピア」。

 

その島にそびえ立つ火山を含んだ
「ボルケーノクライム」三周回、計68.4㎞のコースです。

 

ZWIFT 全日本選手権 Volcano Climb コースプロフィール

こちらがコースプロフィール。

 

序盤の12㎞は、多少のアップダウンがあるものの平坦基調

その後、標高差120mある峠「ボルケーノKOM」に臨みます。

 

ZWIFT 全日本選手権 Volcano KOM

勝負所は、やはり「ボルケーノKOM」でしょうね。

 

全体的に平坦基調のコースですから、
少人数での「逃げ」は決まりにくいです。

 

となると、考えられるレース展開は、

 

「ボルケーノKOM」に向けてみなが脚を温存
→「ボルケーノKOM」での強烈な”ふるい落とし”

 

緩急の大きいレースになることが予想されます。

 

 

事前に考えた走り方は次の通りです。

 

  • 優勝できるとは考えていないが、全力で「優勝を狙う走り」はする
  • アタックに素早く反応できるように集団前方をキープして走る
  • 平地での5人以上の「逃げ」には反応する
  • 3周目の「ボルケーノKOM」までは、なるべく体力を温存するように走る
  • 3周目の「ボルケーノKOM」でアタックして人数を削りたい

 

超ハイレベルになること必至のレースなので、
予想通り進むとは思えませんが、
とりあえずの戦略はこんなところです。

 

 

ZWIFT 全日本選手権

20分程度アップしてから、
レース開始19分前にスタート位置へと移動。

 

前から順番に並ばされるため、
ギリギリにスタート位置に行くのは不利。

 

スタート直後は猛ダッシュがかかるため、
なるべく前方に陣取るのがベストです。

 

ZWIFT 全日本選手権

およそ180人が出走。
(所々に外人が見えますが(笑))

 

この中から「日本チャンピオン」が決まります。

 

スポンサーリンク

レース

スタート直後、
猛ダッシュがかかり、大人数が一気に飛び出す。

これは想定内。

 

ただ‥‥‥‥

 

 

その後の平地でもペースが落ちない!!!

 

大集団内で走っていても300wほど。

 

普通のレースだったら、
数分の内に250w前後、速くても280wほどに落ち着くのに、
今まで出場したレースの中でも、間違いなく最高峰のレベル。

 

平地でも気を抜くと千切れそうになる。

 

「ボルケーノKOM」までは皆もっと慎重に走るかと考えていたが、
とんでもない勘違いだった‥‥

 

 

ZWIFT 全日本選手権

苦しくても先頭付近をキープ。

 

M.Pedalさんが積極的に集団を牽引してて、相当強い印象。

他のレースでも優勝しているのを時々目にしていた。

 

ZWIFT 全日本選手権

スタートより12㎞。

勝負所となる「ボルケーノKOM」に突入。

 

これまでの平地がハイペースだったにもかかわらず、
更にペースが上がる。

 

「これが70㎞近いレース序盤の走りなのか‥‥」

 

ZWIFT 全日本選手権

1㎞足らずで集団は大崩壊。

 

ついさっきまで団子状態だった集団は縦長に伸び、
その上、途切れ途切れになってしまっている。

 

パワーウェイトレシオ5倍で踏み続けても、
先頭は遠のいていく超ハイペース。

 

これはたまらん‥‥

 

ZWIFT 全日本選手権

「ボルケーノKOM」中盤を過ぎたあたり、
20名の先頭集団と完全に分離してしまう。

 

タイムギャップは10秒強、距離にして90mほど。

 

「何とか先頭集団に復帰できないだろうか」と思って、
300w後半でしばらく頑張ってみるも、一向に差は縮まらず。

これ以上踏み足す脚も残っていない。

 

 

「あぁ‥‥、これはもう厳しいな‥‥」

 

 

周囲を走っていた9人と、第二集団を形成する選択を下した。

 

「全力で優勝を狙う走りをする」とか言っておきながら情けない‥‥

 

「ボルケーノKOM」1周目:7分17秒、Av331w、Max409w

 

 

ZWIFT 全日本選手権

その後、第二集団で埋もれるように走る。

Av245wほど。

 

それでも、1周目のハイペースがたたって、
脚はいっぱいいっぱいに近い。

 

ZWIFT 全日本選手権

2度目の「ボルケーノKOM」。

 

さすがに周りの選手も消耗しているし、
まだ3周目も残っているので、
強烈なアタックなどは起こらない。

 

ここで集団を強く引っ張ることに意味はほとんど無いし、
逃げてもいずれ捕まるだけ。

 

ペースの上がり下がりは多少あるが、
一定ペースで上り続ければ、千切れることはなかった。

 

「ボルケーノKOM」2周目:7分42秒、Av303w、Max378w

 

 

ZWIFT 全日本選手権

最終ラップ。

 

自分のいる集団は8名で、
前に18人の選手が先行している状況。

 

前の集団とは1分以上離れており、
もはや追いつくのは不可能。

 

となると、この集団内で一番をもぎ取るのが最善の策。

 

 

集団スプリントに持ち込んでしまうと、
ズブズブになって、順位を落としてしまう可能性が高い。

勝負をかけるなら、その手前の「ボルケーノKOM」だ。

 

「ボルケーノKOM」さえ過ぎれば、
残りは10分弱の”下り”と”平坦”。

 

ここを逃げ切るほうが自信はあった。

 

最終決戦「ボルケーノKOM」~ゴール。

 

上り前半は、先頭付近で様子見。

 

脚の残り具合を考えると、
自分からペースアップを図るよりは、
誰かのペースアップに乗っかる形でジワジワとペースを上げて、
周囲の選手を引き離すのが現実的な方法。

 

 

中盤、エイリアンジャージの選手が飛び出す。

 

「このタイミングだ!」

 

そう感じ、追いかけ、そのままパス。

ペースを緩めず、しばらく踏み込み続ける。

 

視点を切り替え、後続との差を確認。

後ろとは少し開いていて、人数も減っていた。

 

 

さすがに頂上まではペースがもたず、一度緩めた。

すると、追いつかれたタイミングで、
次はエンジェルジャージの選手がアタック。

 

それに呼応するように再びペダルに力を込めた。

 

ペースに緩急があって自然と集団が散り散りになる、ありがたい展開。

ダラダラ頂上付近まで進んでしまうのが嫌だった。

 

ZWIFT 全日本選手権

そして、頂上手前、150mの急坂区間で全開。

ここは本気で引き離すつもりで走った。

 

ただ、一人には付いてこられた。

 

 

ここで少し考える。

 

単独逃げを決めるには、後続の選手たちとの差が十分ではない。

ここは二人で協調してゴールまで走り、
最終スプリントに持ち込むほうが賢い選択に思える。

 

そこで、「単独逃げ」を狙うのは止めることにした。

 

「ボルケーノKOM」3周目:7分36秒、Av317w、Max445w

 

 

ZWIFT 全日本選手権

相手の方も相当キツイようで、
先頭交代に協力的な感じではなかったものの、
それでも単騎よりは助かる。

 

後続の選手との秒差をチラチラ見ながら、
ペースをコントロール。

 

もう人数を増やしたくはなかった。

 

ZWIFT 全日本選手権

そのままゴールスプリントへ。

 

最後、相手の選手はスプリントをせず、
先着を譲ってくれたようだった。

 

ZWIFT 全日本選手権

 

リザルト:結果11位(9位の選手は除外)、99分9秒(先頭+4’34″)、Av268w

 

年一ではなく月一で開催してもらいたい(笑)

 

スポンサーリンク